ケケのスピリット その2


昨夜の一斉遠隔ワーク、皆様のご参加本当にありがとうございました♡
とても素敵なワークになりました。
Sさまとのシェアが済んだら、こちらでご報告させていただきますね。


今日は先に、ケケのお話の続きを。
ブログを読んで驚いてご連絡下さった方がいらっしゃったりしたので、こちらを書いておかないとですしね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌朝。
ケケがいない朝を初めて迎えました。

よいお天気でしたが、私は心も身体も動かすことが出来なくて、凄く朝寝坊をしました。
起きられず、ベッドから全く出る気にならなかった。



ケケを病気にしてしまった自分。。。
これが何を、問いかけているのか。



スマホの着信はなし。
病院からの連絡がないので、取り敢えず今のところは無事だと言うこと。
温かな日差しに気持ちがほぐれ、癒されて行きました。


コーヒーを淹れてちょっと落ち着くと、ようやく瞑想に入ることにしました。
インナーセルフ、ハイアーマインドと繋がります。


すると、目の前にはケケが! 
昨夜病院でエリザベスカラーをされた姿のケケがちょこんと、私の目の前に現れました。


インナーセルフ、ハイアーセルフ、そしてケケ。
3者に囲まれた私に届くのは、大きくて温かな光。


あぁ、世界はこんなにも、愛に溢れて優しいんだ。
世の中が、世間が、周りが、起きる事象が私に優しくないと思っているのは私だけで、
本当は世界はこんなにも優しい。
優しくないのは、自分に優しく出来ないのは私自身だ。


そう思った途端に、ケケから思いが伝わって来ました。


”何でママは自分を信頼出来ないのかニャ?
僕がこんなに愛してるのに、こんなに愛されてるのに、何で自分のこと信じられないかニャ?”


インナーセルフ、ハイアーセルフも共に、同じエナジーを送って来ます。
と言うか、上と下でウンウンと頷いている感じ。


この瞬間分かりました。
ケケと私の内なる自己の意識たちが結託して、今回私に気づきを促そうとしていることに。
そしてケケは、私のためにその役割を買って出たのだろうと。


ケケは続けます。
”世界は優しくて、愛に満ちているのになんで気が付かないのニャ?” 


あぁ、私は世間を、社会を、人を、宇宙を信頼していないんだ。


それはつまり、私が私自身を信頼していないということだ。
私という宇宙を、私が信頼していない。


これは、由々しき事態なワケです。


ハイアーセルフ曰く、愛と信頼と自由はセットです。
自由に在りたい、自由に生きたいのであれば、そんな自身の選択、考え、意志を、
自分で最大限に尊重しなければいけません。
そのためには自分の意志を最大限に信頼して、遂行するしかないのです。
そして、信頼するにはそこに愛が流れなければそれは不可能なのですね。


私が切望する自由。

愛がなければ信頼はなく、信頼がなければ自由は実現できない。
自由がなければそこに信頼は生まれず、愛も流れない。


無限ループのように拡大するエナジーの流れが、そこにはある。
どれ一つ欠けていてもダメなのです。


そして私の内にある、自由になりたいと願う意志を阻む恐れや罪悪感。
それらを乗り越えられるのもまた愛のエナジーによってのみであるということ。


大きな恐怖の壁に突き当たった時、愛する者のため、大切な者のため以外に
それを突破できる原動力なんてどこにあるのでしょう?


ケケはそれを、私に知らせようとしているのでした。
ここまで理解して、腑に落としつつ、またまた愛に溢れるエナジーに触れて、
涙が溢れて溢れて止まりませんでした。

 
 
 
その後はすっかり落ち着いて仕事を済ませられて、午後の病院へ行く支度をする時間が近づきます。
 
 
洗面台で支度をしていたのですが、ふと。
 
 
私が数日前に使って洗面台に置きっぱなしにしておいたマッサージオイルのお皿に目が行きました。
オリーブオイルとピーナッツオイルが主成分のマッサージオイルだったのですが、
ボトルからたくさん出し過ぎて余ってしまい、また使えばいいかと置きっぱなしにしてあったものです。
 
 
まだ大さじ2~3杯分くらいはあったはずのオイル。
それが、キレイに無くなっていました。
 
 
 
あれ? これまだ結構残ってなかったっけ?  なんですっからかん!?
蒸発した?  こぼした?    
 
 
 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
まさかケケ、これ全部舐めた?!??!??!?!!!!!!
 
 
 
頭にピコーンと 「!」 マークが点灯しました。
コヤツの体調不良の原因ってこれか?! 
 
 
一気に、気持ちが解けました。
初めて使うマッサージオイルだったので、こんなことが起こるだなんて全く想定していませんでした。
勿論キケンなことには変わりはないのですが、原因が判明すれば対処は考えることが出来ます。
 
 
意味を理解して納得して腑に落とした直後にこれです。
まるで、「 ご名答!」 と言われたかのような気分でした。 
 
 
 
病院へ向かう道の先には虹が出ていました。
 
あぁ、きっと大丈夫。 
確信に近いものを覚えます。
 

途中、まだこんなに鮮やかな紅葉も見せてもらいました。
 
命の炎みたいだな。
燃やし尽くす命の炎・・・。
 
 
そう思った途端、ハイアーセルフからの見解? 声? が降りて来ました。
 
 
ケケのように、とても飼い主と近く関わっているペットは、
人間の近くで生きて人の愛を学ぼうとする魂がいるのですが、
時折こうして、自己犠牲を伴う学びを得ようとすることがあると。
愛による奉仕、自己犠牲を体験、経験しようとするのだと。
 
 
あぁ、ケケはもう次の転生では人間になるのかも知れないな・・・なんて感じました。
ケケはこうして高度な愛と知性を人間の近くで学ぼうと、魂の成長を求めたのだろうと。
だから、私の霊性と結託してこんな体験をしているのだろうと思ったのでした。
 



ケケ、一緒に行こう。
愛と喜びの世界を、まだまだこれからも一緒に歩もう。


私は心の中でこんな声をケケにかけながら、病院へ向かいました。
その決意は、私にとってのタイムラインの変更を意味していました。 


タイムラインを変更する。
そんなことが、自分の気づきと意志によって可能な時代。
私はまだまだこれから先、ケケと一緒に愛と信頼と自由の世界に生きるのだ。


私はそんなタイムラインを選択しました。
 

 
そうしてやっと、思っていた以上に元気なケケに会うことができました!
これは本当にこの日の写真です。
 
 
先生も、「 まだ様々に症状はあるけど、でも元気なんですよね。」 と仰る。
病院に来て初めて、私も笑顔が零れました。
 

あぁ、やっぱり私の選択と理解は間違ってなかった! 
ケケが身体を張って教えてくれたことを、私はちゃんと受け止められたんだ!


本当に本当に、嬉しかった。



翌日のケケ。
鼻くそついてますけど、どんどんよく動くようになっていました。
もう連れて帰れるんじゃないかと思ったけれど、腸のガスと白血球の数値が引っかかり、
もう一日だけ様子を見ることにします。
この数日、セッションが終わると病院へという日が続きました。


そして土曜日。セッションが終わった夕方に、
ダンナも一緒に行くことが出来て、二人でケケを連れて帰宅しました。


 
パパも来てくれて、帰れるって分かったんでしょうね。
診察台の上でケージの扉を開けると、ケケは自分から入り込みました(笑) 
 
 
そして日に日に元気になるケケ。
食欲もしっかりあって、排便も次第にしっかりと出来るようになって来ました。
もうすっかり元通りケケです。 甘えんぼっぷりは増量してますが(笑)
 
 
点滴のお陰で毛艶も倍増。 ビロードケケ、ベルベットケケになっています。
これ、いつまで持つかしら・・・ 
 
 
 
結局、病院では原因の特定は出来ずに終わりました。
あのオイルの誤飲が原因だったのだろうと私達は踏んでいます。
 
 
私の不注意によりケケに苦しい思いをさせてしまったのですが、
スピリットレベルでの合意のもとに様々な経験、体験、気づきをさせてもらった事態でもありました。
 
 
 
退院してからの数日は、以前アニマルヒーリングのワークショップで講師を勤めて下さったKEIさんが、
ケケと、ミィミにヒーリングを行って下さいました。
 
ミィもね、また拗ねて大変だったのです(笑) 
退院して来たケケにシャーするし・・・。
 
 
KEI さん、とても丁寧にヒーリングして下さって、詳細なレポートもすぐに送って下さいました。
本当に感謝です。
 
KEI さんのアニマルヒーリング、とってもオススメします♡
年内いっぱいキャンペーンやっていらっしゃいますヨ☆
 
 
 
 
ケケのスピリットのお話は、これにて。
私には、これもあっての一斉遠隔ワークが可能になったんだと思えてなりません。
全ての計らいに感謝します。 
 
 
 
そしてケケ、愛してるよ。 
これからも、ずっと一緒に歩もうね。
 
 
 
 
董香@Sancutary
 
Sanctuary Home Page
http://www.aseedofsanctuary.net/ 

Web Shop Celestial Cave
http://www.celestialcave.com

インフォメーションブログ サンクチュアリより。
http://ameblo.jp/ku-nie/
 
 
 
 
 
 
 


このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる