普遍の変容


冷えますね・・・。
来週はもっと冷えるそう。
ネコ達が風邪をひかないかと気を揉みます。



久々登場のケケ。  ” サンタクロースってなんにゃ? ”   みたいな表情。
昨年の今頃は、ミィは風邪をひくわ、ケケは病院にお世話になるわでした。


一年、本当に早いものですね。
地球時間の一年が、次第に早くなっている気がするのは歳のせいだけじゃないと思う・・・。


変容スピードの速さ、そしてそれに若干追いついていない場合に顕れる肉体の変調。
本当に3次元は大変です・・・。
最近は、本当に本当にどうしてこんな3次元を自分が経験しているのだろうかと、今更ながら真剣に問答しています。


答えなんてきっと無数にあるのだろうけれど。


銀河には星の数ほど答えがあって、銀河の数以上の宇宙があるのだとしたら、
正解なんて、どこにもないことになるのでしょう。




ショップに掲載予定の石をご紹介しながら綴りますね。
こちらは可憐なフローライトにグリーンのマラカイトがまるでまぶしてあるかのようなお品。
マラカイトonフローライト になるのかな。


ミネラルショーも終わって、改めて石達の存在を感じています。
こんなにたくさんの石がもう何十年に渡って流通しているというのに、まだまだ石は尽きない。
それどころか更に、最近になって採掘されるクリスタルもまだまだあって。


今回は何だか、地球の懐の深さ、多様さを改めて感じたミネラルショーでした。
こうして私達が石を手に取っているこの瞬間にも、地球は新たなミネラル、鉱物の結晶を生み出し
育んでいるのだと思うと、母なるガイアの凄さとそのボリュームに思いを馳せずにはいられませんでした。




アストロフィライトのタンブル。 とてもレアな出会いが出来た一品です。
地味ですが、私的にとてもツボな石。 ロシアのコラ半島産というのも惹かれます。


宇宙講座で習ったことなんですけど、この太陽系でこうして鉱物を生み出し続けている惑星は
地球だけなんだそうです。
そしてこんなに多様な命が溢れるのもまた地球だけ。


この多様性を育むガイアの一端を、私達はこうして鉱物を手にすることで感じ、受け取ります。
その多様な美しさにガイアの底力を視ると同時に、私達の内側にある光、美しさにも触れさせてくれるのが鉱物たち。
霊的な、スピリットの依り代でもあり、内なる意識を拡大して見せてくれるとてもメタフィジカルな存在でありつつ、
ガイアの物質的な創造物であるクリスタルとは、とてもとても面白く不思議な存在です。




ストロベリーレムリアン。 ゲートウェイと呼ばれる六角形の鍵穴が側面にあります。
まさに意識の扉を開くキー。


数万年という単位で変容を遂げる鉱物の時間は、私達から見たら普遍の時間。
普遍であるために変容する。


それはきっと、私達の魂もまた同じことなのでしょう。



 
 
美しいゴールデンレムリアンシード。 ミネショ当日にブラジルから到着したばかりのお品でした。
 
 
 
 
そんなミネラルショーが一息ついた先日、ガチガチになった身体をほぐしたくて、
先輩のサロンでリンパケアをやっていただくと、思った以上に身体がこわばっていたことが判明します。
 
 
引越ししてからランニングもヨガも、場所とタイミングを作れずにサボってしまっていたのですよね。
これはよろしくない・・・。 
また新たな習慣を作り直さなければと思いました。
 
 
先輩のサロンは以前の場所からは変わっても、ホスピタリティ、マインドの在り方は何一つ変わらず、
私はそんな彼女の安定した姿勢、基盤が整った在り方にいつも安心して身を委ねます。
 
 
信頼が、あるのですよね。
それは長年培って来たものでもあるし、互いにやることや道が違っていた時期もあったけれど、
それでもそれぞれに自分の大切なことを中心に据えているからなのだろうと感じます。
 
 
 
実はこの先輩と私は同時期に、別の霊能者の方から危険因子扱いされた時期がありました(笑)
後から聞いた話ですが、その霊能者の方の顧客が先輩や私のところへ流れるのが面白くなかったらしいのですね。
私としては駆け出しの身でしたので、その方の取り巻きさん達が来て下さっていたのは単純に有り難かったのですが、
突然その方々全員が一斉に来なくなるという、とても分かり易いことが起こったのでした(笑)
 
 
その霊能者の方が今どうしていらっしゃるのか私は全く知らずにいましたが、
先輩は風の噂に聞いていたそうで、この日はまたビックリするその後のお話を伺うことになって・・・。
 
 
そして私はこの夏、これまた似た事件が起こっていて、今度は尊敬して慕っていた方から、
実は私が疎まれ、若しくは恨まれていたということが発覚するという展開になっていて。
 
 
どちらの件も、衝撃は大きかったです。
しかし、ね。 これだけはハッキリと分かりました。
 
 
人を呪わば穴二つ。
 
 
これは、本当です。
 
 
人に向けて負のエナジーを放つという行為は、実は自らに向けているのと同じことです。
自らの内に巣食う負のカルマ、負のエナジーは、認識し発した途端、そのまま自らを食い物にしてしまう。
まるで増幅する癌細胞のように。
 
 
それを、見させてもらったような経験でした。
 
 
 
 
可憐なロードナイトシリカ。 話が重くなってしまったので軽やかなコで中和を(笑)
 
 
変容することと普遍性。
これは相反するように思えるけれど、普遍であるためには変容し続けるのですね。
 
 
それは、いつも安定した精神とホスピタリティで仕事を行うための影の努力とも言えます。
提供するモノや場所が変わっても変わらない精神、霊性を保ち、さらに進化させて行くこと。
そのために変容を続けて行くこと。
 
 
互いの信頼関係も、そこが分かっているから築いて行けるものなのでしょう。
それは、他者を貶めることで自らの立ち位置を確保しようとするような行為では決して培えないものですし、
ましてや愛がベースのこの世界でこのお仕事をしている者にあるまじき行為です。
 
 
だから、ね。
私を呪ったら絶対損しますよ(笑)  
あ、いや、私だけじゃないけど(笑)
 
 
 
そして特にここからの時代は、そんなベースに恐れがある行為を続けて行くのはもはや危ないとしか言えません。
やぎ座土星冥王星時代が到来するのです。
スピリチュアリティは現実に反映されて当然の時代になりますし、結果というものがハッキリと形として顕れる時代です。
 
 
誰しもが、自身の内側を投影させて現実を思っている世界を生きるのが物質次元のセオリーです。
普遍であるために、魂の普遍性を垣間見るためには、自らの在り方、意識の向け先を変容させて行かなくてはならないのです。
 
 
人のことをあーだこーだ言ってる暇なんてないのですよー(笑)
 
 
そして逆に、変容を受け入れしなやかに生きる人同士はより信頼を築き、発展出来る可能性があります。
だから、ここからの絆はとても大切にしたいなと思うのです。
互いの信頼が、ホンモノなのだとしたら。
 
 
 
 
 
美しいキラキラ。 クリソコラのドゥルージータンブル。
 
 
 
この日、先輩が仰っていたことで印象的だったのは、
家族やパートナーとの関係がうまく行っていない人はちょっと信用できないかな・・・ と言うもの。
 
 
これは、至極当たり前な当然のことなんですよね。
土台である家庭やパートナーシップ、そこが揺らいでいるとどうしたって精神が不安定になり、
そういう精神状態は憑依など、様々なエンティティが付け入る隙を与えます。
 
 
そして、そのためにもっと根本的に重要なのは、自らが愛し愛されているという信頼の土台。
自分は愛されるに値する存在だという認識を、本当に腹の底から受け入れること。
自らの存在を肯定しきってしまうこと。
 
 
そうやって、自らの土台に100パーセント所属することで他者からも大切に扱ってもらえる、
愛されるという現象が起こって行くのです。
 
 
つまり、突き詰めれば憑依だのサイキックアタックだのは、自らが自らの真の在り方、姿で生きていないから起こる現象だとも言えますね。
 
 
普遍であること。
これは即ち、自らの本質であることを言うと思います。
本質へ立ちかえるために、殻を脱ぎ捨てる、蛹を脱ぎ捨てるように魂の鎧を外して行くのが変容でしょう。
 
 
 
 
 
 
レインボーボージャイ。 ちょっとカタチが面白い異端児ですけど、私はそんな異端児が好き。 
 
 
2018年。
この変容と普遍性への回帰は更に加速すると思います。
石との関わりが、セッションが、そんな変容のサポートになれれば私は嬉しいです。
 
 
 
今こちらでご紹介した石達は、近日中にショップに掲載予定です。
どれもセール対象になりますのでまた覗いて見て下さいね。
 
 
 
菫香
Sanctuary de Shinjyukugyoen
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sanctuary Home Page
Web Shop Celestial Cave
インフォメーションブログ サンクチュアリより。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 







 

このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる