一なる真理


ひな祭りですねっ!!! 
と言っても今日の私はこれから確定申告でヒヤヒヤなのですが・・・^^;


さてさて、レイキヒーリングのケーススタディにエントリーして下さった皆様ありがとうございます。
人数、定員に達しましたので募集は終わります。
日程的にももう始めないと、期限までに3回こなしてレポート提出が難しくなりますので、
あまり長々と募集することも出来ませんので・・・。

中でもヒーラーデビューを控えた方が、初心に還ってウスイレイキのシンプルなヒーリングを
体感したいと仰ってくれたのがとっても響きました。
改めてウスイレイキの著書などを読んでいると、レイキの奥深さと応用範囲の幅広さを見せられます。
日本ではとってもカジュアルに伝授が広がってしまっているウスイレイキですが、
海外での受け止め方は全く違うもので、サード、そしてティーチャーになるまでには長年の経験と修行を要するそう。
心して取り組まねばなりません。


読んでいて、エネルギーヒーリングってピアノの練習に似てるなって思いました。
facebookにチラッと書いたのですが、形だけ真似して、楽譜から音を拾って弾くだけならすぐに出来ても、
その一音一音が持つ音色、響き、奥深さ、音楽の本髄を追求しようとすると全く違う世界が見えて来る。
表現の幅と深みが広がり、演奏者のパーソナリティに作曲者のパーソナリティがオーヴァーソウルするような。
まぁ、そこまで行くともはや神憑りですが。


カジュアルに表層だけを切り取るのも、その奥に垣間見える真髄を覗こうとするのも、本人次第ってところが、です。


私がスピリチュアルな世界のお勉強を始めたのは2011年の震災があった後ですが、
そこからの5年で既に様々なヒーリングの手法、メソッドが生まれているように思います。
そして昨今顕れたそれらの特徴は、私の偏見かも知れませんがとても早くて簡単を謳う気がします。
この世界の窓口が広がるのは宇宙の流れ、世の流れとして当然のことなのですが、
手法がとってもイージーになっているのですよね。


重い波動を脱ぎ捨てて軽くなって行きましょう・・・なんて言われたりしますよね。


薄っぺらい表現にもウンザリします。
時代の流れ、時の流れのスピードがどんどん速くなっているのは承知していますが、
手法までイージーに、早く簡単になっているのはどうかと思うのです。


勿論、そんな時代の流れに乗れる人は乗るべきです。
でもそんなハイウェイに乗る前に、まず運転の手法とトレーニングが必要でしょ?ってことです。
じゃないと恐らく、表層のスピリチュアルで終わってしまいます。
時代のスピードに乗れるのは、アクセル踏み込めるだけの用意が出来ている時であって、
そこまでにやらなくちゃいけないことがあるはずで。


う~ん、私が頑固なのかな?^^;  分かりませんが、
超高速ハイウェイ並みの現代の変容スピードに自分を投入するには、それなりに下準備があった方が良いと思います。
下準備と、エネルギーの見極めですね。 
早い簡単な手法に手を出すのなら猶更、胆力、メタフィジカルな筋トレはやった方がいいと思います。


あとね、最近特に大事だなと思うのは、どこまでもこうして自分の言葉で表現し、綴ることです。
誰かがこう言っていた、凄い人がああ言っていたというものじゃなくて、
あくまでも自分が感じたことを思考して言語化すること。
そして誰かの言葉でも、体感や経験という自分のフィルターを一旦通して自分の言葉にする行為です。
それは、合ってる、間違ってる、良い、悪い、波動が低いだの高いだの一切関係ありません。



昨日、宇宙講座の上級クラス・サイエンスカフェで自然科学のお話を聞いてきました。
熱とは何か、そして地球の大気循環システムについて。
物理学と天文学を学ばれた先生のお話は本当にいつも面白いのですが、
これもまた、先生が独自にご自身の学びの中から私達のような素人が興味を持てて、ヘェ~・・・となって、
普段使っていない脳の回路を開いてくれるように独自で創り出してくれたクラスです。


その中での茶飲み話みたいなのがまた面白くて、
昨今では、数学者や物理学者、天文学者などの研究者がこぞって、多次元的に宇宙を解析しようとしているそうです。
てか、もう多次元、5次元6次元の領域を認めないと、宇宙の真理が解明できないのだとか。
研究者の間では既に量子物理学が普通になって来ているから、発想もどんどん自由自在なのだそうです。
研究者って頭が固いイメージがあるからとても意外だったのですが、
そんな、今までの発想を超えた多次元的な思考が必要な時代になっているということですね。


素粒子の世界はまさに私達が使う意識とエネルギーの動きの世界ですし、
昨日のクラスで学んだ自然科学の世界が持つ一意の法則、宇宙の法則ですね。
これがそのまま、ヒーリングのエナジーの動きに当てはまるという発見をしました。
ヒーリングで動くエネルギーも、物理で言うエネルギー保存の法則そのままの動きをしていたのです。

当たり前と言われたら当たり前の話ですが、
意識の世界、目に見えないオカルト的な領域と自然科学や量子物理学が実は同じ方向を向いていて、
一つの真理、一つから始まったこの宇宙の最初の一つの法則の探求を目指していることがハッキリしたのでした。


そして、そんな研究者が改めて? と言うか、新たに? 考えるに至ったのが、人の心なのだそうです。
なぜかと言うと、私達の身体は自然科学的、宇宙の法則に沿って生まれ衰えるという動きをしていて、
全ての宇宙にある物体、エネルギーは上で解明しようとしている法則に沿って動くのに、
人の心だけはそうはならないから。 
自然を破壊し、私利私欲に走るエゴというものを数学者は数式で解こうとしているのだとか!


ビックリしますよね。
人の心が数式で解明されるとしたら、それはきっと多次元数式になるのでしょうね。
ハートの層を考えたら7次元くらいでしょうか(笑)
チャクラの動きも、いずれ数式で解明される時がやって来るかも知れません。


一なる真理。
探求者としてはやはりそこを向いて行きたいところですが、
それはやはり自分の思考、発想、言葉、感情を直視することから始まるのだと思います。
自分とは何かを追求した先にしか見えて来ないのではないでしょうか。

他人の真理は、自分の真理じゃないのです。
過去の偉人の真理もまた、自分の真理ではありません。

それらは道を探る上で頼もしい参考になりますし、先人が先に歩んだ道を歩ませてもらえるのは
それこそハイウェイを歩ませてもらうようなものです。
でもその先に、必ず自分の道を自分で切り開かなければならなくなるんだろうと思います。



真理って美味しいのかニャ? by ケケ



董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/

facebook
https://www.facebook.com/tomoko.kunieda.10










このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる