イースターの復活☆


桜の開花が進みそうな日曜日になりましたね。
今日はイースター。 春の復活を祝う日に、アメブロを復活させてみました^^;

http://ameblo.jp/ku-nie/entry-12143681854.html


4月は新しいことを色々始めるのもあって、告知やショップの更新情報と思索を綴る場所を分けたくなって。
放置したままでも管理料金は課金されているので、勿体ないかなと思い活用してみることにしました。

久しぶりに更新しようとしたら設定が色々と変わっていて使い方に手間取りましたが、
アメブロはやっぱり華やかですし、入り口には向きますよね。
こちらはメンタル意識的な思索を、アメブロはもっとカジュアルな窓口にと思ってます。


ということで、アメブロでレイキセミナーの開始と、レイキ&神智学的治療セミナーをお知らせしてみました。
こういう告知的なものはアメブロを主体にして行きますね。


**************************************************************************************

<意識の切り替えと男性性エナジーの利用法>

男性性エナジー、ここのところずっと私的テーマとして意識しています。
実はここ、自営業、個人事業主にとっては死活問題的ポイントなんじゃないかと。

男性性のエナジーがうまく使えない女性、多いと思うのですよね。
私もそうなんだと気が付いたのがつい先日。

要は、物事の実現力、実行力です。
セミナー一つ開催しようと思っても、上手くいかないんじゃないか、誰も来ないんじゃないかと怖気づく自分に、
一体何が起こっているのだろうと洞察して行った先がここでした。

女性性の受容体がなければその大本になるフォースは受け取れませんが、
物事を形にし、現実化して行くエネルギーはやはり男性性です。
そしてここに大きく関わるのが、やっぱり父親との関係性で培われた概念や感情の動きですね。
お金を稼いで生活して行く力もここに関与するのだと思います。

私は不安に襲われる時、恐怖を感じる時に、第一チャクラのエネルギーが不活発だったり、
不自然な動きをしていることに気が付きました。

過去世も出て来ました。怖い、男性が怖い、女性の尊厳を全て奪われ、生きることを否定される。
そんなどうにもならなそうな暗く重いエナジーです。

実は私、こんな仕事を自分でやっているくせに表に出ることが怖くて仕方がないのですよね。
身内の安全なヌクヌクとした場所にいられるものならいたいのです(笑)
公の場に立たされること、そしてもっと怖いのが自分を表に出すことだったりします。

私の場合、どうやらこれらをなだめ、安定させるために活用するのが男性性エナジー・・・みたいです。
肝を据えるってことでしょうか。


インナーチャイルドのケアも随分とやったつもりでしたが、ここに来て父親との関係性を改めて見直してみると、
私はファザコンかっていうくらいに父のことは大好きなのですが、子供の頃に散々言われた
条件付けのパターンがあったことに気が付きました。

「その代わり・・・」 がキーワードでした。

欲しいものを買ってやるけど、その代わり勉強するんだぞ。 みたいなのです。
つまり、欲求を満たすための代替え、犠牲をいつも要求されていたのですよね。
愛されるためには、好きでいてもらうためには父の欲求を満たさなくては。。。そういう図式。


そして自営業だった父は普段ほとんど家には帰れず、たまに早く帰って来ると機嫌が悪いことの方が多く、
そんな日にだけ見せる私達子供の一面、側面を、普段の全てとして見られてしまうのが嫌でした。
だから、お父さんが帰って来るのは嬉しいのに楽しくない、苦しいという葛藤が出来上がって行きました。


どうやら私は、父と夫婦だった過去世があります。
だから余計になのか、父の欲求を満たさなくてはいけないという思いが働くのですね。
同時に、関心を引きたくて困らせてしまうことも多々ありました。
エネルギーがそう動いてしまう・・・としか言いようのない事象だったように思います。


これらのエナジーをどうメンタル体まで引き上げるか・・・ここが今のテーマですね。
瞑想でのケアに加えて、レイキシンボルを父に送る、自分の過去世に送るなど併用しています。
レイキを使うと、こういうケアもとても楽になります。 


そして今朝、気が付いたことが。
私は今までずっと女性性のケアを重点的にやってきたことで、かなりそこは回復していて、
受容性は前よりもずっとしなやかなものになって来たと思っているのですが、
その受容性が高次元との繋がりにも不可欠だったのだと。

フォースを受容する媒体として自己のエネルギーを使うのはやはり女性性の在り方です。
巫女なんてその最たるもの。


しなやかな女性性、母性、女神性。これらは勿論、この先の地球環境、社会全体を思えば
十分にケアが必要で、ここが傷ついたままでは生きるのが辛く苦しいものになってしまいます。
頭が固いままでは高次元からのインスピレーションは受け取れず、そんな個人の思考の範疇で生きるのは
そろそろこの現象界は限界です。

戦争、紛争、テロ、経済破綻、民主主義の崩壊、いじめ、保育園堕ちた問題。
こんな難問を、個人の既得権益に呑みこまれない、国家間の問題に屈しないで解決できるほどに
知能が発達した人なんていないと思うのです。
これら人間の問題は知識だけでは解決できないことばかりです。
いるとしたらやはり、人知を超えた叡智からインスピレーションを受け取る必要があるんじゃないでしょうか。
そしてそんな直観で得たエネルギーと人間愛で行動出来るような。。。


もうここまで行くと超人、成人君主ですが、その一歩はやはり女性性のしなやかさ、柔らかさがあってこそで。
そして、そこから行動を起こす、現実化して行くためにはやはり男性性エナジーの側面が出て来るのだと。

男性性と女性性の統合とか良く言われる言葉がイマイチしっくり来ていなかったのですが、
私はこうして、ようやくバランスを取るということを理解したのでした。
第1チャクラと第2チャクラの不完全さは、歪んだ現実を創り出してしまうのですね~。


恐らく私達は、女性性の活用が遮断されたことで霊性と切り離されたのだと思います。
受容する媒体としての女性性が否定され、歪められたことで。
そして制限された物質社会を男性性エナジーで構築して来たのでしょう。


スカルが今私的ブームになっているのにもここに繋がりました。
頭の柔らかさ、柔軟性は、霊性、インスピレーションの受容体としてのヘッドセンターの復活を意味します。
オンナの勘の鋭さを、改めて霊性に拡大して行く時代の象徴ですねー。

自身で頭が固いな・・・と思う方は、改めて自己の女性性にフォーカスしてみると良いかも知れません。
同時に、私のように受け取ることにアップアップになってしまい現実を生きることへの過度の恐怖や不安を抱える方は、
女性性で得たインスピレーションを現実化させるために男性性にフォーカスしてみてはどうでしょう?


イースターに、貴方が復活させたいエネルギーは何ですか?




董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/

facebook
https://www.facebook.com/tomoko.kunieda.10

















 







このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー