星と魂 その1



昨日、ソウルクリエイタールミナさんの初著書出版記念セミナーに出かけて来ました。
http://ameblo.jp/neoluminous/theme-10085427515.html


FBで流れて来る毎月のメッセージが秀逸だなぁと思っていたので、興味を持ったのですね。
久しぶりに外部のセミナーへ足を運ぶのもとても良い気分転換になりました。

 
飯田橋周辺がとてもきれいになっていて驚いた!
 
 
 
すごくザックリと書きますが、ホロスコープの本やセミナーってアスペクトを読むこととか、
宙の天体の話をされるのかと思っていたのですが、
ルミナさんが提唱していたのは内なる天体を育てるという概念。


これが良かったのです。 あ、なるほどって腑に落ちました。


まず私達がケアしなければならない自分の心と身体、これが月なのですね。
地球という私達自身から一番近い天体の月。
この月をケアし、滋養し、養う。 エネルギーを向けて満たしてあげることで心が安定する。


そうすると、新月の願い事とは、自己の本心、潜在意識へと意識を向ける時間ということになります。
私が本当はどうしたいのか、どう生きたいのかを見つめ直すために新月に願い事を書きだしてみるということに
なるんだろうと。
そう考えると、新月の願い事が単なる願望欲求を満たす行為ではなくなるのですね。
 

そして月という心身が安定することで、他の惑星のエネルギーが活性化してくる。
月の次には内なる水星が活性化し、学びや知性を磨くという段階に入るのだそうです。
好奇心が顕れ、あちこち出向いたり勉強したくなるのですね。


次に、金星が活性化します。
恋がしたくなって、表現力や美への関心、私を見て欲しいという欲求ですね。
これらが女性的な魅力を引き出したり、欲しいものを引き寄せたりする力になって行く。

そして火星が金星と対になって動き始めて、努力や目標を達成する力が備わって行く。
金星が欲しいものを受け取るイメージなら、こちらは戦って勝ち取るイメージですね。 
受験や試験勉強を頑張るのもこの火星のエネルギーだそう。


こうして最終的に、太陽という真の自己の輝きへと向かうのだそうです。
太陽の光や熱に疲れたら、また月を滋養するところからサイクルを繰り返す。
シュタイナーの惑星論にも良く似ているなと思いました。




あー、なんかすごくよく分かる・・・って思いました。


セッションを通じて霊的な成長を求める方の中には、私のように他者へお仕事としてセッションをしたい、
するようになるであろう方もよくいらっしゃいます。
そう言う場合によく話題になるのも、このサイクルだなと。


月は、インナーチャイルドと思って良いでしょう。
月のケアとはインナーチャイルド、傷ついたインナーセルフのケアそのもの。
それが滋養されないと、スピリチュアルな学びに入ってもいびつな状態を引き起こしてしまいます。
学びはやはり、安定した月があってこそなんですよね。

まずは自分のケア、癒し。
そして興味のある世界を学んで行く。 


その先に、また迷いが生じて来ます。
自分らしくこの学んだことを活かして行くにはどうしたら? ということですね。
そこでまた改めて、自分とは何か? を、今度は他者との関係性から知るようになって行きます。
金星を使う、火星を使うってまさにこの辺りですね。


ルミナさんに拠ると、引き寄せが叶うとはそんな金星の活性した状態とのことですが、
それは決してゴールではない。 
願いが叶う、願望が実現することの先に真の自己、太陽としての自己の活性が始まって行くということになります。


ハイアーマインド、高次元の自己との統合がそれに近いなと感じました。
低次の我欲やエゴ、マインドの世界を昇華した先の、より大いなる自己の意識ですね。 
でもそこに到達するのは、低次マインドの活性による現実創造が出来た先ということになります。


つまりは、幸せになった先、とも言えますね。
自己を信頼し、受容し、自分にYes!を出せるようになった先。


私達は過去世で何度も何度も霊的な修行を繰り返して来た魂ですが、
私の私見では、なぜ今までの修行が終わっていないのか、完成していないのかと言うと、
(完成していたら私はここに存在していないでしょうから)
この低次自我の欲求を抑圧したり、無いものとして存在を無視した上に無理に修行を展開すると言う
やり方を続けて来たからだと思っています。 
だから、低次の自我が暴走して破壊してしまうのですね。
 

その修行をまた今世でも繰り返すのか? と問われたら、やはりノーと言いたい。 
歓びや幸せを求める意識を満たしてから先に進まないとまた行き詰ってしまうでしょう。


個人的には、低位自我を満たした先にあるのは、” 観念すること ” だと思っています。
低位自我のエゴではもうどうにもならないと諦めて、自己の意識を宇宙へと明け渡すような感じです。 

満たした先にあきらめが来るって変な感じですけど、そうなんです。
ある日ふと、自己の本当に求めるものがエゴレベルでは満たされないことに気が付いてしまうのですね。




セミナーが終わった後にはちゃんと月を満たす(笑)
 
 
 
こういうお話を始めると熱が入ってしまいますので続きはまた。
次回は、セミナー明けて今朝の瞑想で受け取った、個の魂の変遷、生と死の概念、
そして惑星が創るこれからの時代について書きたいと思ってます。
 
 
 
菫香@Sanctuary
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sanctuary Home Page
http://www.aseedofsanctuary.net/ 

Web Shop Celestial Cave
http://www.celestialcave.com

インフォメーションブログ サンクチュアリより。
http://ameblo.jp/ku-nie/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー