le deuxième voyage de France その6 奇跡のマリア


また更新が空いてしまいましたが、パリ旅日記の最後を綴ろうと思います。

奇跡のメダイ教会は、とてもパリらしいお洒落なサンジェルマン地区にありました。


この教会のことは前回のフランス旅行の頃はまだ知りませんでした。
しかし後にメダイの存在を知り、何だかとても惹かれるものがあったのですね。

なぜか理由は分からないけれど、私はこのマリア様のメダイがとてもとても気に入って、
自分で製作するワイヤーアートのペンダントトップに必ずと言っていいほどメダイを組み合わせるのが常になっていました。


そのメダイ熱が高じて、せっかくだからこの奇跡のメダイ教会から取り寄せたいと思い、
フランスから直輸入出来るサイトなどを覗いていた矢先にNirielちゃんと久しぶりに会ったら、
輸入どころじゃない、自分が直接ここまで来ることになったのです(笑)


だから、この教会に来ることは今回の旅の目的の半分近くを占めていたのですね。 
メダイの仕入れのためにパリまで来ちゃった・・・だなんて(笑)
つくづく、私は自分の足で出向いて、その場の空気に触れてエナジーを受け取ると言う
体験型・体感型行動スタイルの人間なのでしょう。



そんな思いで訪れたパリ・奇跡のメダイ教会は、修道院です。


19世紀、カトリーヌ・ラブレという修道女の方がマリア様のご出現によってメダイを作る啓示を受け取ったのだそう。

修道院だからでしょうか、え、ここ?と言うほどの質素な、普通に観光で歩いていたら見逃してしまうような簡素な入り口。


中には小さなお庭。 たくさんの信徒の方の灯。


 壁にはメダイの奇跡への感謝を刻んだレリーフがずっと続いていました。


そして、教会の中へ。


この日は午後の遅い時間で、私達は一日中パリを歩き回った後でした。
喧噪、雑踏、暑さの中から、一気に祈りの静寂へと入った時の衝撃ったらなかったです。


なんて清らかな波動なのでしょう。 美しく、神々しく、優しく、清らかな愛に溢れる場所なのだろうと。

パリで巡った他のどの教会とも違う軽やかな清らかな波動。
建てられたのが比較的新しいというのもあるのですが、やはりそれだけではないのですよね。
本当にたくさんの人がいるのにとても静かな祈りの場でした。


中央のマリア様は頭上に冠、そして12個の星が煌めきます。
上の絵画の天使たちも、それはそれは素敵でした。ただの絵なのに、精霊が宿っているのが良く分かると言うか、
あぁ、この存在は本当に人間ではないんだなと言うのが良く分かるのですね。


ここのエナジーは、アルクトゥルスだろう・・・ そう感じました。
人間存在とは一線を置く精霊の聖域、宇宙の聖なる清らかな波動が、罪穢れを全て包み、
全てを許すかのようでした。


暫く無心でここのエナジーに浸り受け取り続けましたが、私にとってはパリ随一の波動でした。


お堂の写真も、あまりに静謐な清廉な空間でカメラを取り出すのさえ躊躇われて、始めに訪れた日には撮れなかったのです。
それでも、最終日にもう一度訪れた時に、最後の最後に失礼を承知で一枚だけ撮らせてもらって来ました。
だって、ここの波動とエネルギーを皆さんにお伝え出来なくては残念すぎますから。



お堂の外にはミカエルとジャンヌ・ダルクと共に、聖女カトリーヌとマリア様のストーリーでしょうか。
(読めませんが・・・)


そんな聖なる空間を体験し、メダイを爆買いしてしまいました! それはもうたくさん(笑)



マリア様と聖女カトリーヌでしょうか。


こうして本当に本当に待望のメダイをたくさん手に出来て、心地よい疲れと満足感でお庭に腰を降ろしていると、
”ニッポンジンデスカ?”  と、フランス人のおばあちゃんシスターが声をかけて来られました。

わぁ! とビックリ。
 
”ニホンゴ、スコシダケベンキョウシマシタ。” と、もう有に80を超えていらっしゃるであろうと思われる
フランス人のおばあちゃんシスターさんです。 

”マリアサマノオハナシハキキマシタカ?  ニホンゴノヲサシアゲマショウ。”  と、
日本語のパンフレットをスタッフに言って出して来て下さって。


”ガクセイデスカ?” と聞かれましたが(笑)   


いいえと言うと、 ”カトリックデスカ? アナタハナニヲナサッテイルノ?” と仰る。 
信徒でもない日本人が何をしにここへ来たのかと思われたのでしょうね。


ちょっと迷って、”祈りの仕事をしています” とお返ししました。


そんな可愛らしいおばあちゃんシスターとお話をしていると無性に涙が溢れてしまい、
たくさん買ったメダイを見せて、この方から少し祝福をしていただきました。

つくづく、こういう場面で写真を撮り忘れるのが残念ですが・・・。



そんな奇跡のメダイ教会体験でした。


パリの最後は、ラファイエットの屋上から。



こうして日本へ持ち帰ったメダイは、アクセサリーにしたりお土産に配ったり、
それぞれのカタチでそれぞれの方の元へお届けしています。


メダイのアクセサリーシリーズはマリア様の後ろに輝く12個の星に因み、
Etoile de Maria シリーズとしてショップへ掲載して行く予定です。 
製作に手間と時間がかかるのでスローペースになってしまいますが、無心でワイヤーを紡ぐ作業は心地よく集中できるし、
メダイやパリで出会ったビーズやリボンと共にデザインを考える時間はとても楽しい。
パリの思い出、マリア様のエナジー、聖女カトリーヌの想いと共に、何かを伝えられたらいいなと思っています。


パリで受け取った様々なエッセンスは、有形無形それぞれにこれから展開して行きます。
ミカエルとマリア、そしてパリのエナジーによるエネルギーワークも、そろそろご提供できる形に出来る・・・かな。



私にとっては旅そのものがエナジーワークのようなもの。
今後もご縁とタイミングを楽しみにしたいところです。



では、旅行記はこれにて。
次回はモン・サンミッシェル遠隔ヒーリングのご感想集をアップしたいと思います。
( ご感想をいただいた方で載せて欲しくない!と仰る方はお手数ですがお知らせ下さい。)



董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/









このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー