投稿

2015の投稿を表示しています

トートの光とメタトロン多次元体

イメージ
少し冷え込みましたでしょうか。
我が家も大掃除が終わって、ようやく年末らしさが少し出て来ました。
ショップの配送も年明けに指定してくださる方ばかりなので、慌てずに出来るのが有り難いです(笑)
昨日、少しですが新商品をアップしました。こんな手のひらサイズのラピスピラミッドなども。



セイキムセミナーの後にラピスのピラミッドだなんて・・・と思いつつ。


そして今朝になって、瞑想が素晴らしく深くて大きなエナジーに包まれて行きました。
セイキムのエナジー、ALL LOVE のエナジーに包まれて行くと、意識が遠く深い場所へと送られて行きます。
このエナジーから創造される世界が、きっと来年の核になってくれるのだろうなと思っていると、


あ、トートだ。。。


強烈なエナジーが、アンターカラナを通じて降りて来ます。
昔は同じエナジーに支配性や黒さを強烈に感じていたのですが、
同じと言って良いのか分からないくらい、白い光になって。
でも強烈さは変わらないのですよ。


白トート。
まるで、アトランティスからエジプト、そして現代へと続く創造の布石を、白く塗り替えるようにと言わんばかりのエナジー。
そして私は、この白トートにメタトロンを感じています。
黒・グレーだった頃のトートからも同じようなことを感じていたのですが、白くなって余計に。
根拠も何もないのですが、メタトロンとトート、どちらからも受け取る感覚が同じで、
どちらとも個人的には深い魂の結びつきを感じますし、トートもメタトロンも、この次元での具現化、
創造のエナジーだと思うのです。


トートからメタトロンを思い出すと、瞑想中のエナジーフィールドがメタトロン立方体を形作っていることに気が付きました。
中心のマカバはハートにあって、キラキラクルクルと輝きます。


あぁ、そうか。。。 と。


メタトロン立方体はきっとこの、私達の多次元的エナジーフィールドを模したものなのだろう。
そう思いました。
だからきっと、メタトロンキューブはシンボルのようにして見たりイラストにしたりするだけでも、
エナジーが活性化されると言われるのではないかと。


だって、多次元的な私達自身の姿なのですから。



年末の朝にそんな気づきを降ろしてくれたこのエナジーは、
ALL LOVE のエナジーを伝えてくれるシリウス・アルクトゥルスの連携。
やはりちょっと、シリウス星系のエナジーだ…

トートの光、イシスの愛

イメージ
前回の記事で壮大な前振りをしてしまっていたセイキムセミナー、後半が終わりました。
私の言葉ではとても薄っぺらな表現になってしまう恐れがあるのですが、素晴らしいものでした。


今までのウスイ・カルナ・ライタリアン それぞれの特色や周波数を体感、体得したからこその、
このセイキムエナジーの独特さと超越性。
段階を経て行かないとここにはたどり着けないだろうというのが良く分かります。
それまでのエナジーとの格段に違う周波数の高さを、受け取れたことだけでも喜びです。

アチューンメントの直前にはカレッジ以来の宇宙船の姿も。 この日は鮮やかにクッキリと写真に収めさせてくれました。 セイキムの特徴なのだろうと思うのですが、このエナジーはとても多層的多次元的なセルフ意識と、 ハートの多層的な側面までも響くのですね。 瞑想から意識を戻してみると、何だか現実を見ている映像が2重にダブっているようでした。 私のエネルギー体自身も2重になっているように感じられて、まるでタッパーウェアを重ねた時のよう。 同じサイズと形のものが、少しだけズレて重なっているようでした。 これは何だろう? 何が起きたんだろう? と思ってふと気が付いたのですが、 どうやら私自身の高次元の自己、オーヴァーソウルと、今ここにいる自己のセルフとが ピッタリと重なり合うようにして統合を果たしていたのだと思われます。 しばらくするとタッパーが重なっているようなダブり感やズレは解消されていきました。 そんな前段階の瞑想だけでも凄いことが起きていると感じていましたが、 このアチューンメントで起こったことにはもう・・・ (笑) 何度も書きますが、セイキムレイキはエジプトとの関連性がとても深いのですよね。 何と言っても、ギザのピラミッド玄室で降ろされたエナジーが発祥なのですから。 だからなのか、エジプト、シリウスの古いエナジーが、アルク意識によって新たに刷新されるような気がしたのです。 アチューンメントの冒頭句に、「 トートの癒し、イシスの愛 」 という言葉がありました。 テキストには一切乗っていなかったトートという名前が、ここで初めて顕れて。 私はここに敏感に反応しました。 トートと言えば、エジプト、更にはアトランティスを管轄した強い男性性のエナジーです。 私自身とても関わりが深くて、初めて邂逅した時の恐ろしかったことと言ったら! …

銀河の光とシリウスの葛藤を超えて

イメージ
今日で私は今年のセッションワークが終わりました。
あとは明日のセイキムセミナーと、ショップの配送です。


セイキムレイキのセミナーは、前半が先週終わって明日が後半です。
ALL LOVE のエナジーに包まれる瞑想は、今までにないほどのチャージになってくれています。



セイキムのエナジーにAmariさんはアルクトゥルスを感じると仰っていましたが、
私にもそれがだんだんと理解できるものになってきました。
シリウスやプレアデス、オリオン星系とはちょっと違った意識のシステムと言った感じで捉えていて、
明日がまた楽しみなのです。



星系のエナジーと言えば、先日公開されたスターウォーズⅦを観て来ました。
オリオン大戦がテーマになっているこの映画、それが自分の魂の系譜に大きく関連するドラマだとは露知らずの頃から、
旦那が大ファンだったので全く興味がなかったのに全部見ています。
冒頭の星々の中を高速で移動しているようなシーンは、見覚えがある・・・と言うか、懐かしいものを覚えますね。
そして宇宙船同士の戦闘シーンなども、あぁ、あれは本当はドラゴンに乗って戦っていたんだよなとか(笑)



ただ、今回に限っては何というか・・・



・・・ここからは、ネタバレや批評をされたくない方はスルーして下さいね。


何とも言えない軽さを感じました。
失礼を承知で書きますが、スカスカ、空っぽな軽さなのですよね。


観ている途中から、ただただ戦闘映像シーンが凄いのは分かるのですが、
今更光と闇の対立と、一方のみが正義だと言う時代設定を見せられてもピンと来ないなと思ったのです。
帝国軍の核兵器のような凄い兵器が出て来るシーンも、とてもファシスト的、一神教的な描き方をしているのですが、
それがどうにもおもちゃっぽい。


もうね、こういう対立の構図自体が時代に合ってないんじゃないかと思ってしまったのです。
スターウォーズが初めて公開された頃は恐らく冷戦や、核開発の真っ只中だったと思います。
しかしもう、あの頃の時代感覚で対立の構図を描かれても私達のリアリティじゃないんでしょうね。

この先もストーリーが展開されて行くのだとしたら、光と闇の統合を目指す方向に持って行って
いただきたいものだと思います。


そして、帝国軍でオリオン的な恐怖と従属の世界を描いていて、ジェダイの騎士でシリウス的規律、
戒律に厳格な世界を描いていると私は受…

ワークショップ御礼&ショップセールのお知らせ

イメージ
ワークショップ 2Days ご参加下さった皆様ありがとうございました♡
今日はまた大きなエネルギーの動きがあったように感じました。


ワークショップで精油とワークすることはまさに植物のスピリットと対峙することになるのだと、いつも感じます。
精錬された植物のスピリットである精油が、植物のディーヴァ界へ繋いでくれるように思うのです。
正確に言うと、植物のディーバ界が私達のすぐ近くまで降りてきてくれるような感覚です。
そんなエナジーを受け取りながら生まれたスプレー達が、来年のサポートになってくれたら嬉しいです。


ワークショップ参加中のケケをご参加の方が撮ってくれました。 動物界からのサポートもあったということで(笑) 2日間の日程を終えたらとてもホッとしました。 クリスマスや満月というイベントめいた高揚感が落ち着いたのでしょう。 ようやく仕事が片付く雰囲気になって来ています。 そこで、遅ればせながらですがショップも最終セールで年末を迎えようと思います。 全商品一律15%オフ  クレジット使用の場合は一律5%オフです。 受注確認メールにて正式な金額をお知らせします。 明日27日未明~31日まで有効ですので、どうぞご利用下さい。 ザワついた気配に、自分の受け取っている直観を文章にまとめられておらず、 今日のところはお知らせとお礼まで。 董香@sancutary
aseedofsanctuary@gmail.com

 Web Shop Celestial Cave
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page
http://www.jardindesarchangegabriel.com/

facebook
https://www.facebook.com/tomoko.kunieda.10

Merry Christmas☆

イメージ
師走って・・・
何でこんなに忙しなくなるのでしょうか?
個人事業主は12月決算だとか、勘弁して欲しいのですが・・・。


そんな中、今日はエリクサースプレーワークショップの一日目でした。

いただいたお花が入ると絵が映えますね。  今日は少人数で開催できたので、お一人ずつの精油選びにじっくり時間を取れたし、
精油の持つメタフィジカルな要素をしっかりお話できたかなと思います。
精油のメタフィジカルな側面は文献が少ないので、こうして気軽に知る機会を設けられるのは私も楽しいひと時です。


楽しいんですよ、精油のお話をしている時って。
薬理的作用とメタフィジ的作用とがあるので、石とはまた違った面白さがあります。
よく喋ったな~という感じです。

スプレーの作り方と、精油のメタフィジ的要素を知っていただけるので自分でアレンジして出来るようになりますし、
自分で言うのもナンですがかなりお得なワークショップだと思います。
加えて鉱脈や植物のディーバ界と繋がる瞑想もナビゲートしますし。


精油が産地をとても重要視する様に、鉱物の鉱脈との繋がりを大切に考えるのは重要なことだなと思います。
明日ご参加の皆様も、ご自分が鉱脈と繋がりたいクリスタルをお連れ下さいね。
お伝えそびれていました^^;


ワークショップは数をこなしているので慣れて来たんですけど、今回は前よりもずっと、
精油のメタフィジ的プロフィールの紹介に時間を割きました。
楽しんでいただけたご様子で良かったです。


精油のセレクトによって、一人ずつ全く違うエナジーのブレンドが出来上がります。
香りも勿論、それぞれに違っていて。


それぞれに出来上がったスプレーのエナジーを感じてチャージをしていると、
その方へのメッセージと来年の方向性が見えて来ます。
どこからの情報だろうと思ったのですが、どうやらその方への高次元のサポートからのメッセージなのですよね。
上の方々が、その方に必要なエナジーを精油のブレンドとして現象化させているのです。
勿論それもリーディングしてお伝えしました。




来年のエナジーを瞑想中に感じていたのですが、飛躍、飛翔する方が増えそうだなと思います。
それは勿論、魂の望む生き方へと舵を切るという選択をした人のことですね。
いよいよ動き出す。いや、動かざるを得ない。 そんなタイミングなのでしょう。
もう迷ったり、自身の抱える過去…

能動的人生の歩み方

イメージ
Celestial Cave ワイヤー作品をアップしました。


アースストーンのご紹介です。今年新たに発見された14番目のグランド・フォーメーションストーン。
通常の石と比較すると数倍のヒーリングエナジーとパワー、形而上学的な情報量の多さに驚きました。
アースラブワークス塩原さんの手磨きによるノンスタビュライズ加工。


ワイヤーも石に合わせてピンクゴールドを使用してみました。
初の試みですが、銅が成分として大きな意味合いを占めるアースストーンですから、
銅の入ったピンクゴールドワイヤーの方が波動が合うのではと思います。

http://www.celestialcave.com/?pid=96844010




そして、ヴィーナスのような美しいクリソラ。
こちらもアースラブワークス塩原さんの手磨きによるノンスタビュライズ加工です。 
側面は少しジェムシリカになりかけていて、海の水面のように美しいです。

http://www.celestialcave.com/?pid=96768613



昨日は、遠く石川県からのお客様をお迎えしました。
東京にお住まいだった頃に通って下さっていた方で、ご家庭の都合で地元へお戻りになってからも
スカイプセッションや遠隔ヒーリングをご利用下さっていたのですが、お会いするのは本当にお久しぶりでした。


メニューをとても迷われたのですが、空海ワークをすることに。
これで空海ワークは、遠隔、対面、スカイプと全てのパターンを実施できましたが、
どれもエナジーの動きとしては変わりがありませんでした。
それよりも大切なのは、ご本人がこのワークを受けることをご自身で決めて、
意図してお申込みいただくことなのだなと強く感じます。


このワークに限らずエナジーワークと言うものは殊更、本人が意図してお申込みいただくことで、
ご本人の高次意識と供給側、こちらのエナジーとが連携して作用するものなのだろうと。


なので、今までの私でしたら迷われている方にはこちらから提案したり、リーディングを行って
こうしましょうと方向づけもお手伝いするようなことをしていたのですが、
今後は提案したとしても、最後の決断は、ご本人にお任せしようと思います。


それが、エナジーが動くためにも、ワークが効果的に行われるためにも最善だと思います。
私の力量や能力よりももっとずっと大切なのはご本人の意図、思いで…

エリクサー水と精油のスプレーワークショップ日程追加&チベタン復活と鉱物界ワークの追加

イメージ
暖かな日が続きますね。 師走らしい空気感も感じますが。



ショップの方にはちょこちょこと、新商品を載せています。
カバンサイトのワイヤー作品も出来上がりましたのでアップ済み。
ワイヤーはこれからあと少し、ご紹介の予定です。

http://www.celestialcave.com

ロシア・ダルネゴルスク水晶も掲載しました。
http://www.celestialcave.com/?pid=96608423



こういう渋い石はかなり好みです。 背面から底辺にかけてビッシリとセルフヒールドも発見しちゃいました。
ロシレムに代表されるようにロシアっ娘は味わい深くて、潜在意識への強い働きかけを感じます。
鉱脈の精霊からの声もそんな感じでしたし、意識レベルの地殻変動を担当する石たちが多いのかな。

これからはキラキラ系の石だけじゃなくてこういう渋いコ達も、やっぱり好きだからショップで紹介して行きたいです。


そして先日の記事で感想を書いた通り、鉱脈の精霊に繋がるワークはとても意義のあるものになりました。
繋がる先が正しいのか、自分の得た情報が信頼に足るものなのかという疑念が払拭されたのは大きいですね。

そこで、商品の発送時にふと思いついて、いつもお買い上げ下さる方へその石の鉱脈からのメッセージを沿えて送り出したら、とても素敵なご感想をいただきました。

『 魂のルーツ、私が探していたものだなぁ、なんでそのこと知ってるの? って思いました。
  自分自身を思い出す、知ることを求めて様々な勉強をしているのでしょうね。
  でもクリスタルって、距離や時間に関係なく、人のスピリットにダイレクトにアクセスできてしまうんだなぁ。
  私もクリスタルの聡明さに触れていきたいです! 』


うんうん、M様ありがとうございました^^




石とお話が出来るなんてすごいってたまにご感想をいただきますが、本当はきっと、誰にでも出来ることです。
私達の魂は、鉱物界~植物界~動物界を経て人間へと成長しているんですから。

その人間への最終進化がとても大きな変容で、鉱物~動物へと進化した魂が最終的に宇宙的愛の意識と統合されて、
人間の魂が完成するのだそう。
キリストの顕現とは、動物的意識が神の愛、宇宙の魂に出会う段階を言うのではないかと思います。
だから人間は、鉱物の意識をくみ取ることも出来れば、宇宙の意識にだって繋がるこ…

鉱脈の精霊たち

イメージ
今朝の仕入れ便で届いたロシア・ダルネゴルスク水晶。
ウラルの石らしい味わい深さと手に馴染む大きさでワークに良さそう。 乙ないい石です。
近くショップにアップ予定ですが、手元に置こうかとちょっと迷ってみたり。。。




今朝は、この石の鉱脈と繋がって対話をしていました。


鉱脈と繋がる・・・ そんなことが可能だとはつい最近まで思ってみなかったけれど、
昨日、カーサロータス・たんたん先生の鉱物術教室へ参加して、これは誰にでも出来ることなんだと実感した次第。


クリスタルのリーディング、対話、チャネリングは偶発的に始まって、セッションとしても提供して来ていたのだけれど、
鉱脈との繋がりまでは意識していなかったし、対話の方法を教えてほしいと言われても教え方が分からなかったから、
これはいい機会と思って参加してみました。


クリスタルとの対話は、石好きにはたまらないテーマ。
講座ではまず、インナーセルフ、ハイアーセルフとの縦軸の繋がりを確立した上で鉱物との対話が始まります。

このインナーセルフとハイアーセルフとの繋がりが大切なんだな。
多分なんだけどこれって、神智学で言うところの魂の整列の第一歩、初めの一歩なんじゃないかと思ってみる。
魂の縦軸を上へと伸ばし、モナド意識へと繋がるためには自身の内なる意識がクリアになって、
ハイアーセルフとの繋がりが出来ないことには不可能なのだろう。


この時点で既にとても興味深い情報がハイアーセルフから降ろされたのだけれどここでは割愛。
そしていよいよ鉱物との対話へと意識を向けて行く。


まずはたんたん先生の用意してくれていたグランドフォーメーションストーンから一つを選んでワークを実践。
私は大好きなネフライトクォーツで。
ネフライトと水晶が入り混じった何とも渋い石なんだけど、
スーパーセブンやブッケンハウトジャスパーなど、メロディさんの示すグランドフォーメーションストーンの中で
どれよりも好きかも。。。 ツーソンショーでもお宝をゲットしているし。


・・・そうして繋がった鉱脈の奥には、形而上学的な精霊の世界が広がっていた。
伝わってくる情報のボリュームと質に圧倒され、石の意識の世界に沈み込むかのように浸り込んで行く。
なぜ、この石を今手に取ったのか、そこから与えられる情報は、今の私が知りたいと望んでいたレムリア時代からの
魂の進化成長の壮大な叙事詩で、鉱…

新月に寄せて&新ワークご案内

イメージ
今シーズン初のフィギュアスケート、グランプリファイナルを見ています。
羽生選手の異次元っぷりに感動と言うか、清々しさを覚えますね。
アスリートとしての意識の高さが本当に凄い。まだ21歳だと言うのに。。。
ショパンのバラード第1番。 こんな情緒的な音楽を、物語もなく技術と音楽性だけで表現してしまうのですね。

最近、こういう若くして既に完成された魂に触れる機会がちょくちょくとあって、
もう私達の世代とは違う魂の世代が世に出てきているんなんだなと感じます。


そして新月の今宵。
なんだか変です。
新たな次元の扉が開くような。。。


新月は月の影響がミニマムになるため、宇宙そのもの、惑星からのエナジーや宇宙からの意識が届き易い晩になるのでしょう。
私は既にワインで酔っ払っていますけどね。。。


先日、アリス・ベイリーの秘境占星術をようやく開いたところ、この月に関して興味深い記述がありました。
抜粋すると、


『 月の影響力はその性質と効果において純粋に象徴的なものであり、(レムリア時代に由来する)太古の想念と教えの結果にすぎず、真の放射つまり影響力に基づいたものではない。
レムリア時代にまで遡り、その時代においてさえ古代の伝統になっていた非常に遠い昔において、
月は生き生きとした活発な実在のように思われた。
しかし、今日では月は死んだ形態以外の何ものでもないということを、はっきりと心に留めてほしい。
それはどのような種類の発散も放射もしていない。そのため、どのような影響力もない。
月は秘境的な識者の観点から見れば、空間の邪魔者、" いずれ消え去らなければならない望ましくない形態"  でしかない。
秘境占星術において、月の影響は、想念の影響、強力な最も古い想念形態の結果と述べられているが、月そのものには特質はなく、地球に何も伝導することができない。 』


だそうです!
新月、満月をスピリチュアルな世界ではとても重要視する傾向があるから、この記述にはちょっと驚きました。
つまり、私達が月の影響だと思っているのは想念形態が持ち越しているグラマーなのだろうと思われます。
女性の身体のリズムや潮の満ち引きが月の引力に影響されているため、ついついそう感じてしまうのですが、
それすら私達のもつ想念が抱く幻想、グラマーなのかも知れません。

今宵の新月はまた一つ、人の意識が脱皮…

存在の先の世界

イメージ
ものごとを知るには、理性によって分析して知る、いわゆる分析知があります。
いわゆる科学的な知です。
もう一つの知は、理性でとらえることのできない全体知です。総合知といってもよいでしょう。
ものごとが相互にかかわりあいながら存在する関係についての知のことです。


松長有慶著 『 空海 般若心経の秘密を読み解く 』 より。


この言葉を、エネルギーで体験する機会に恵まれた。
いつもお世話になっているUnicaさんでの、アーティスト シド・マリークラークさんのエキシビション。
http://unica.link/events-news/exhibition/1332



シドさんの個展は、いつも気になりつつも扉を開く勇気がなかったのだな。
でも久しぶりの東京開催に、思い切って足を運んでみる。

何かどこかで、分かっていたんだと思う。
感じてしまう、受け取ってしまうことで自己の価値観がガラリと変わってしまうことを。


スペースに一歩、足を踏み入れただけでそれは始まってしまった。
宇宙講座や石塾と、同じ場所でいつも開催されている講座とは全く違った次元空間が出来ている。


エネルギーが降りて来る。
どの絵から・・・ということではなくて、ここの場所、空間全体が共鳴している。
脳下垂体が激しく反応して、それはまるで情報をインストールしているかのよう。


理解・・・という言葉の先を行く世界が、そこにはあった。


冒頭の松長有慶さん著の、こんな下りが頭を過ぎる。

『 私達に 「分かる」という頭脳の動きが起こる場合には、ものを仕分けることから始まります。
目の前に動くものがあります。 動と静を分けて、これは動くから動物だ、と他の静物から除外し仕分けます。
次に大きいから、蚤や犬や小鳥ではない、と分別して、長い鼻があり、耳も大きい、足が四本ある、色はグレイ。
という特徴を、他のものを少しずつ比べて分けて考えてみて、最後にそれが象だということが分かります。 』


この前日にもミネショの会場で私はこれをやっていたなと思い出す。
これがなんの石か、色は何色で、どこから来たのか、何という名前がついていて、金額がいくらなのか。
そう、私達はこうして、形而上的なモノゴトの視方をあっという間に忘れて、分離を繰り返すことで頭が理解しようとする。
Understand とはまさにこれで、モノゴトを自己の管理下、統制下に置くこ…

Shop 情報更新 & 久々に石の話など。

イメージ
Celestial Cave 新商品です。
ミュンヘンショーからの新着、その他数点アップしています。
http://www.celestialcave.com/





アクアオーラも掲載しました。
http://www.celestialcave.com/?pid=96243944


アクアオーラ、私自身はお世話になった石なのにご紹介する気にはあまりなれずにいたのですが、
仕入れ先でその美しさに驚いて連れて帰ることにしました。
以前のアクアオーラよりも蒸着技術が上がったのか使う鉱物の質が良くなったのか、とてもキレイになりましたね!

ショップ内でも書きましたがそれはきっと、石の持つ意味合い、そして人の意識次元が変わったということでしょう。
石の意味やエネルギーも、その時代の人の持つ意識状態によって引き出される次元、側面が変わって行くんじゃないかと私は考えています。
新種の鉱物が見つかるのはその良い例ですが、こうした加工技術の進歩によってそれを見せてくれる石もあるのだと思います。


そして昨日から池袋ミネラルショーが始まりましたね。
私も昨日行って来ました。


久しぶりの池袋ショーは、コンパクトな新宿ショーと違ってちょっとツーソンを思い出させてくれました。
ミュンヘンからの仕入れ品が多かったのかな?


予算が途切れても、それぞれの出展ブースを巡るのは興味深いことです。
今、この時にこの日本にどんな石がどんな意思を持ってやって来るのか・・・なんて考えを巡らせながら見て回ると、
次第に今のエネルギー、そして来年のエネルギーが見えて来るように思いました。



そして、今回のショーで一番のお目当てだったのは、秋に初めて出会って衝撃を受けた
あのセンティエント・プラズマ・クリスタル。




う~ん、やはり凄い。
このシャープなリッジと透明感。 次世代クリスタルと呼んでもいいんじゃないかと思ってます。

コロンビアの枯渇したエメラルド鉱山のもっと標高が高く、採掘がとても大変な高所で掘られるのですが、
実はこのクリスタル、まだ正式名称がないそうです。
センティエント・プラズマ・クリスタルと言うのは商標ではないのかしら。
私の友人たちの間では、デヴィッド・ガイガーさんが世に出しているのでガイガー石なんて呼んでいます(笑)


私はシャンバラ・クリスタルでもいいんじゃないかと・・・ 
だって、12次元に繋がるとされて…

諏訪創世の物語 その2 & 新ワークご案内

イメージ
寒い冬の日ですね。
こんな白い冬の空も、シリウス的だなと思うと以前ほどキライじゃないかな。。。


さて、今日はまず新ワークをリリースしました。
ホームページにも新たにページを作りましたのでお披露目です。


【プリズム・オブ・シャンバラ】
http://www.jardindesarchangegabriel.com/#!prism-of-shamballa/cp5

シャンバラ・マスターとの連携による癒しと浄化、活性のワークです。
マスター・空海のエナジーが、シャンバラ意識次元との繋がりを強化する働きかけをしてくれます。
高野山の旅から後に、様々な場面で受け取ったエナジーがこのようなカタチになりました。

プリズム・オブ・リラみたいなネーミングになってしまいましたがこれは、友人のモニタリングを重ねる中で、
空海のエナジーのみならず縁のある様々なマスター意識固有のプリズム(光線)が顕れて、
ワークを行ってくれるように見えたところに由来しています。


ワーク紹介ページの序文です。

2015年秋、初めて訪れた高野山にて、空海のエナジーに触れる体験が起こりました。 一瞬にして私は空海という人物、そして今なお高野山に宿るエナジーを、マスター意識のエナジーだと理解しました。 マスター・空海は、他のシャンバラマスターと同じく人々の覚醒・気づきを見守る存在だと感じます。 どんなに回り道をしても、道を誤ったと思っても、私達が自分で気づき、失敗や間違いから学び、光を向いて歩みを進めようとする姿勢を温かく大きな懐で受け止め、見守ってくれています。 過去にどのような縁があったのかは不明ですが、私にとってはマスター・空海のエナジーとの邂逅は、 シャンバラエナジーとの繋がりをより強く太く、密接にしてくれたものになりましたが、 同じくして日本人なら誰しも弘法大師空海という存在との霊的な縁を持つのではないかと感じます。 そのため、マスター・空海によるシャンバラとの連携を強化するワークとしてリリースすることにいたしました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワーク構築の過程は、本当に貴重な体験でした。これからも大切に育てて行きたいワークです。
是非ご利用下さいね。
http://www.jardindesarchangegabriel.com/





そして、諏訪記の続きです。
写真…

諏訪創世の物語 その1

イメージ
師走に入りましたね。 11月があまりに濃密で、意識の変遷だけで見るととてもひと月のうちに起こったこととは思えないのに、 一方では一年が経つのがとても早く感じていたり。 意識と時間の密度とバランスはますます相対的な世界になって来ているようですね。 サロンも今日から少しだけクリスマス仕様。     マリア意識と白いバラは最近私のブーム。豊穣と性の意味合いを含む果実とともに、 セクシャリティと第2チャクラのテーマにアンドロ意識によるワークが形になりかけています。 男性的な空海ワークと対を成すかのように、女性性への働きかけも動き出しそうな気配。 クリスマスワークショップもあります。 アロマスプレーを造りますよ。 クリスマスの香りも入れましょうね。 http://seedofsanctuary.blogspot.jp/2015/11/christmas-work-shop.html ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そして、ようやく諏訪記ですね。 ツアーはいつも通り、上社前宮から始めます。 紅葉の終わる時。   水眼の泉はまだ凍っていない。 上社前宮、本殿への坂道から見る私の好きな風景。  縄文時代はこの辺りまで諏訪湖の水が満ちていた。 諏訪大社は4社それぞれにエナジーが全く違うけれど、特にこの前宮は独特の雰囲気を保っていて、最も古代祭祀の色を持っている。 繋がる方も古い神様なのだが、この日はいつもとはまた違う情報が降りて来た。 それは、とても宇宙的な内容で。 争いを逃れてこの地へ入って来た建御名方神と守屋氏との攻防以前の諏訪のこと。 超古代宇宙から続くエナジーの錯綜が、その後のこの諏訪の地の在り方を造って行ったそう。 前宮でのメッセージとヴィジョンには、さもありなんと納得。 宇宙意識が強く介在したレムリアやアトランティスと言った、古代創世の物語を自身の魂の記憶として紐解いた後なのだから。 ましてこんなに縁の深い土地。  古代宇宙的エナジーに触れることになってもおかしくはない。 本殿から下る坂道の途中には、ミシャクジ神を祀る祠がある。 ミシャクジ神とは何か? を、私の見る、触れる、繋がるエナジーとしてご参加の方に解釈をしていると、 ふと気が付いてしまった。 諏訪の地での攻防、宇宙意識レベルでの攻防の、犠牲になったスピリット達がいたことを。 後から辿り着いたシリウス意識…

Christmas Work Shop ☆ アロマスプレーと鉱物界&植物界への誘い

イメージ
突然ひらめいたので、突然の告知です。
久しぶりにアロマスプレーワークショップ開催します。

クリスマスの12月25日、午後13時より。 費用お一人6000円 


ピンクメタモとMGMクォーツでエリクサー水が出来ていますので、エッセンシャルオイルをご自分でブレンドしてオリジナルスプレーを造ります。

ブレンドのバランス、オイルの選び方をナビゲートしながら、ご自分のフィーリングでオイルを選んでください。
クリスマス仕様のブレンドもご案内します。


出来上がったスプレーで後半は瞑想会。
植物界への誘いとエリクサーによる鉱物界への誘いをナビゲートします。


今朝、このコ達からインスピレーションを受け取りました。




これでケケが参加したら動物界からのエナジーも入りますね(笑)

クリスマスの愛溢れるエナジーの中、そんな精霊界、Deva界と繋がってみませんか?
お申込みはメールでお願いいたします。

aseedofsanctuary@gmail.com

今までのアドレスと違いますのでご容赦を。 
旧メールアドレスに送っていただいてもまだ大丈夫です。


お申込みお待ちしております☆

董香@sanctuary

Web Shop Celestial Cave
http://www.celestialcave.com

Sanctuary Home Page 修正終わりました☆
http://www.jardindesarchangegabriel.com/

ショップ更新と諏訪創世の物語

イメージ
おはようございます。
様々に、反響、反応ありがとうございました。

友人たちには、董香という名前が物足りなかったみたい(笑)
高次元の私、上の存在の姿を知っている友人に言わせると、おチャッピー董香が似合うそうです。
どうやら上での私は相当お転婆でおしゃべりなのですね。。。


さて、まずは、ショップを久しぶりに更新できました。
http://www.celestialcave.com/



伊勢神宮での旅で神宮杉のビーズを仕入れることが出来て、ブレスレットがいくつか出来ました。
こちらはメタモルフォーシスとのコンビネーション。 ピンクメタモとの組み合わせもあります。

光と変容。 気に入っています。 どうぞご覧くださいね。
http://www.celestialcave.com/?pid=96008634


もう一点、気に入っているのは糸魚川のラベンダー翡翠



ラベンダー部分がキラキラと輝きます。 手触りもいいですね。
http://www.celestialcave.com/?pid=96000790


その他数点、アップしています。 ぜひご覧ください。
http://www.celestialcave.com/


・・・・・・・・




そして、諏訪のお話を。
そもそも・・・なところから書こうとするととても冗長なことになってしまうのだけれど、
毎年諏訪へ行くようになって、都度行うことが変化、それもより深い部分へと掘り下げて行くような流れが続いていて、
気が付くと3年目。


最初のとっかかりは、武田と諏訪の遺恨を紐解くことからだったのだけれど・・・
次第にそれは、より古く霊的な部分へのアプローチへと変化して行ったように思う。


そして、諏訪湖と言えば龍神や、自然霊の精霊たちの世界。
ミシャクジ神とは、そんな精霊を束にしたような存在だと感じていて、今回は諏訪大社よりも湖そのものにフォーカスしたくて、湖上を周遊する遊覧船ツアーを組んでみた。


湖上に出ること。
これは私も初めてのこと。

湖畔から見つめる湖はとても神秘的で、何が沈んでいるんだろう? 湖底には何があるのだろう?
長い永い時間の中で、この湖で何が起きたのだろうと様々に思わせてくれる。
海底遺跡ならぬ、湖底遺跡的な、宇宙的な遺恨があるのではなどという話も耳にしたり。


今年の夏頃だったか、瞑想中にそんな湖のヴィジョンを見ることになる。
丁度、ア…

ブログ新設のご挨拶 

イメージ
初投稿でのご挨拶です。

アメブロにて、ヒーリングサロンガブリエルの庭としてブログを続けて早4年が経過しました。
初めた頃の拙い文章や内観の記録、そしてサロン活動を始めて、一旦は兼業になって。
そしてまたヒーラーに専念するようになってという成長の過程は、今ではもう読み返すのが恥ずかしいことばかりです。


それは私の成長記録なのでそれはそれなのだけれど、時々、でも徐々に確実に、霊的自己の成長に伴っている?のか、
書くことが難しくなって来ていて・・・
一週間ブログを放置してみるうちに、アメブロのフィールドとかけ離れた自分を感じ、また
サロン活動も変化の時期を迎えていることを感じていました。


10月に、いくつも旅を重ねたのが大きかったのかなと思う。
動くエネルギーのボリュームと質によるセッションの変化を、回を重ねるごとに実感していて。
新しいエネルギーの流入によるワークもそろそろお披露目の時を迎えそう。


そんなタイミングで一番変えたいと思ったのは自分のヒーラーとしての呼称。
今まで普通に自分の名前でやって来ていて、それが自然だと思っていたのだけれど、
ヒーラーとしての自身の呼び名、在り方を確立したいと決意しました。


両親から受け取った名前、私のセルフアイデンティティーを創って来た名前を否定するつもりはさらさらなくて。
ただ、自身で自分の未来を、この仕事を通じて創るのだとしたら、意図を込めて自分の呼び名を自分で決めるのは
強い意思表示になるのではないかと。
そこまで強く意識したつもりはなかったけれど、決めてみるとそんな意図が、エネルギーが動くことを感じました。


そして、サロンの名称も変えます。
ガブリエルの庭は柔らかくて優しくて、本当に大天使ガブリエルの庇護を受けていたのだと思う。
言ってみれば、私はずっと大天使の名前を借りていたようなものだったのです。
でも、それもそろそろ卒業しようと思います。


新しい名称は、サンクチュアリ。 聖域。 
誰の内にもあるインナーサンクチュアリを目指す旅の休憩所であり案内場所。
そんなサロン名としての、サンクチュアリです。


私自身は、董香(とうか)と名乗ります。
今まで親しんで、皆さんにも浸透している自身の名前とあまりかけ離れるのも違和感があるだろうと思ったりして、
馴染む言葉を探すうちに董香に落ち着きました。


新ブログタイトルは、a see…