カルマを背負う魂 ・・・ 解放の時 ・・・


朝焼けの御苑です。


初めてサロンに寝泊まりすることになって、いつもとは反対の東からの日差しに紅葉が映えました。


日差しもグリーンでした。


木々に風が吹くと、木の葉って一斉に舞い上がるんですね。
それからクルクル、ヒラヒラと地面に落ちて行くんです。

ザワザワと樹木がざわめく姿も、こちらの木からあちらの樹へとまるで伝言ゲームのようで、
こっちの樹がザワザワと震えたかと思ったら、今度はあちらの樹がざわめいている。






開園前の御苑は、精霊たちだけの時間。
 
そんな様子を、しばし眺めていました。



暖かな小春日和は、冬の訪れる一瞬前に顕れる最後の黄金の時間。
今年はまた、いつにも増して濃密です。


そんな時節に、先日新しいクリスタルワークをリリースしました。
もうご覧いただけたかもですが、 地球の学校 クリスタル専科です。
どうぞご覧くださいね。

https://www.aseedofsanctuary.net/crystals


エメラルド、シトリン、サファイア、ルビーと関わって、それぞれの特性、働きをエナジーで届けるワークです。
遠隔でも対面でも、実際にそれぞれの石と私がアクセスしてワークを行います。 
名前だけ借りてるんじゃないんですよ~(笑)


最初に生まれたのはエメラルドのワークでした。
先日、御苑の中を初めて散策した際にバラ園があるのを知って、
雨だったんですけどじっくりとゆっくりとバラを感じて歩いたところ、
エスメラルダという名前のバラがありました。


この言葉が何かとても響いて調べて見ると、エメラルドのスペイン語読みだと分かって。
この瞬間に、あぁ、エメラルドのワークを創らなくては・・・と、思ったのでした。



その日咲いていたバラ。 
エスメラルダはもう花がなかったので、これは違う品種ですけど。


サロンに戻ってエメラルドと瞑想に入っても、確かこの日は明瞭なものは得られなかったと記憶しています。
それでもずっと暫く引っ掛かっていて、数日を経てようやくワークのエナジーの理解が降りて来ました。


同時にシトリンとのワークも。
エメラルドが啓示的なら、シトリンはとても物質と魂の地上での顕現をサポートするもの。


続いて、あぁ、サファイアでもワークをしなくては・・・と思い、その流れでルビーへと。


ルビーにサファイア、エメラルドと言えば貴石として知られるものばかりですし、
シトリンもとってもオーソドックスな、一般的にも良く知られたクリスタルです。


そう言った広く知られている石たちだからこそ、多くの人に汎用的なワークに出来るということでしょう。

私は基本的に、クリスタルとのワークって個人個人で自由にやれば良いと思っています。
だからレアな石やスピリチュアルな世界で珍重される石とは、それぞれに関われば良いんですけど、
その前提として、誰にでも共通するベーシックな土台の部分へのアプローチに多くの人に認知されている貴石を使うと言うのは、
やっぱり集合意識のボリューム的な部分へのアプローチなのだと思われます。
認知度が高いと言うことは、集合意識のボリュームゾーンがあると言うことですから。


ワークのみならず石との関わりは、もっとこれから幅広くカタチにして行きたいなと思っています。
でも先ずはクリスタル専科、生み出せてよかった。
どうぞ宜しくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、ワークのご感想をいただいているのでご紹介です。
今日は私のお送りしたレポートと、そしてそれに対していただいたご感想の二本立てでご紹介します。

先ずは私のお送りした、銀河の学校 Star Origin の遠隔ワークでのレポートです。

昨日は銀河の学校 Star Origin ワークを受けていただきましてどうもありがとうございました。
実は、昨日が選挙のためかエネルギーが安定せず、時間内に終わった感じがしなかったのです。
どうしようか、どうお伝えしようかと思いつつ、今日延長してワークをしてみました。
それでようやく収まったように見受けられましたので、2日間の様子をお伝えさせていただきます。

最初、始まってすぐに降りてきたのはアルクトゥルスの光でした。
青白い細やかな粒子のような光の粒が、N様を囲って浄化しているようなご様子で始まります。
ライトランゲージも自然に口から出ており、ランゲージを用いて浄化を進めていたような感じでした。

しばらくすると、数人の人影?  緑黒い頭部と白いケープのような姿の存在が数名並んでいます。
ニビルのエネルギーだなと感じました。
シュメール、エンキと言ったフレーズが浮かびます。

そのシュメール人へ降ろされたニビルのテクノロジーにより、人魚が生まれていました。
N様はどうやらその記憶をお持ちのようです。
そのあたりの記憶も、白~パープルの光によって浄化されて行きました。


さらに記憶のヴィジョンは遡って、どこかの星が爆発する様子を眺めているN様のお姿が見えてきます。
それと同時に、恐怖からの解放、魂の本当の意味での解放というフレーズが降りて来て、
今日はそのために、ニビルによって埋め込まれたエネルギー的なインプラントの除去をするんだと理解しました。


N様のエネルギー体へと視線を戻すと、頭部へライトランゲージによって光を降ろして行きます。
するとより深い古い記憶が浮かび上がるように見えてきました。

アンドロメダでしょう。
魂の持つ献身性と、強いエネルギーの魂の様子が見えてきます。

地球のためにという思いの強さ、献身性がN様の魂の特徴であり、
同時にとても強い、エキセントリックな強さを持った魂の様子が見えてきます。
ご自身が、その強さをコントロール不能になることへの恐れもおありのようでした。


このあたりはしばらく、ライトランゲージと光の治療的な動きが続きました。
エネルギー体のN様の頭部には、ライトランゲージの文字によるたすきか包帯?
のようなものがグルグル巻きになっていて、
途中からはそれが美容室のパーマをかける時に被るようなヘッドセットのように見えました(笑)

しばらくして気が付くと、N様、と言うよりはアンドロメダのN様のお姿で、
頭部に装着されていた色々がすっかり外された自由な出で立ちで現れました。


そこに届いたメッセージはこのようなものです。


「 自己不信からくる恐れは、幸せを拒んでしまいます。
貴方は自分が自分を愛し、幸せになろうとすることに敢えて挑戦するゲームをやってきました

本来貴方は幸せで愛に溢れた献身的な魂なのですが、
そのことに自分で気が付くという経験をしたかったのです。

そのためには、自らが幸せな状態、愛に溢れた存在という本来の姿からかけ離れた
自己不信に満ちた世界に身を置いたのです。

その設定を手伝ったのがニビルでした。
貴方は自ら、ニビルの実験台に身を差し出したのです。


しかしこうして、不要な設定はもう外してしまいました。
あなたは本来の姿に戻り、自分が自分を愛し幸せに生きることをこの次元で体現する存在です


この世界はどんな環境でも、逆境であっても、
自らが光であったことを思い出させるための設定なのです。


そのために私はこの次元へやってきています。
私はあなたです。」


とのことでした。


この度もありがとうございました♡
素敵なメッセージを受け取れて私も励まされました^^


ではでは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、先日こちらのN様よりいただいたご感想です。


先日はStar Origin のセッションをして頂いて本当にありがとうございました!

おかげさまで、自分がまた解放されていきました。
セッションの1週間前ぐらいから、そしてセッションを経て、
とても深い部分の思い込みが取れ始めて、意識が変わり始めました。

実は私は子供の頃からとても強い罪悪感を抱えてきていて、
それは家族との関係において培ってしまったものなのですが、
いつも家族の人生に対して責任を感じてしまっていて、頭では、もうそんな罪悪感は必要ないとわかっていても、
なかなかその感情は消えていきませんでした。

その罪悪感とセットのように、自己否定や無力感もとても強くて、
そんなものを抱えていると、やっぱり人生も上手くいかなくて、
長い間、結構苦しい中で過ごしてきました。

そのがんじがらめの感情が、本当に芯からしっかりと取れ始め、
以前は強い罪悪感や自己否定を隠そうとして、
変に感情的になったりすることも多かったのですが、
今とても穏やかな心でいられることが増えてきました。

何というか、やっと自分に戻った感じ、
自分の中心にカチッとはまった感じといいますか…

家族のことで、もう自分を解放したいとずっと願っていて、
でも本当になかなかできなくて、
だから私にとって、今回のことは本当に本当に念願の解放でした。

また、2回目のStar Originのセッション後、
凄まじく様々な感情が出ては消えを繰り返しました。
この怒涛の浄化の日々だったのは、
今までの私が、魂から大分離れた生き方をしてきてしまったからなんだろうなと思っていました。

でも、今回のセッションで、そういったものも全て、
私が選んだことだったのか!と驚くと同時に、
経験したかったという私の気持ちもどこかでわかるような気がしました。

本当に辛くて辛くて、
何でこんな人生なんだろうと何度も思いましたし、
何で誰も助けてくれないんだ!と恨めしく思うこともたくさんありましたσ(^_^;)。
でも、そういった経験をした上で、
自分で自分を愛し、認め、幸せにすること、
自分の素晴らしさに気づくことを、
また経験しようとしていたのだと知り、
大変だったけど、とても腑に落ちた所もあって、
どこかで、苦しみのようなものを知りたい、感じ尽くしたい、
わかりたいという思いもあったような…
でももうお腹いっぱいという感じでした(笑)

こういった部分を見ていると、
レポートでもありましたが、
自分でも変わり者だと思っていましたが、
やっぱり変わってたんだなと、すごく実感した次第です(^-^)

自分が全てをつくっている、自分の中に全てがあると、よくいろんな所で見聞きしてきましたが、
本当にそうなんだなとひしひしと感じました。

愛や光は自分のなかにあるというのも頭でわかっていましたが、
どこかで自分では何も生み出せないように思っていました。
でも、こないだふと、
自分にも生み出す力があるんだなと気付きました。
ずっとあった無力感はこういった部分にもあったんだなとわかりました。

こういった気付きを、自分のこの世界の人生でたくさん、
実践に繋げていけたらと思っています。


本当にありがとうございました!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に、素敵なご感想だなぁとしみじみ嬉しく拝見いたしました。
解放とはまさにこうして、ご自身の思いと努力によって進んで行くのですね。



学び、自己を見つめ、受け止め、また深く潜って。


その繰り返しですね。
私自身だってまだまだ、自分の開放の過程真っ只中にいるんだと思いますし、
きっとそれはどこまでも続くのでしょう。



潜れば潜るほど、あなたの宇宙は広がります。
自由と多様性、可能性と選択肢が増えて行きます。



私達って本当に、敢えて自由や愛に還る過程を味わおうとしているかのようですね(笑)
その過程を、お土産のように夏休みの宿題のように、故郷へ持ち帰ろうとしているみたいです。


これは他の方のセッションで出て来た理解ですが、高次元の世界にいたのでは、
地球の魂達をどうやったら救えるのか、どうやったら目覚めさせられるのか、
どうやったら愛に回帰できるのか、方法が分からないんだそうです。

そりゃそうですよね、だってその次元から ”堕ちた”  ことがなければ、這い上がる方法など知る術がないんですから。


だから、敢えて、”堕ちる”  ことで、帰り道を模索しようとする魂がいるのだそうです。
それってもの凄い献身、貢献だと思います。 


それを2000年前に初めて肉体を纏い実践して見せてくれたのがイエスだったと。


はい。


もう分かりますよね。


私達は、キリスト意識に目覚めるためにこの過程を歩んでいます。
つまり、内なるキリスト意識を個々人が発動させることが、この旅路の過程そのもので、
2000年前には到底人類の意識が及ばず理解出来なかったイエスの行為を、
今の私達はそれぞれ一人一人が実践する時代がやって来ているんです。


あー長かったぜー・・・ と、イエスが言ったかどうかは分かりませんが(笑)



私は、人類の集合意識は間違いなく進化していると思っています。
あの時代には出来なかったこと、分からなかったことが、今ならそのエナジーの示す通りに可能だというケースは、
他にもたくさんあると思うのです。 いや、ほとんどの歴史がその繰り返しでしょう。

それはきっときっと、私達の魂が何度も何度も転生を繰り返して、少しずつ学び、アカシックを書き換え、
叡智を研ぎ澄まして来た賜物で、ごく限られた一部のイニシエートにしか開示されなかった叡智とか、
秘密として護られて来た類のエナジーが、どんどん私達のような一般の人間に降ろされる時代になりました。

それでもまだまだ未達の領域は存在していますが、ここから先は魂ですら経験のない世界かも知れませんね。


だから、指導者や教祖、宗教が不要な時代になって行くんですね。
だって一人一人が自分で還る道を探る時代になっていて、それは皆それぞれに違うんですから。


自由と愛と多様性に溢れた宇宙への回帰ですね。


どうかお一人お一人の意思が、魂が、その思いと光を顕現させられる時代でありますよう。



夜明けの光を待ちわびて。




菫香
Sanctuary de Shinjyukugyoen
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sanctuary Home Page
Web Shop Celestial Cave
インフォメーションブログ サンクチュアリより。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー