箱根の龍 その2


さてさて、下心満載な箱根の旅が始まりました(笑)
何度も訪れているはずなのに、ちゃんと観光をしたことがなかった箱根。
 
大涌谷も、初めてです。
 
 
 
ロープウェイからの迫力ったら!
エジプトの遺跡を見ているみたいでした。
 
 
 
硫黄の臭いと地龍の気配。
風もとても強くて、自然のエレメンツ満載。
 
 
黒卵もいただきましたー。
1個で十分だろうと思っていたのに、あっという間にフタリで5つ完食(笑)
 
 
大涌谷からも芦ノ湖が見えていました。

 
 
雲を被った富士山と。
 
 
 
ロープウェイで芦ノ湖へ降りて、まだまだ春浅い湖を遊覧船で渡ります。
 
 
 
 
ヌラヌラとうねる湖面は、どなたかがニュッと顔を顕しそうな気配に満ちています。
寒かったけど、湖畔の山桜は素敵でした。
 
 
 
 
船上で、「 もう龍ついた? 」 と尋ねて来るダンナ。
 
なんだ、期待してんじゃん(笑)
いや、明日だよ。と答えつつも、気配はヒシヒシと受け取っていました。
 
 
 
ホテルは窓から湖とサクラも見えて。
 
 
 
露天風呂の間の前に一本の山桜が満開で、
じっと見つめていると、樹の下に平安装束の男性が佇んでいました。
烏帽子を被っているけれど黒髪を長く垂らしていて、
白拍子のようにも見えるけれど、男性だなぁ・・・と。
 
 
あれは龍神様の化身だったのかな・・・と、今になって思います。
 
 
 
 
部屋の中も、水の気と龍の気配に満ちていました。
 
うちにはもともと箱根の白龍がいるのですが、
今回はこのコが仲介役をしていてくれているなと感じていました。
 
 
大きな大きな御方がいらっしゃるのです。
そしてその方と私達を、うちのチビが仲介しようとしている感じ。
 
 
そしてとうとう、就寝直前になってこの大きな方と対話させてもらえたので、
私はこの方に夫の守護をお願いしました。
 
 
 
 
翌朝は、富士山もスッキリ! 
 
 
 
湖面の桜も、申し分ない美しさ。
 
 
私はすっかりテンションが上がって、ダンナに声をかけて起こしてからお風呂に行ったのですが、
お風呂から戻って来ても彼はまだ寝ています。
 えー、まだ寝てんの~・・・?
 
 
すると、何か調子が悪そうにベッドでうーん・・・ と唸っているんです。
 
 
あれー・・・ 
 
 
昨夜飲み過ぎた?  寒かったから風邪でもひいた? 
” どうしたの?”  と声をかけると・・・
 
 
「 身体が重くて起き上がれん・・・ 。」 
 
 
 
あぁ、龍いるからねー。
のしかかってるからねー、しょうがないねー(笑)
 
 
と、心の中でつぶやく私。 
とりあえずポットのお湯を沸かしてコーヒーを淹れて、身支度を始めます。
もう本当に、可笑しくてしょうがなかったんですけど淡々と。 
 
 
それでも全然動く気配がないダンナ。
コーヒーを出しながら一応、「 大丈夫?」  と聞くと、
 
 
 
「 頭は起きてるんだけどさ、身体が金縛りにあったみたいに動かないんだよ~!!! 」 
 
 
ですって!!!!
 
 
もう私、こらえきれなくって大爆笑しちゃいました!!!
 
 
「 何がおかしいの?!?!! 」  と叫ぶダンナ。
 
 
ここで初めて、「 だって、龍がのしかかってるんだからしょうがないよ~ 」 と打ち明けます。
この人、龍神さまをこんなに体感してるんだー! と新鮮でした(笑)   
 
でも動いてくれないのも予定があるので困るので、
龍神様にちょっとボリュームダウンをお願いして。
 
 
かなりの時間を要して、ようやくダンナも朝風呂へ向かいましたー。
やれやれ。
 
 
 
なんか、目的達成しちゃったなぁ。
そしたら九頭竜へはお礼と、これから宜しくお願いしますのご挨拶に伺うんだなぁと。 
 
 
 
 
 
 九頭竜神社は初めてのダンナは、行く道すがらも楽しんでいる様子でした。
私はもうかなり重厚なエナジーを感じつつ。
 
 
 
 まずは弁天様、そして九頭龍社へご挨拶。
 
 

 
持参した水晶の珠は、夫に自分で奉納してもらいました。
よろしくお願いしますって言いながらね。と。 
 
 
 
その様子を後ろから見ていたら、湖面が波立ってザブンザブンと(笑)
あぁ、龍が応えてくれている。
 
 
 
ミッション完遂ー。 
 
 
 
美しい森を帰る道すがら、私は夫に龍とともにあるとはどういうことなのかをレクチャーです。
決して我欲のために使っちゃいけないということとか、
他者のために奉仕するのを自分の歓びとする生き方をするのだとか。
 
 
 
 
 
 
彼は聞いているんだか、いないんだかでしたが、
途中、脇の藪に入ろうとしている蛇がダンナの目の前に! 
 
 
「 あッ! ヘビだ! 」
 
と自分でヘビを見つけたダンナ。
さすがに白蛇ではありませんが、龍神社の帰りに蛇がカタチとして顕れたのにはちょっとビックリ!
この人、どんだけ気に入られたんだ~・・・ と、私も嬉しくなりました。
 
 
 
湖畔の大島桜も満開で。
 
 
 
箱根神社も行きましたけど、こちらは凄い人でした~。
 
 
 
そんな、箱根の龍とのお話でした。
 
 
この旅の直前から夫は参加するプロジェクトが変わって新たな環境になって、
GW明けていよいよ本稼働・・・というところでしょうか。
 
 
私も、また頑張らないとですね。
龍の後押し、サポートがいくらあったって、結局は本人がやるかやらないかですから。
 
 
さて、今宵は満月ワークです。
龍神様にもサポートをお願いしながら行いますね。 
 
 
ではでは。 
 
 
 
菫香@Sanctuary
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sanctuary Home Page

Web Shop Celestial Cave

インフォメーションブログ サンクチュアリより。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 


このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる