新たな波動


こちらのブログ更新は久しぶりになってしまいましたが、改めまして。
新サロンお披露目展示会に足を運んで下さった皆様にお礼を申し上げます。

とっても嬉しかったです。

あの場が、ようやく息を吹き込まれたかのような時間でした。

場のエネルギーはまだ粗削りな部分が多々ありますが、
これはやっぱり一朝一夕ではないんだなと実感しています。
次第に、熟成させて行くかのようにして出来上がって行くものなのでしょう。
それには皆さんに使ってもらうのが一番ですね^^



昨日の夕暮れ。
日々、空が美しくて毎日写真ばかり撮ってしまいます・・・。


個人セッションの時間も始まっていますが、うん、やっぱり色々と今迄とは違います。
よりヴィジョンがクリアに明晰になっている気がしますし、お客様の体感もより強く感じられているのかな。


目指すところ、方向性。


これを定めることで、こんなにエネルギーが強く早く動くのだなと。


定めること。決めること。


これってやっぱり強いですね。


今朝瞑想していて、この定める、決めるエネルギーの動きについて教わりました。
決めるってことは、自己の制限を解除することなんだそうです。


出来なかったこと、やりたかったけど無理だと思っていたことを、やると決める。
これは、宇宙に向けて、自分の潜在意識に向かって、今まで自分で自分にかけていた制限、
私には無理、出来ないと言う制限、思い込みなんですけど、それを解除することになるそうです。


決定事項は出来るだけシンプルに、前向きで幸せなフレーズが良いです。
こうなる。これが出来るようになる。 

個人的には、成りたい でも十分行けると感じます。
成りたいの後ろに、絶対になるという意思が宿る場合にはそれも有効です。

成りたい・・・けどでも・・・ のエネルギーで 成りたい はNGですね。




自分にかけていた制限によって生まれていた現実を変えるのは、成るという意思決定。
何て簡単な時代になってきたことでしょう!


そして、気が付いたのですが、その成りたい、成るを決める要因と言うか、
成るという意思をサポートする、支えているのは自己の男性性です。


男性的なエネルギーは、私もここ最近の大きな変動の中でかなり強く感じています。
内なる男性性が表に出て来た感じ。


最初にそれを思ったのは、6月の旅でのパリでの夜でした。
アルザスの過酷なミネラルショーからパリへ戻って、そこでもまた炎天下のパリを歩いて歩いた最終日の夜。



たくさん歩いたこと、それもパリの外輪をなぞるようにグルリと回ったことで、
パリという街そのものと私は強くシンクロしたのですね。
お風呂に入っていると、パリそのもののエネルギーが私の中に入って来る感覚を覚えたのでした。


パリという街は魔術都市であり、女神イシスに捧げられた都市だそうです。
が、私がこのパリを歩き回る中で感じていたのは、パリに住まう女性達の強さと積極性、
そして自由と責任を自分で引き受けているような、生きる姿勢そのものでした。

それって、とても男性的です。
つまり私は、パリの女性の中に見える男性性の側面を強く感じていたのです。


美しくて強く逞しく、自分の意見や主張をはっきりと持っていて、
己の人生を自分で創造する姿。
パリの女性のエネルギーに私はそんな、自分の在りたい姿を見出していました。



だからでしょうか、帰国してからの私は、今までだったら遠慮するような場面や、
ちょっと女性らしくした方がいいなと言うようなシチュエーションでも、
なんかもう、そのまんまでいいや的な態度で応じてしまうようになったんですね。


媚びないし、卑下もしない。
私そのもので在ることに遠慮しない。


それは、とてもとても新鮮な感覚でした。
まるで鏡の中で反転して閉じ込められていた自分の半分を、肉体の内に招き入れるようなエネルギーの増幅が起こって行きました。
私の内なる男性性、閉じ込められいた男性性を、私は自分で鏡の中から救出したように感じたのです。


鏡の中のラビリンス。
反転する自分自身。 


そこから取り出した自分の半身。


そんな私の男性性は、とても献身的です(笑)
私という存在を幸せにしようと、一生懸命に働くんですね。


どうしたら、出来るのか。
どうやったら私が喜ぶのか、嬉しいのか、幸せなのか。
私を幸せにするために能動的に積極的に動くのは私の男性性の側面なのです。
まるで姫(女性性)の要望、願いを全て叶えようとする騎士が、男性性の姿なのですね。


長年夢だと思っていた場所に自分のサロンを持つということも、
自分で自分に許可を出したんだと思います。
男性性が活性化されなかった以前の私では、到底到達できなかったタイムラインだったのだろうと思えるのです。


先に述べた様に、成りたい自分に成ろうとする意思の正体とは自らの男性性です。
つまり、自らの陰陽のエネルギーが統べる時、人は自ずと幸せになるのです。



あ、今思い出しました。


こちら、まだ持ち主が顕れていないNirielちゃんの新作ワンド、エクスカリバーシリーズのランスロットですが、
究極のナイト、ランスロット卿の名を冠するこのワンドは、きっとそんな内なるナイト、
あなたを幸せにするために献身的に働くあなた自身の男性性を活性化してくれるのだろうなと。


男性性と女性性が統べる時。
あなたの未来のタイムラインは大きく変化します。


本当に生きたい姿を、在りたい姿を、人生を歩むことを、あなた自身に許可を出す。
そんな強さ、パワーを誰もが本当は持っているはず。


やり慣れていないことは、最初は怖いですよ(笑)
でも、それでも表に出す男性性は、次第に自分は大丈夫なんだと、
理屈では分からない、でも絶対的な自己信頼から来る安堵感すら与えてくれるようになって行きます。


そして、私達女性がそんな内なる男性性を解放してあげることはきっと、
この日本の男性たちにとってもとても良いことのはずです。


ナゼなら誰もが、内なる男性性の鏡として夫やパートナーの異性と接しているから。
あなたがあなた自身の男性性を自由にしてあげられればきっと、
パートナーのことも自由にしてあげられるようになるでしょう。




どんな地球で、どんな場所で、どんなパートナーと生きていこうとも、
私を幸せにするのは私自身の内なるエネルギーと、魂のクリエイションなのだろう。


そんなことを、全身全霊で受け止め、またそのように実際に動いた夏。
疲れましたけど大きなシフトは手ごたえも達成感も十分なものになりました。






只今ホームページのメニューメンテナンス中です。
大幅なシフトに伴って、メニュー構成も大幅変更を検討しています。
9月のメニュー構成からは大きく変更の予定ですので、少しお時間をいただきます。




菫香
Sanctuary de Shinjyukugyoen
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sanctuary Home Page

Web Shop Celestial Cave
インフォメーションブログ サンクチュアリより。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




























このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる