ショップ更新と諏訪創世の物語


おはようございます。
様々に、反響、反応ありがとうございました。

友人たちには、董香という名前が物足りなかったみたい(笑)
高次元の私、上の存在の姿を知っている友人に言わせると、おチャッピー董香が似合うそうです。
どうやら上での私は相当お転婆でおしゃべりなのですね。。。


さて、まずは、ショップを久しぶりに更新できました。
http://www.celestialcave.com/



伊勢神宮での旅で神宮杉のビーズを仕入れることが出来て、ブレスレットがいくつか出来ました。
こちらはメタモルフォーシスとのコンビネーション。 ピンクメタモとの組み合わせもあります。

光と変容。 気に入っています。 どうぞご覧くださいね。
http://www.celestialcave.com/?pid=96008634


もう一点、気に入っているのは糸魚川のラベンダー翡翠



ラベンダー部分がキラキラと輝きます。 手触りもいいですね。
http://www.celestialcave.com/?pid=96000790


その他数点、アップしています。 ぜひご覧ください。
http://www.celestialcave.com/


・・・・・・・・




そして、諏訪のお話を。
そもそも・・・なところから書こうとするととても冗長なことになってしまうのだけれど、
毎年諏訪へ行くようになって、都度行うことが変化、それもより深い部分へと掘り下げて行くような流れが続いていて、
気が付くと3年目。


最初のとっかかりは、武田と諏訪の遺恨を紐解くことからだったのだけれど・・・
次第にそれは、より古く霊的な部分へのアプローチへと変化して行ったように思う。


そして、諏訪湖と言えば龍神や、自然霊の精霊たちの世界。
ミシャクジ神とは、そんな精霊を束にしたような存在だと感じていて、今回は諏訪大社よりも湖そのものにフォーカスしたくて、湖上を周遊する遊覧船ツアーを組んでみた。


湖上に出ること。
これは私も初めてのこと。

湖畔から見つめる湖はとても神秘的で、何が沈んでいるんだろう? 湖底には何があるのだろう?
長い永い時間の中で、この湖で何が起きたのだろうと様々に思わせてくれる。
海底遺跡ならぬ、湖底遺跡的な、宇宙的な遺恨があるのではなどという話も耳にしたり。


今年の夏頃だったか、瞑想中にそんな湖のヴィジョンを見ることになる。
丁度、アルクトゥルスやアンドロメダ意識との繋がりが見えて来た頃なのもあってだろうか。
視えたものは、湖底に沈む宇宙船。 
しかもエーテルコードのようなものが船体からブラ~ンと延びて、外では数人の霊体が首にそのコードを巻き付けたまま浮遊していると言う、あまり気持ちの良くないもの。
諏訪湖のことだとすぐに分かった。


あぁ、いよいよか。。。 


諏訪の癒しも、古代宇宙意識の時代まで降りて行くことになるんだな。。。


それと同時に、いつもの悪い癖が頭をもたげる。
私にそんな大それたことが出来るはずがない。。。 それに、あれは本当だろうか?


気になりつつもはぐらかして放置して。
秋にはたくさんの旅を予定してしまったから、今年はもう諏訪はナシだな。
なんて思っていると、「 諏訪、行かないんですか?」 と周りから言われる始末。

宿だって、こんな紅葉シーズン、もう取れないし・・・なんて思ったのに、
最初に探したのとは別のルートで探すとあっさりと、連休後半と言う良い日程で確保できてしまった。


その上、10月末に訪れた糸島では、諏訪安曇野族の源流、志賀島まで巡ることになって。
こういう時の示し合わされ感にはいつもあきれて笑ってしまう。


湖上ご神事。
だったらちゃんと、4つの大社にもご挨拶をせねばなるまい。
セッションもやった方が、よりご神事のエナジーと理解は深まるし、お会いしたい人もいる。
3日間、それぞれにきっと、ご縁と来るべくして来る方で構成されて行くのだろう。



そんな始まり。




次回からはツアー当日のことを綴りますね。 
よい週末をお過ごしください。



董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

Web Shop Celestial Cave
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/






このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる