蒼のサルベージ


ショップにワイヤー作品2点アップしました。
淡い水の気配を湛えたアクアマリン原石と、北海道産ロードクロサイト。
前回お知らせしたアメシストのクラスターもアップしています。
http://www.celestialcave.com/


夏の終わりのセール開始しました。 原石、ブレスレット、ワイヤー作品など、
会員ログインしてセールカテゴリを覗いていただくと割引価格で表示されます。

http://www.celestialcave.com/?mode=cate&cbid=2062408&csid=0&sort=n

セール品はクレジットカード払い可能、ポイント付与はなしとさせていただきます。
これからも追加して行きますのでどうぞご利用下さい。
http://www.celestialcave.com/?mode=cate&cbid=2062408&csid=0&sort=n  



お盆、そして終戦の日の昨日と、エネルギー的にも難しい時期を抜けました。
今年は帰省しなかったのでそのままやり過ごせるかと思ったんですけど、やはりお盆特有のエナジーはある様子。
それでも、あ、これはお盆だからだな・・・と意識したから、大事にならず対処を済ませられました。



そんなお盆中に、誘導瞑想でご予約をいただいた方のセッションがありました。
前回ブログ記事にした魂の目的、使命を生きることが昨今の私のテーマで、エネルギーワークのセッションご予約も既にいただいているのですが、この誘導瞑想もやっぱり行きつくところはそこなのだなと改めて思います。

実は誘導瞑想のセッションをもう終わりにしようかと思っていたのですが、
ここ数か月、幾度かのセッションが入る中でやっぱり必要な人もいるな・・・などと思っていた矢先でした。


Yさまはウスイレイキのセミナーを受講して下さっていた方でした。
レイキのアチューンメント時に出てきていたビジョンや、受け取ったエネルギーがあったのですが、
レイキセミナーは純粋にレイキエナジーのアチューンメントをするべきだと思って臨んでおり、
そう言ったことに対処するのは差し控えて、マスター終了時の最後にお伝えしたところ、
誘導瞑想でそこを掘り下げたいとお越し下さってのセッションになりました。


勿論、誘導でその課題、テーマが必ずしも浮上するとは限らないのですが、
きっとこの時、必然で湧き上がるものがおありなのだろうと思ってのワークになりました。
恣意的にそこを見て行くのもアリですが、私はこうしたその時の流れに任せる方が好きです。


Yさまはとある過去世のご自身と対峙しました。
それだけでも良いのですが、なにかもっと、その奥にあるもっと古いカルマの種に触れられそうだなと感じます。
その過去世すら結果でしかなくて、Yさまが抱えるもっと古いカルマの大本にまで遡ることが出来そうに思えました。


その過去世の女性に案内してもらって、さらに深く古い記憶の扉を開けて行った先・・・


Yさまが伝えて来たのは、私がレイキレミナーで受け取っていた時代のビジョンそのもの。
アトランティスの崩壊時のビジョンでした。


罪悪感と自責の念、贖罪の思いから、暗く碧い海のようなエナジーの底に自ら沈んだままの魂のカケラが見えた途端、
私の周りの空気まで冷え冷えとした悲しみで覆われて行きます。


「サルベージ(救出)に行きましょう。大丈夫、一緒に行きますから。」

 
そう言って、彼女の魂のカケラが沈む先へと一緒に潜って行きました。
深く冷たい蒼の先へ。こういうソウルダイビングは久しぶりです。 


以前、自分のアトランティス崩壊時の記憶を取り戻した後、暫く個人的に
こんな蒼い世界へ一人で潜っては光を降ろし、そこに沈む魂を光へと繋ぐような瞑想をしていたのを思いだしました。


魂のサルベージ。 
特にアトランティスに特化したものは、私の担当なのかも知れません。


だからこの時のYさまが、  ” 自分だけ助かるのは忍びない・・・ ”  と伝えて来られても、
「もうみんな、光に還りましたよ。 あとは貴方だけです。 」 とお伝えしました。


全て終わって意識を今に戻しても、驚愕のご様子でグッタリとされるYさま。
そりゃあ、そうでしょう。 
よくこのハードなワークを乗り切られたこと・・・。 よく頑張られた。。。  


そう思って、動けないYさまにしばしヒーリングをしてからお帰りいただくことにしました。
マリア様の癒し、そして最後には龍体エナジーからの活性チャージのエナジーが届いていました。


先日の伊豆、夜明けのエナジー。


セッションが終わってみて、あぁ、そう言えばお盆だったっけ・・・と我に返るほどの濃密な時間でした。




罪悪感や贖罪からのエナジーで人生を歩むのはとても疲労が大きいだろうと感じます。
たとえ素晴らしいお仕事をされているのであろうと、その動機になるエナジーが自身にとって重く
苦しいものだったとしたら、人生の車輪を回す動力への負荷は相当なものになるでしょう。


それで良しとするのも人生です。
しかし、こんなセッションをやっている者の元へお越しになるのだとしたら、
それは魂が生き方を、人生の原動力になるエナジーの変遷を望んでるのだと私は理解しています。



また、ワークの最後にハイアーセルフとの対話では、貴方の魂のブループリント、魂の使命、この人生の目的も聞いてみてもらいました。
そして、そこへ向けてこれからどのように具体的に行動して行くのか、その時期も。


勿論、すぐに分かるものではないのかも知れませんし、ビジョンやメッセージとして受け取るのが苦手な方もいるのも承知しています。
それでも、こうして自らの意志で高次へその思いを投げかけることをしておくのは大事だと思います。

だって高次はいつ、どんなタイミングで私達の顕在意識や現実にその答えを投げてくれるか分かりません。
ワーク中に受け取れなかったとしても投げかけること、そこへ自分の意識を向けることは、
宇宙へ自分の意志を放射すること・・・なのだろうと。 


お盆に相応しい? サルベージセッションとヒーリングになったなぁとしみじみ嬉しく思いました。


このままでは地球が持ちこたえられないところまで来てしまっているのですから、
今を生きる私達の意識の周波数を軽やかに上げて行くのはやっぱり大事です。
本当に本当に、この宇宙は私達にたくさんの経験とギフトを与えてくれていますね。


そして、苦しい経験、哀しい経験、喜びと嬉しさ溢れる経験、どれもジャッジすることなく全て受け入れる
魂の器のデカさを、もっともっと一人ひとりが実感したら良いのにな・・・ なんて思います。

貴方の魂がどんだけ器が広くて深くて大きいか、それを実感したら、自分の魂がどんなに素晴らしいかを理解したら、
地球での経験を選んだ自分を愛せずにはいられなくなるんじゃないかな・・・。


そんな魂に触れるセッション、またこれからも展開して行きたいですね。
まだまだ、やれることはあるはずだから。 



これからも誘導瞑想、各種エネルギーワーク、ヒーリングを通じて魂の旅のお供、お手伝いをして行きます。

魂の花、咲かせましょ~ね♪




董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave 
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/



















このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー