天地のコトワリ その2



おはようございます。
アメブロにも記した通り、近所の河川敷が素晴らしい季節を迎えてウットリと眺めて来ました。
歯医者の帰りだったんですけどね^^;


一昨夜、お風呂で歯磨きしていたら突如ツメモノがポロリと!
翌日はお休みだったので、直ぐに近所の歯医者さんを検索してここがいいかなと思ったところへ駈け込んで。
ついでに諸処治療が必要な個所が発見されたので、これからしばらく通うことになりました。


行かなきゃなぁ・・・と思いつつ、なかなか行かないのが歯医者(笑)
ツメモノの再処理というアッと言う間に終わる事柄によって重い腰を上げさせられるというのは、
何だか連れて来られた感が強いですが^^;




この河川敷を通院できますのでそれを楽しみに頑張ります。 


さて、今日は前回の続きを。
続けるつもりじゃなかったんですけど、あの後信先生とやり取りをするうちにまた思ったことがありまして。

信先生もまた、後日談を書いて下さいました。

【  算命学の自分の宿命と環境が一致したら次どうする?】
http://sanmei-gaku.jugem.jp/?eid=499


分かり易い(笑)


地のコトワリを全うすることで天のコトワリ、魂の宿命へと人生の舵を切るということを書きましたが、
本当にその通りを実践されている。
凄いですよね。

そして、ここで私が使っている地のコトワリ、地の宿命を全うするということについての補足をしたいと思います。
宿命って、変えられるんだなというものです。


前回も書きましたが、私は自分の命式にある欠けている個所を欠点として、ウィークポイントとして扱うか、
逆にそこを開運ポイントとして扱うかで全く道が変わったんだなと気が付きました。
そこで思ったのが、宿命として持つものって単なる資質です。
その資質をどう扱うかで、陰にも陽にも転じさせることが出来るということ。


諸処の鑑定ツールというものは、扱う者の力量、視点、人間性によって言葉に置き換えられます。
占星術でもそうですが、今までのやり方、在り方のみで見ていると欠けやマイナスとしか言われてこなかった部分でも、
魂のレベル、見えない世界までを網羅して考えるとそれが大切な能力だったりもします。


地のコトワリを全うするとは、私の言い方ですが、自身の持つ要素を生かし切って自分の道を歩むことじゃないかなと。


恐らくは、鑑定師の方やこうした世界で働くヒーラー、ワーカーの多くは困難な命式や星回りを
設定して生まれて来ています。
そうやって人生の不条理を体験し、人の悲しみや苦しみに接し、寄り添い理解することを学びます。
そして自分自身を自分が救い、経験してきたことがそのまま他者へ奉仕するためのツールとなって行く。
だから、それまでの時間は、ツールそのものを磨く時間のようなものですね。


そして、これも思ったのですが、
天のコトワリを理解し、その宿命を生きようとなった後も、使うツールそのものは地のコトワリに沿ったものです。

だって地上のコトワリですから、いずれにせよ天命を地上へ降ろす段階へ来た時にも、
地上で体現するするものは自らが持って産まれた資質、つまり地に降ろした自分のコトワリ。
自分のツール、資質を磨くのと、自らの地のコトワリを天のコトワリを顕現させられるものへと
昇華することは同じこと。


本当の意味の自分磨きが、ここにはあると思います。


信先生の言葉を借りると、
” 自分にとってのこれだーっていう物を見つけると魂が輝きだして、そこから色々応援の気を集められます。”

だそうですヨ☆

 

後は、自分がこの人生でどこまで辿り着きたいのか、でしょうか。
地のコトワリを生きればそれで良いのか、天のコトワリ、魂の宿命までをも昇華させられるようにしたいのか。
どっちでもいいんだと思いますし、今はそこまでじゃなくってもやがて、いずれは・・・かも知れない。


まぁ、でも。


いずれにせよ時が来たら押し流されて行くようにも思いますので、
その時のためにも、自分の声、直観を見落とさないよう、見過ごさないようキャッチできるようにしておきたいですね。
自らの内なる声を聞き逃さないでいれば、その時は自ずと分かることでしょう。


私もまだまだです(笑)
模索は続きます。




それでも、どんな境遇、環境下にあっても、魂は自由にさせておきたい。
物理的制限、物質次元の制約、地のコトワリに魂を縛らせておきたくないと思います。


魂の世界から、天のコトワリから自分の持つ資質、宿命を見下ろした時にはきっと、
地上の歩き方が変わるでしょう。
自分の持つ資質への視点、扱い方が真逆になると言ってもいいかも知れない。


地上の歩き方を地のコトワリを生きることによって学び、磨いて、
天のコトワリを地に降ろすために使いこなして行かれる方が増えることを願いたいです。 


私もまだまだ、励みます。




菫香
 
Sanctuary de Shinjyukugyoen
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sanctuary Home Page
 
Web Shop Celestial Cave
 
インフォメーションブログ サンクチュアリより。
http://ameblo.jp/ku-nie/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

シリウスのグランドマザー