春のアースワーク事始めと愛の循環☆伊豆 その2


翌朝は、晴れてました。 漁港から。


お友達に伊豆よく行くよねって言われたのですが、やっぱりこうして時折海に触れたくなるのですよね。
それに私も夫も寒いのが苦手なので、伊豆を選択することが増えるのかもです。



風もなく穏やかで。

春の海の、もったりゆったり感が好きです。
ゆっくり海を見ていたかったのですが、時間も迫っていて。


駅ではこんな雲に出会いました。 あら、一緒に行くコだよね?



さて、大室山へ。
全景はこんなすり鉢状のお山。スキー場と同じリフトで上まで登ることが出来ます。
リフトには既に行列が出来ていました。


前夜に初めて知ったのですが、大室山の御祀神は磐長姫だそうです。
つまり、富士山の御祀神 木花之開耶姫の姉君なのですね。

リフト乗り場には、大室山の山頂から富士山を褒めないようにとありました。
美しい妹に姉君が嫉妬してしまうからと。


う~ん。。。

日本書紀によると、不器量だった姫は妹姫と一緒に嫁いだものの、夫たるニギギノミコトから突っ返されてしまうのですよね。
長女の私、他人事ではありません。
うちも妹が華やかな美人ですので、気持ちは良く分かります^^;


なんだかちょっと、お慰めするような想いでリフトに乗りました。


山頂からは伊豆半島の絶景。そして富士山が遠くに幽玄に姿を見せています。
あ~、これを褒めるなと言っても無理でしょう。。。

一周約1キロの山頂。すり鉢の底まで降りられますが、アーチェリー場になっていました。
アリゾナで見たメテオクレーターを思い出しますね。


磐長姫のお社は、底へ降りる道の途中にありました。赤い屋根の建物がそれです。
こういうことに全く興味を示さないダンナを置いて、階段を下ります。


周囲を歩く人はたくさんいるのに、ここには誰も来ません。
この山の姫神様だと言うのに・・・


お社はコンクリートで覆われた簡素なもので、扉も閉まっていました。
風が強い場所だからの配慮だと思いたいのですが、ゾクッとするほど寂しい場所です。

大きな岩場に囲まれたお社の前でお参りをして、姫のエネルギーが顕れて下さるのを待ちました。
なかなか感じられずに時間がかかった気がします。 


が、顕れたエネルギーはとても以外なものでした。
私のビジョンに広がるのはオレンジの温かな、熱いくらいのエネルギー。
マグマそのもののような光です。


その中へ、昨日から着いて来ていた海龍は身を投じて行きました。
別に犠牲になるとかじゃなくて、火と水が融合していくような光景です。

あぁ、ここはやはり火山なのだ。。。 
そして火山とは、地球の地殻深くから湧き上がる地球の命の突端なのだ。
磐長姫のエネルギーとは地球を形成する元素全てを包括し、物質足ら占めるエネルギーであり、
全ての生みの親、地母神をも生み出す母なんじゃないかと思いました。


ただの岩・・・で済むものではないのだと感じます。
岩だって地球の元素が生み出しているのですし、もっと言ってしまえば鉱物界だって、クリスタルだって、
この姫のエネルギーが無くては生み出されないのですから。


気が付くと、私の第2チャクラ辺りも熱くジンジンとしてきました。

磐長姫、火山の女神は、火山に留まらず地球のコアから万物を形成するエネルギーだと感じます。
それはとてもとてもおおらかな温かなエネルギーでした。


磐長姫は、日本書紀にあるような不器量で可愛そうな姫なんかじゃないと思いました。
そのエネルギーはあまりにも大きく、万物を動かす地球のコアそのものです。
もしかしたらニギギノミコトは持て余してしまう程だったんじゃなかろうかとすら思えます。 
妹姫に嫉妬するような狭量な気配など微塵もありませんでしたし、このマジカルなエネルギーは
天孫とは言え人が扱うことが許されるものではなかったのか、若しくは秘める必要があったのだと思います。




華やかな姿で表に立つ妹姫と、奥ゆかしく且つパワフルに、万物を配下に治める姉姫。
私はそう思いたいですね(笑)


そんな大室山体験の後、私はグッタリと体調を崩しました。。。
この山が、パワフル過ぎたのでしょうね。
 

そんな3月の締めくくりを体験して、今日から4月。
アップダウンが激しい時間を過ごしましたが、この伊豆旅行は強力なグラウンディングになりました。
磐長姫のエネルギーをいただいて来たのでしょうね。 地球とのコネクションが強化された感じです。
自分はこれでいい。私は私でいいという感覚が強く確実なものになったように思います。
自然のパワー、エレメンツのパワーは計り知れませんね。



桜もようやく見ごろですね。週末は素敵なお花見でお過ごしください。
ではまた☆



董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/

facebook
https://www.facebook.com/tomoko.kunieda.10






このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー