三峰の狼霧 その3 


三峰の記事への反響、ありがとうございます。
スプレーと遠隔ヒーリングをお申込み下さる方も、三峯のことが気になる方が多そうですね。

そして三峰と言えば、オオカミ・狼・大神で。
霊格の高い獣神として、憑き物を払ってくれるそうで。
だから夏越の祓いのヒーリングワークとスプレー作成が可能になったんですけど、
江戸時代頃までは日本オオカミもこの秩父山岳地に生息していたのでしょうね。


三つ鳥居のすぐ脇には、そんな三峰神社の歴史や狼の剥製が展示された資料館がありました。
三峯講の歴史や、御眷属拝借の資料も残っています。
一体の御眷属で一つの村50軒分を護って下さるとされていました。


日本オオカミの毛皮が展示されていて、何だかゾクゾクゾワゾワとした気配にウァッ~と声を挙げてしまいました。。。



さて、奥宮登山です。 
どこまでも深い霧の中で新緑が映えていて、グリーンの霧に見えるという何とも神秘的な世界。
しかし山道はけっこうハード。 
距離はそんなにない様子でしたが、クマ出没注意の看板にちょっとビビリながら。。。



まるで縄文の祭祀跡のような岩肌。


いくつかの鳥居をくぐり抜ける度に、空気がどんどん神格化して行きます。 
下界から切り離されて行くかのようです。

 
 
 
この鳥居は3つ目くらいだったかな? 
ここを抜けて少しすると、後ろからとても素敵な、白いオオカミさんが着いて来ているのが分かりました。
迎えに来てくれたのでしょうか。
 
 
このどんどん険しくなる山道、心配して迎えに来てくれたのかな。
 
最後の登りは鎖を頼りにしないと上れないような岩の斜面です。 

 
 


ようやくたどり着いた山頂の奥宮。ここでまたみんなで祝詞を奏上して、少し瞑想も出来ました。
 
オオカミさんは、ここには登って来ません。
やはり御眷属は神様のお使いとしての役割を果たすのに徹しているのですね。
この場はもう、シャンバラとダイレクトに繋がった場所のように思えました。
だから瞑想も特に何を見た・聞いたとか言うことではなくて、ひたすら私自身の周波数を
この場所、引いてはシャンバラ意識にチューニングさせるような瞑想になりました。
 
 
静かに。 ただ静かに。
 
 
 
ちょっとゾワゾワするような眼下の霧。
 
 
そしてとってもベストなタイミングで、お元気なご年配の登山グループが賑やかに登って来たことで瞑想が終わります。
リーダー格のおじちゃんにもらったミルクの飴が美味しかった(笑)
 
 
さて、下山です。
 
 
なんだか次第に霧がますます濃くなって来て、足早になってしまいます。
後ろからクマ除けの鈴の音を大きく立てながら降りて来るおじちゃんが心強かった。
 

過ぎの木立が美しく。 これは人の手に寄る造林でしょうね。

 
こちらは天然の御方でしょう。山毛欅かな? 主のような貫禄でした。
オオカミたんも、途中の鳥居まででお別れです。 
 
 
ありがとう。


 
本殿まで下山してくると、ここだって既に凄い場所なのに何だか下界に降りて来た気分になってしまいました。
 
 
いやはや、凄い世界、神界だった~・・・
 
 
資料館を巡ってお守りやお札をいただいて、
最後に御仮屋という狼さんそのものをお祀りしているお社を参拝して終了です。 
二日間かけて堪能した三峰は、下山するのが惜しまれる世界でした。 
 
 
 
また来よう・・・必ず来よう。 
 
 
こんなにも、身も心も魂までも浄化してくれるような神社を訪れたのは初めてでした。
本当に素晴らしかった。
誘ってくれたマダムYちゃん、祝詞を奏上してくれたYちゃん、博識で色んなことを教えてくれるYちゃん、
道中の運転を全部してくれたYちゃん、(みんなYちゃん!) どうもありがとう♡
 
 
そして・・・ 
 
 
この御眷属、オオカミさんですけど、お連れして来た様子でいらっしゃるのですよね。
ちゃんとした正式な拝借手続きを踏んでいないので、どうやったのかは伏せますし、
いつまでいて下さるのかも分かりませんが、Yちゃん’s も全員それぞれにお連れして帰って来た様子です。
 
 
そして夏越の祓のワークは一緒にやってくれる様子、と言うか、三峯から帰って来た翌朝に
狼さんからの提案で決めたものです。
浄化と邪気払いをこんな素晴らしいエナジーで行えるなんて嬉しすぎます。
 
 
 
昨日のセッションでもお客様がしっかりオオカミさんの存在を感じていらっしゃいました。
でも、さすがにフランスには一緒に行かないみたいです(笑)
 
 
 
 
夏越の祓 スプレーつき遠隔ワークはショップからお申込み下さい。
 
 
7月24日~27日 大阪出張決まりました! 
個人セッション枠募集開始しています。 
ホワイトマジックのワークもクリスタル持参で行いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
フランスから帰って来てからなので、エネルギーもまた変遷していることでしょうね。
 
 
またお会いできる皆様、楽しみにしてま~す♡
 
 
 
ではでは。 
三峰記は、これにて。
 
 
 
董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/

 
 
 
 

このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる