投稿

南信の休日 その3 ~ 愛と自由のリンゴたち ~

イメージ
今日は沖縄の慰霊の日。
多くの国民の犠牲を強いた戦争への反省と、平和への祈りの日ですね。
もちろんこれはとても大切な日なのですが、ならば、というのでしょうか・・・
私はやはり、自国の侵略の歴史を正しく見据える日も必要ではないかと思います。



それを知る前と知った後では、まったく世界を見る目が変わってしまうことって
誰にでもあると思うのですが、
少なくとも私にとって、満蒙開拓団の事実を知ることはそういった類のことでした。



今まで自分がやってきたことの意味がとても薄っぺらい概念の上に成り立っていたように思えてしまって、
これからをどう生きるべきか、どう仕事をしていくべきなのか、とても考えて悩みました。


私は自分の在り方そのもので仕事をしているワケで、そこが、根底が揺らぐほどの事象だったということです。
でもきっと、掘り下げるべき事柄だったのだろうと今は思っています。
記念館のピースサポーターにも登録しようと思います。



それでも、おやき屋さんであの深く濃い旅の記憶をシェアしつつ、信先生に打ち明けたりしているうちに、
次第に気持ちが落ち着いていきました。

すると、また違うものが見えてくるものですね。
あの南信の旅の過程で実はちゃんと答えも受け取っていたのだと気づいたのです。



満蒙開拓団の事実に触れた翌日は、伊那のリンゴ農家さんを訪ねました。
白鳥農園さんは、お父様の世代からリンゴの無農薬栽培に挑戦し続けていらっしゃった方です。
今は息子さんが農園をやっていらっしゃいますが、このお父様の元気で矍鑠として饒舌で知識の豊富なご様子に先ず驚きます。
無農薬栽培のリンゴは健康長寿ににとても良さそうです(笑)




白鳥農園さんのリンゴ畑は、シロツメ草が咲き乱れていて羊がその草を食む素敵な場所でした。
無農薬の大地は、歩いているだけでも優しくあたたかなエナジーが伝わって来て、とてもとても癒されます。
こんな大地で育つリンゴちゃん達はとても幸せだなぁと思いました。




こちらで、リンゴの摘果作業をお手伝いしました。


リンゴの葉にかかっている白いモノは、石灰と銅を混ぜたボルドーという虫除け剤。
フランスのボルドーで100年前に行われていたやり方だそうです。

オーガニックとは大地の、その土地の循環システムそのものに則った作物の栽培方法。
大地の声を聴き、草や土、微生物や虫や風土との調和とバランスその…

南信の休日 その2 ~ 満蒙開拓平和記念館 ~

イメージ
先ず、昨日の大阪での地震に見舞われた皆様へお見舞い申し上げます。
どうぞこの後も、無理をせずお気をつけて下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今日の本題です。


満蒙開拓については、私もまったくと言っていいほどの無知でした。
ただ、前回記したように子供のころに残留孤児2世が身近にいたことと、
長岳寺のご住職がそのような活動に熱心でいらっしゃった記憶から、
この地元にこうした記念館が作られたのだろうくらいに思っていました。



記念館の入り口に、御製の碑がありました。



天皇皇后両陛下のご行啓の際には、 こんな田舎の小さな記念館をご存じだったことに驚きました。






なぜこんなに満蒙開拓団のことが知られないのか。 私のように地元で多くの移民団を送り出した土地の者が、なぜそのことを全く子供の頃から聞かされていなかったのだろうと思った時に先ず思ったのが、この史実がいわゆる不都合な史実だったということに尽きるのだろうと思います。

それは多くの戦時中の悲劇、沖縄の惨劇、原爆の恐ろしさ、東京など都市部の大空襲などと少し違って、 遠く離れた現在の中国北東部での出来事だったこと、 そして、この史実には被害者の側面がありつつも同時に侵略に加担した加害者の側面も持つことが大きかったのだろうと思われました。

だから、美談に仕立て上げられないのですね。 同時に中国側の感情を刺激することにもなってしまう。

私の祖父は陸軍の人間で、現在の北朝鮮で終戦を迎えて、ソ連軍の追従を逃れようと 昼夜走り抜けて韓国まで逃れ帰国を果たしたと何度も聞いていました。 祖父の経験はそれも大変なものだったのだろうと思いますが、 それ以上に、より北部の奥深くへ送り込まれた軍人でもない民間の開拓団の農民たちが、 関東軍に見放され、集団自決を図るほどの惨劇が起きていたことは衝撃が大きかったです。
今回初めて知った事実がいくつもあって、 太平洋戦争の終盤、開拓団の移民には全く知らされずして関東軍はとっくに南下していたこと。 それなのに、たかだか14,5歳の少年達で編成された満蒙開拓義勇軍という部隊を満州の奥地、 つまりソ連軍の最前線に配置させていたこと。 また、私の地元からの移民団が終戦の数か月前という時間になっても尚、満州の奥地、 ソ連との国境近くへと送り込まれていたことなど。


調べてみると、当時の国策…

南信の休日 その1 ~プロローグ&満蒙開拓団~

イメージ
おはようございます。
2泊3日の帰省を兼ねた南信への旅へ出て昨夜戻りました。



梅雨の合間の、束の間の透明な空と光。
水と空気、山、自然にすっかり癒された旅でした。


今回の旅、きっかけはいつもお世話になっているおやきカンパニーさんでの会話から。

「菫香さん、満蒙開拓平和記念館って知ってます? 」  と、おやきを食べながら唐突に振られたことでした。


満蒙開拓平和記念館。


これは数年前に民間運営で建てられた満蒙開拓団の記録の記念館で、実は私の出身地、地元にあります。
一昨年の秋には天皇皇后両陛下がいらっしゃったことで地元では大騒ぎになり、
こんな片田舎の小さな施設にまで目を留められる両陛下の眼差しの深さに畏れ入る気持ちになりましたが、
そしてそう言った施設が出来たことは知りつつも、私自身が訪れる機会はなかなかありませんでした。


それが、なぜおやきカンパニーで話題になるんだ???  とビックリ。



経緯はどうあれ、おやきカンパニーでシェフをしているトモさんは諏訪の出身で、彼女のルーツが
南信にあること。
そしてこの満蒙開拓平和記念館の設立に奔走した館長さんとどうやらお知り合いらしく、
6月の中旬に南信を巡り、いつもお世話になっているお米や野菜の生産者さんや友人達のところを巡る中で、
この満蒙開拓平和記念館へも足を運ぼうと思っていると言うのです。


なんと!!!  


ピコーンと、反応してしまいました。
私の地元にこのフタリが行くと言うのに、私が行かずしてどうする(笑) と。


「 それ、私も一緒に行っていいですか? 」  


と二人に申し出て、今回の旅が決定したのでした。



二人の旅は一週間の行程ですが、さすがにそれ全部は都合がつけられないので、
満蒙開拓平和記念館とその翌日の伊那のリンゴ農家さんだけご一緒することにして。

そして、おやきと野菜をこよなく愛するこのフタリのことです。
私の母と、絶対気が合うに決まってる。 


「 よかったらウチに泊まりませんか? 」  と、二人を私の実家へ誘うことにしました。


彼女達を案内するのなら、そしてどこか泊まる場所を探すのなら、母の畑を案内するのが一番だろうと(笑)




そうして始まった南信の旅。
私にとっては初日、おやきカンパニーの二人と、満蒙開拓団の歴史を研究するライターのなっちゃんとここで合流しました。


朝から駐車場には大型観光バスが停まって…

サードアイの活性と多次元思考のお話

イメージ
こんにちは。
珍しく間を空けずに連続投稿です(笑)

梅雨シーズンの入り口、昨日はとってもとってもおかしな日でした。
回路が切れたような勘違い、体調の急変、意識のズレなどに翻弄されてしまいましたね。
何だったんだろう・・・




雨だったけれど、こんな素敵なテラスでランチして来ました。 この時間は全然問題なく、むしろ楽しすぎて有意義すぎる一時を過ごさせていただきまして。 Mさん、ありがとうございました♡


しかし、まぁ・・・

衝撃的なお話も伺って、やっぱり人間他者のために、人のためになる生き方をしなきゃイカンなと。 必ず還って来るんですよね。 それを、改めて感じた日でした。

算命学コラボセッションで信先生がいつも社会貢献を説かれていますが、 それは巡り巡って自分の身を護ることになり、徳を積む行為でもあります。 社会貢献の命式を言われた方、ご家族がそうだと伝えられた皆様は是非意識を向けて下さいね。

昨日は噂話レベルではありましたが、恐らくはそれをやってなかったのだろうと思われる共通の知人が 大変な顛末に陥ったお話を聞いてしまったので、ここで特に強調しておきたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて。 今日の本題はタイトルに挙げた通り、サードアイのお話です。 ショップ掲載の石達と共に綴りますね。


スピリットクォーツのホワイトバージョン www.celestialcave.com/?pid=88679442

私がこちらのブログに綴る内容や、ショップの石について書いていることが ちょっと難しくて理解し辛いと思われる方もいらっしゃいますよね。 今日はそこについて少し書いておきたいと思いました。

それがサードアイとどう繋がるのか?   と思われるかも知れません。

サードアイ。魅力的な響きですよね 。 何かとても特殊な能力が開花するかのような、見えないものが突然見えるようになるような?

私もそう思っていましたし(笑)

しかし現時点で私が言えることは、そういうものではありません。 勿論肉眼で見えないものを認識し始めることはありますが、サードアイが活性化することで 一番変化が起こるのは、自身の思考の領域の拡大です。

私達の肉眼は2つ。 空間的な認識は3次元的なものを生み出しますが、あくまでも見せかけで、 思考や判断処理能力は2次元的…

石と魂

イメージ
新宿ミネラルショーが終わりました。

今回は初日のバイヤーデーは独りで、最終日にはお友達と一緒に周って。
いつもいつも楽しい出会いがあるのですが、今回もまた。



くちなしの香りとケブラリーザ


ケブラリーザ。 川流れ水晶というイメージしかなかったのですが、実はブラジルの一部の地域のみで採れる水晶だとのこと。 そして、何とライトニング、雷の影響があるものなのだと今回初めて知ることになり、 友人達と盛り上がりました。

これは私物になりそうです。 ショップ用に仕入れたつもりだったのですが、昨夜からすっぽりと手に納まってしまっています。 時折こうして、手から離れない、離したくない石に出会うのですよね。 暫く一緒に過ごそうと思います。

既成概念、思い込みをポロリと外し、真実を新たな視点から見せてくれるように感じます。 思考の浄化、刷新ですね。



今日はそんな、新宿ショーで仕入れた石たちの紹介と共に綴ります。


ディモルチェライトのハートタンブル



夏至に向けて、また大きなうねり、潮目の変化が起きているように感じる昨今です。 社会構造そのものの変化と、人々大衆意識の変化がいよいよ現実的な変容期へと入って来ていますね。

精神世界のお仕事も、数年前とは様変わりして来ていますね。 バブルのような時間は収束して、もっと現実的な要素が強い時間になって来ている。 特に今年は戌、土の気の強い年ですので猶更かも知れません。

私自身も、昨年、一昨年のように海外へバンッと飛び立つような感覚が収束しており、 翼を閉じて地に降りた感覚と共に、今ここに根差すような時間を過ごしています。 もしかして今年もアルザスショーに行くのかと期待されていた方がいらっしゃいましたらスミマセンが、 今年の私はそういうモードではないです。




ホワイトアメシストの手磨きタンブル


そんな中でも、いや、そんな時節だからなのか、セッションで見せていただく内容も、 殊更に現実的にしっかり動きなさい、行動に移しなさいというものが多く、 また地に足を着けることによってより深く高いレイヤーへとアクセスが可能になって行くのだと思われます。


先日お越しいただきました方のセッションで、私は初めての階層に触れることがありました。 ハイアーマインドの領域すら隔たりや傷があって、そこをケア出来るのは更に上の領域からの 働きかけによるもので、且つそれが可能なのだ…