ヒーラーの姿勢・自我の姿


今日はとてもお久しぶりにお越し下った方とのクリスタルのワークでした。
もうかれこれ4年ぶりくらい?  お互いにその間の成長、気づきなども面白く。

このクリスタルワークのモニター様はこのような、お久しぶりな方の目にも止まっているのが嬉しいですね。


そして4年前の私が何を申し上げたのか。
こういうことって、言った側は覚えていなくても言われた方はよく覚えているものですよね(笑)
4年前のまだまだ稚拙な私がよくそんなことを申し上げたものだと呆れるくらいでしたが、
あの頃の必死な自分を少し思い出して、愛おしくも可笑しくもありました。

後から思い出すと穴に入りたいくらいお恥ずかしい内容でも、それでも必死に真摯に向き合って、
そこから繰り出されるワークや言葉だったのなら、くすぐったい気持ちはあるけれど胸を張っていられるのだろう。


そこに、淀みや驕り、自己承認欲求のようなエゴが入らないハートからの言葉だったとしたら、
やっていることは稚拙でも、後から振り返った時に後悔するようなことには、きっとならないのだろう。


セッションはいつも一期一会、一瞬一瞬のエネルギーの分かちあい。
そこでスパークする生命エナジーの美しさと強さは、いつも私のハートを喜びで震えさせてくれるもの。

伝えることが必ずしもお客様の心に届いているか、ワークの効果が現実にすぐに反映されるかは分からないけれど、
それでも一瞬一瞬、真摯に向き合うのみなのだろう。


4年ぶりにお会いする方を目の前に、そんなことを感じていました。


最近ではこんな私でも、これからヒーラーデビューしようとされている方やセッションを始めたばかりという方に
お会いする機会をいただくことが増えました。
だれでも最初はおどおどと、おっかなびっくり踏み込む世界なのだけれど、
私は出来るだけ対面セッションをこなすことをお勧めしています。


勿論、有能なワーカーさんで遠隔のみでも結果を出す方だっていらっしゃるとは思いますが、
やはりワークを提供する側を育ててくれるのは対面で、目の前の人とのその瞬間の在り方で。
ヒーラーに必要な能力のみならず、人間力を育ててくれるのが対面セッションだと思うのです。


お会いした目の前の人の醸し出すオーラの情報量の多さと、そんなエネルギーのやりとりから生まれる気づきは、
ヒーラーにとって何物にも変え難い財産になるでしょう。


この仕事はつくづく、能力やテクニックだけで出来るものではないのだと思います。
今は短時間でヒーラーになれますなんて言う謳い文句の養成講座もたくさんあるけれど、
基盤になるのはその方の人間性ですし、ヒーラーとしての在り方は自分で一歩一歩、手探りで構築して行く道筋なのだろうと。
先を歩む先輩の後ろ姿を見ながら、それでも自分の道を歩まなければならないのがこの世界。
迷い、葛藤し、自身の在り方をいつも自分に問いただしながら・・・。


今日のお客様とはそんなお話もシェア出来て、とても楽しい時間でした。
この方もこれから活動を始められるそうで、お互いに頑張りましょうねとお話ししたのですが、
自分が伝えることへの不安、見えていることを人に伝えて良いのだろうかという葛藤というお話が出て、
そう言えば私もずっとそこを迷っていたのだったなと思いだしました。


その悩み、葛藤が消えたのはいつだったろう・・・と、お客様がお帰りになってからふと考えてみて。
あぁ、それはやはり、エネルギーの体感、知覚と知識を融合して行ったことと、
アストラルの想念体に惑わされることのない自身の軸をちゃんと作ろうとして来たからだろうと思い至りました。
グラマーをちゃんと見極めたいと言う姿勢で、見えない世界を見ようとして来たのですよね。


レイキと神智学は、私の軸を再構築してくれた出会いでした。  
迷いや葛藤がなければ、気づけなかったこともたくさんあって。
それもこれもシリウスからの御膳立てがあってのことだったのでしょう。


マスター・空海に言われたことを思い出します。
回り道、遠回り、間違ったと思った道ですらその人の最善の道であると。
それを経験しなければ、次の転生に持ち越すだけのことだと。


 


・・・ さて、そして、前回書いた自我とアカシックレコードの関係を、少し補足しておきたいと思います。

これに気が付いたのもこのクリスタルワークのモニターセッション中でした。
ガイア意識の成長と人間の魂の進化成長がリンクしているのは以前から受け取って書いたこともあったと思います。
ガイアが私達人間の魂に、3次元物質界にステージを用意してくれたこと。
そしてこの物質地球界での人間としての経験が、アカシックに刻まれることでガイア意識も成長するということ。

そこに、何を書きこむか、書きこめるか・・・ ここまでは考えが及んでいませんでした。
何でもOKなんだと思っていたんですよね(笑)


でも、どうやら違うのです。


言ってみれば、ガイア意識も欲しい情報が、あるのですね。
それは人間の進化の過程を記した情報であり、物質次元での進化とはまず自我意識の発達過程に当たります。
その先に霊的自我の発達を私達は目指すのですが、そこへ向けて行うのが、自我の在り方をちゃんと自身で見極めることなのでしょう。

欲求、エゴレベルの自我意識からハートへの変遷こそがガイアの求める人間の進化過程のプロセス。
だから私達は、自我をちゃんと生きて、その上で欲求レベルの自我を統御して行く必要があります。
そのためにも、他者からのコントロール、エネルギーの奪い合いで自我をちゃんと生きない人生では、地球での経験値としては無効なのですね。 


ガイアもまた、人間の意識の成長を待っているのでしょう。
自分を生きること。
改めて、と言うか、これから私達が新たに取り組まなければならない意識世界なのかも知れません。


ショップにアップ予定のピンクメタモ・プチワイヤーペンダント。


自我・パーソナリティと魂・霊の関係性を正しく理解したい方は是非アリス・ベイリーを(笑)
読書会ではグラマーと言う、アストラル界の幻想と私達がどう向き合うべきかを書かれた巻を読む予定です。

現在のご参加希望者で、6月25日に初めての会を開催出来る運びとなりました!
まだまだご参加希望は受付いたします♡ 
募集記事はこちら。

http://seedofsanctuary.blogspot.jp/2016/05/ab.html


アリス・ベイリーは確かに難解です。一度読めば理解できる類のものではなく、
一生かかって読みこむような、向き合う姿勢が求められる世界ですが、このエネルギーに触れるということだけでも経験してみるのは良いんじゃないかと思う次第。


そして、本が見つけ辛いというお話を伺ったので追記ご案内しますね。
アリス・ベイリーの著書は、新宿紀伊国屋書店に並んでいます。
もし入手が難しいけれど・・・と言う方がいらっしゃいましたらお声掛け下さい。


では☆


董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/





このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー