私的魂の進化論


先日、シュタイナー農法の会に参加してバイオダイナミック農法についてのお話を伺って来ました。
これはその時に作った土壌活性の調剤です。 
参加出来なかったお友達用と、麦茶のペットボトルは私の自分用。
うっすらと茶色の調剤が麦茶のペットボトルに入っていると間違って飲んでしまいそう(笑)



植物や動物の持つエーテルのエナジーを最大限に活かして植え付けから収穫、土づくりをするのがBD農法だと理解しました。
ドイツで生まれた農法なので、その土地、風土に適した材料から調剤が作られているんだと思う。
オーガニックで育った牛糞と自然死した牛の角で作るんですよ!!!
だから日本では日本のBD農法って、何かやり方があるんじゃないのかなと言うのが私の初感です。


これらの調剤には放射能の汚染値を下げてくれるものもあるそうで。
そのあたりは特に、今の日本には必要ですね。


都会に住んでいても大地を思う、感じることは絶対に必要で。
最近また特に自然のエナジー、空気に触れたいと切に感じるので、GWには長野の実家に行こうと思ってます。
この調剤も持って行って母の畑に撒いてみようかな。




サロンでは、レイキ&神智学講座を初開催しました。
アリス・ベイリーの秘教治療で説くエネルギー治療の実践にレイキを使うことを趣旨として、
座学では神智学的な癒しとは、病気とは何かのお話から。
惑星レベル、人間の集合的な過去から持ち越している問題への責任としての病気や、
エーテルとチャクラの状態がどのように肉体、精神の病を引き起こすのかを見て行きました。


病については突き詰めて探求すると本当に深いのだと感じさせられますし、
ジュワルクール大師の言い方では、肉体に疾患が顕れている病はもとい、今の私達が生きる上で
あれこれ悩んだり苦しんだりもがいたりしているのも病気の状態のようで、
魂が真の輝きを表に顕しつつ生きる人間という存在が出来上がって行くことで、病気も根絶するであろうと説かれています。


と、まぁ、今の私達には途方もなくどこまでも高い目標に感じてしまうのですが、
そんな目線、先を見据えた視点を知ることは、ヒーリングの意識ポジショニングを高く持つには必要なんじゃないかな。

レイキのセミナーにはアポフィライト。
レイキのエナジーを流す時に、エゴの介在しないクリアな流れを保つのに良いと聞いて。



そして瞑想タイムでは、ウスイレイキを応用したセルフヒーリングやメンテナンスを実践しつつ、
ヒーリングワークのサポートとなる自分の高次元パートナーとの関係を構築します。

これは私が実際に経験してとても必要と感じた大事な点で、他者へヒーリングを行う際には、
自身のエナジーの保護や、終わった後のリチャージをしてくれるパートナー的高次元存在との
関係を確立しているのとそうでないのとでは、流れるエナジーの質も量も全然違うのです。
そして終わった後に自分が枯渇することのないようにケアもしてくれる存在としても。
瞑想では、そんな存在からのエナジーをハートに迎え入れるワークを行いました。


後半は実技、遠隔とハンドケアヒーリングの練習です。
遠隔ヒーリングは秘教治療のメソッドに沿って。ハンドヒーリングは私の施術で、
ボディに触れるときの注意点やその方の状態の読み方をお伝えしながら、受けていただきました。

また後半、2日目もありますが、ひとまず無事に開催できてちょっぴり安堵です・・・。





このテキストを用意している期間に熊本の災害が起こって、日本全体のアストラル界がザワザワと
揺さぶられているのを感じていたのですが、
アリス・ベイリーと言うとてもメンタル意識の発達を必要とする本を読んでテキストに落とし込む作業をしていたので、
辛うじてその渦に巻き込まれるのを避けられたような気がします。
そうじゃなかったら、気づかないうちに感情がグラグラになって色々憑けてしまっていたと思うのです。
実際、体調がちょっとオカシクなっていたし、ダンナが何か憑けて帰って来た夜もアリマシタ・・・


そして、facebookなどを見ていても同じように意識のレベルを保たんとしている人が増えた気がしました。
勿論災害に見舞われてしまった方は大変なことで、物質的、金銭的な支援が必要なのだけれど、
何だか日本人全体が耐性がついて来たようにも思うのです。

政府の無能っぷりを嘆きつつも、だったら自分たちで動こうとする人の多いこと。
本当に被災地で必要なことものを正確に把握できる率も上がって来たように思いますし、
まず、何をするべきかの段取りも、つけられているような。。。(勿論完璧に・・・ではないけれど)
必要な情報を拡散しやすいのもあるのでしょうし、どんなツールで何をしたら効果的かが見えて来たような。

そうやって一人ひとりが自分に出来ることを自分で考えている姿を目にすると、個々が本当に自立した生き方の階を見ているように思います。
311の後も政府や国に自身の人生の幸福を阿るのは辞めよう、自分の人生を幸せにするのは自分だという意識が
立ちあがったと思ったのですが、それはここから益々、強く早い流れになって行くことでしょう。


このアストラル界の揺さぶりは、個々に対する問いかけだと思います。
意識のポジショニングはヒーリングワークに限ったことではなくて、生き方そのもの、
人生を創造するエナジーそのもので、自分の思考が現実を創っていることがはっきりと見えて来る時代になったのでしょうね。


これを魂の進化と言わずして何と言う。。。 しかも日本全体において。。。ですね。


そういえばシュタイナーの地震論でも、地震は大きな人間全体の病気のようなものでした。
病気も災害も、人間の魂が進化成長して行く過程で避けて通れないものなのかも知れませんが、
いつかはこれらをも克服した光の存在のような人類へと、到達できるのでしょうか・・・
少なくともそんな世界を目指しつつ、私達は今を生きるのでしょうね。


改めて、震災で亡くなられた方、ご不幸に見舞われた方の魂を思います。



董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/

facebook
https://www.facebook.com/tomoko.kunieda.10









このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる