魂の救済と牡牛座天王星時代


こんにちは。
気圧の谷間から抜けて清々しい日が続いていますね。
私は風邪をひきましたが、ようやく復活しました。

牡牛座新月と、天王星の入座直前の発熱。
これはもうメタモルフォーゼの兆候でしかないと思って、レイキや何やら。
憑依の気配もありましたし。

最終的に、手放しを様々に経験しました。


不安、コントロール、執着、こうであって欲しい、ああしたい、こうしたい・・・etc...


一旦それらを全て手放して、良い意味での流れを受け入れようと。
大きなシフトの時ですからね。


ドカッと不安が襲って来たりもしましたが、こうして揺さぶられながらまた不要なもの、
古くなったものを脱ぎ捨てるのだろうと。
そうやって今朝の瞑想では、ようやく新しい天王星のエネルギーをインストールできました。
一旦リセットすることでオペレーティングシステムのバージョンアップ、再インストールが起こりました。



前日に感じていたことがありました。
人はなぜ、ここまで魂を眠らせて肉体に埋没させてしまっているのだろうかと。

駅からサロンまでの道のりは、新宿の雑踏です。
たくさんの人とたくさんの音、刺激に溢れています。
私にはこの街の放つ刺激が、魂を眠らせておくためにアストラル的欲求を増長させているものに思えてなりません。


テレビも然り、インターネットも然り。
低位自我の欲求に目を向けさせておくことで、魂の目覚めを阻害するものばかり。


それでも、どこか深いところで沸き起こる魂の欲求を感知する人もいますし、
全く気が付かない人もいる。


私はウスイレイキのアチューンメントを大切な仕事と位置付けていますが、
魂の声、欲求、その放つ光を感知しようとする人にとってはレイキはとても役に立ちます。
最終的に魂の光からの奉仕、ヒーリングを行う方向へと、自らを育てていく土台になり得るものです。

しかしそれも、気づいている人ならそのような動きが起こるというものであって、
レイキを単なるハンドヒーリングとして位置付けているだけだったり、
はたまた魂の声やその光を感知しようという意図がなければそのようにはなりません。


そしてこの時節がやって来ました。
牡牛座という超物質的なフィールドを管轄する領域に、天王星が入座するという時間。
これを豊かさの改革と位置付けている占星術家が大勢見受けられます。


それはそうなのですが、云い方、云い回しには注意が必要だと思っています。
12星座を役7年スパンで周回する天王星、それぞれの座に来るのは84年毎になります。
84年ぶりの時間に、この時代に、ますます物質的形態へ意識を固定させて、
魂を埋没させるような方向性は違うはず。


逆なのですよね。


この時代、この時間だからこそ、私たちは物質形態に埋没している魂の光を掬い上げて、
物質創造の主へと引き上げる時間にするべきじゃないかと。
ホワイトマジックの発動の時間なのですね。


魂を語る占星術師の皆様には是非、秘教をお勉強なさってから発言していただきたいです。
じゃないと誤解を生む可能性があると思います。
ますます物質次元へ意識を固定させるようなことになるのはこの時代絶対に違うはずです。


創造の時間の始まりです。
本来ならば私たちはここまでの7年、牡羊座天王星時代に魂を目覚めさせて来たはずで、
ここからはその魂の自律的発動による現実創造の時間を生きることになります。


そんなことを考えていたら、今朝の電車で読んでいたホワイトマジックからこんな説が飛び込んで来ました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤い欲望の道は衰え、その魅力を失う。もはや神の子らの遊び場に心を動かされることはない。
外側の形態の世界から二度発せられた声が、今度はハートの内で響く。
挑戦の機会が訪れる。
「 汝自身の価値を示しなさい。汝のひたむきな目的であるオレンジ色の玉を自分のものにしなさい。」と。

響く言葉に反応して、形態内に沈んでいた生き生きとした魂が多くの形態から現れ、
その上昇の道を切り開く。
破壊者の道が訪れ、形態を作ってはまた引き裂く。破壊された形態には満足させるだけの力はない。
魂自身の形態が今、最大の欲望であり、かくしてマインドの遊び場へと入ることになる。


ホワイトマジック(下)P.178 より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここには象徴的な形で、人間の人生と進歩が描かれており、形態をまとい、創造的な仕事の特徴である
建設過程を通して成長する生命が描写されている。


全ての形態は、創造者が発する生命の衝動的な閃光によって建設され、付着の法則ーーー
生命の法則である引力の法則の一様相ーーー のもとで段階を経て成長する。
この法則は原因結果の法則とお互いに協力しあって作用する。
原因結果の法則は、私達も知っているように、物質を支配する法則である。
原因、引力つまり欲望、付着、結果 ーーー この四つの言葉は、どのような想念形態であれ、
その建設を支配している。
その想念形態が完全な実在になるとき、それは組織化された原因の力のんもとで付着によって建設された結果としてそのようになるのである。


ホワイトマジック(下) p.180 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おー、何ともタイムリー。
人間の成長の過程、その最中に私達は立っているのだと。
そして星の運行はそこに大きく影響を与えてくれている、ということでしょう。


魂の旅は、それぞれに。


創造のホワイトマジックを発動させる時とは、魂からの生き方、人生を生きる時間を始めると言うことでもあります。
牡牛座天王星の時代にはもう、これは何としてもやりたいこと。

しかしそのためには、魂が起きて来なくてはならない。
目覚めていなければならない。
肉体に埋没する魂意識を活性化させなければならない。


あぁ、私はそれをやりたいんだ。

そう強く感じます。

多くの人が、そんな魂の活力を取り戻すお手伝いをしたいのだと。


救済・・・と言っては大げさかもだけど、それでも、


セッションでお見受けする古い古い魂の傷、はたまた古いレイヤーにそのまま取り残して来たような
たましいの意識のカケラ。


そんなカケラや傷をケアするのは、私の仕事だなぁと。
玉堂星破格の究極のお仕事(笑)



そして、面白い現象も目にしました。
今迄とは逆のパターン、現実の生き方を変えることで、過去の書き換えや癒しが発動するという事象もセッションを通じて目にしています。

現実を生きることによって天王星を稼働させるんですね。
これも牡牛座天王星時代の一つの癒しのやり方になりそうです。


天王星が霊的な世界から物質世界を貫通する感じ。
だから嘘がつけない時代になるとか言われているんでしょうね。


物質形態への埋没と魂と、はたまた物質形態から魂の記憶の昇華へ。
それが分かっていれば、この牡牛座天王星の時間は使い方によってはとても面白い時間に出来そうです。
はたまた、今を生きること、出来ること、やりたかったことを精一杯こなすことで、
過去のカルマがクリアできる時代が来たのかも知れません。


だったら猶更、魂を目覚めさせて行きたいものですよね。
スピリチュアリティがそのまま生き方になる時代です。


先日のセッションにお越し下さった方に私は、何となくですが、
これからヒーラーという職業は減って行くだろうとお話ししていました。
その時はなんとなく・・・だったのですが、今こうして書き綴っていて思ったのが、
職業ヒーラーという括りがなくなって、生き方そのものがヒーラーである人が増えて、
スピリチュアリティの枠も消えて、誰もが魂意識そのもので生きる時代がやって来るということだろうと。




ここからの7年間で、その辺りがどこまで進むのでしょうね。
自分のフィールド、職業が衰退するために仕事に励むという何だかおかしな現象になって行きそうですが(笑)





きっと、その時が来たらまた軽やかに手放すのでしょう。
そうあれるように日々精進ですね。



菫香
 
Sanctuary de Shinjyukugyoen
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sanctuary Home Page
 Web Shop Celestial Cave
 
インフォメーションブログ サンクチュアリより。
http://ameblo.jp/ku-nie/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

このブログの人気の投稿

仕入裏話・石たちの事情

神の火 ・・・創世の炎・・・

虚構を生きる・愛を生きる