真夏の夜のつぶやき


今朝届いた仕入れ便のウルグアイ産アメシストクラスター。
濃く鮮やかな色合いが大変美しいです。 
大きさもほどほどありますので重宝すると思います。 近くアップしますね。


真夏の狂おしいような濃密なエネルギーをようやく抜けつつあります。


先日伊豆に行って来ました。 朝焼けが美しかった。


夫も私も海は好きですが今回は2年ぶりになりました。
単に海水浴で遊んでいるんですけど、波に揺られて頭から爪先までザッパーンと洗われるのは、
とても良い浄化、禊ですね。
思考もエネルギーも、余計なものがサッパリ洗い流されました。


朝の浜で見つけた、龍みたいな流木。


数日前に久しぶりに龍のエネルギーと繋がる機会があって、その後押しがあって伊豆行きが急に決まったのだと
帰って来てから気づきました。
どうやら私は、龍体エナジーとの関わり、繋がり直しをこの夏に改めて行ったみたいです。


数年前に一度、龍との関わりによるご神事的なお仕事、役割があるのだと知らされる出来事がありました。
でもその時、私は断ったのですね。
あの頃の私はエゴ丸出しで、何か誰かに支配、コントロールされるのは嫌だと思っていたのでした。


それが今になって、改めて龍体エナジーとのお仕事、役割を再開させるのだと知らされて、
今度はすんなりと納得が行きました。


伊豆から戻って浄化が済んだ私に繋がって来た龍体エナジーから教わることの次元は、
今までのものとはまるで違うものになりました。
それは、ようやく、やっと、スタートラインに立っただけのことですが、魂からの奉仕の世界なのですね。
低位自我の求める欲求の世界にいるうちはたどり着くことの出来なかった魂の奉仕の次元は、
ハートから生きる次元を知った上のその先の、まさに魂が求める生き方を歩む世界です。


龍とのお仕事って言うと何だかとてもかっこよく選ばれた者がやることのようなイメージがありますが、
実態はその真逆で、魂が立候補して求めるものであり、それを実際に行えるようになるまでには、
辛く厳しい自己と向き合う時間を要するもののようです。

そしてこのお仕事、役割を生きる、自分の魂のお役目を全うすることが、私にとってはワクワクすることであり、
低位エゴの欲求を超えた喜びの世界になって行くのだろうと思うのです。
どうやら私は、自分の欲求、エゴセルフの欲望で生きることよりも、天命に己の身を捧げるような生き方の方が好きで、
やる気も出るしエネルギーも動くみたいですね。


だから、昨今のスピリチュアルで言われることに違和感を感じたり、居づらさを覚えていたのだろうと思います。
前時代的とも思われがちな己の身を捧げるような奉仕は回避されがちなところがありますよね。


でも、やっぱり。


魂の望む、本当に欲する奉仕は無上の喜びであり、エゴの欲求を満たすレベルとはまるで違うものだと思うのです。



今回繋がりを再構築したのは諏訪の龍、鼓舞と私が呼んでいた龍体ですが、
そのエナジーはアストラル的なエネルギー体を透過した先、シャンバラのエナジーなのだろうと感じました。
そんなエナジーの動きで何をするのかは分かりませんが、逐一報告したりブログに書くことには
ならないでしょう。
それは他者に自慢したり披露したりするような類のものではないと、前回からキツク言われていることですし。


じゃあ何でこんなことを書いているのかと言うとですね、
私は勝手にですけど、同じように魂が奉仕を求めている人、魂の役割を全うしたいと望む人を起こし、
意識を目覚めさせるのも自分の役割だと感じているからです。


昨今のセッションでもそのような方がお越しになりました。
ご本人の顕在意識は全く気が付いていないのですが、その方は家系、血縁の持つ古い古いエナジーを癒し、
解放することを使命とされているように感じられたのですね。


仮にTさまとお呼びしますが、レコンレクセーションを受けに来られたTさまのセッションは、
私が正常にレコンが行えないほどの血縁のエナジーが圧倒的に押し寄せて来ました。

父方のご実家が島根だと仰っていたためか、それはとてもとても古い、ネイティブな出雲族のエナジーであり、
踏鞴や製鉄の技術のイメージ、そして海を渡って来る人々のビジョン、戦いの血腥いビジョンなどで、
私の膝から下は冷たく、海水に浸かったかのように浮腫んで痛みが出てきてしまいました。


Tさまにセッション後に再度よくよく尋ねると、何と彼女のご実家は、
代々出雲大社のしめ縄を作っていらっしゃったご家系だったのですね。


マジか~・・・ と、思わず呟いてしまいました。


しかしそれが分かって本当にスッキリされたご様子でしたし、Tさまはこれから、ご自身の内にある
血縁のエナジーの持つカルマと向き合うことで、曳いては日本全体に今充満する呪いのような、
過去からの古い因縁的エナジーを解放することに繋がって行くことでしょう。


話が大きくなりますが、参院選、都知事選が終わっていよいよ日本がオカシクなって来ています。
天皇陛下が異例のお言葉を発せられたのもありますし、今そのようなお役目、役割を魂が担う方々は、
本当に動きださなければならない時なのだと思った次第です。


ご自身の魂が何をしたいと欲するのか、そしてそれを成すために、低位自我のエゴ欲求とどう向き合うのか。


こんなお話がピンと来ない方はスルーして下さって全然いいんです。
けれども、何か胸に響くものがある方は、動き出す時なんじゃないかなと思います。


セッションでも、そのような方にはハッキリと申し上げています。
もちろん、最初は皆様ビビッたり戸惑われたりするし、私も強く言い過ぎてしまったかなと後からクヨクヨしたりも(笑)


それでも、あの時背中を押してもらえた・・・と言うより崖から突き落とされましたが(笑)、
今ではこんなに成長できましたなんてお久しぶりにご連絡をいただいたりすると、あぁ良かったなぁと思えたりします。


まだメニューには出せていませんが、そんな方向けのセッション、エネルギー調整ワークを
龍体エナジーと共に今後行って行く予定です。
エーテルのDNAレベルからのカルマクリアリングを経て、魂の求めに応じられるべくエネルギーシフトを行うワークです。


色々、小賢しいことや小手先のエネルギーをいじっているより、私がやらなくちゃいけないことはこれだなと。
伊豆浄化の旅と龍体との関係再構築によって、スッキリ・スパーンと理解できました。



お盆ですしね、家系・血縁のカルマ的な要素に目を向けるには良いタイミングです。
先行して受けたい方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。
通常のセッション枠120分16000円のコース内で実施して行きます。


伊豆旅行でお休みをいただいたのでお盆も通常稼働なのですが、この、お盆通常稼働というのは
今年が初めてで、お盆に帰省しないことで、何だか私個人の家系的カルマって終わったんだなと思っています。


やはり、そうなのでしょうね。
個人的な因縁・カルマ的要素がある程度クリアになった先に、魂の求める生き方が
見据えられるようになるんだろうなと思います。



ショップにはこれからまた少しメダイ作品をアップ予定、そして原石セール予定です。
お盆期間中に頑張りますので、また覗いて見て下さいね。




ではでは、お盆休みを健やかにお過ごし下さい。



董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/















このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる