投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

星と魂 その1

イメージ
昨日、ソウルクリエイタールミナさんの初著書出版記念セミナーに出かけて来ました。
http://ameblo.jp/neoluminous/theme-10085427515.html


FBで流れて来る毎月のメッセージが秀逸だなぁと思っていたので、興味を持ったのですね。
久しぶりに外部のセミナーへ足を運ぶのもとても良い気分転換になりました。

飯田橋周辺がとてもきれいになっていて驚いた! すごくザックリと書きますが、ホロスコープの本やセミナーってアスペクトを読むこととか、 宙の天体の話をされるのかと思っていたのですが、 ルミナさんが提唱していたのは内なる天体を育てるという概念。


これが良かったのです。 あ、なるほどって腑に落ちました。


まず私達がケアしなければならない自分の心と身体、これが月なのですね。
地球という私達自身から一番近い天体の月。
この月をケアし、滋養し、養う。 エネルギーを向けて満たしてあげることで心が安定する。


そうすると、新月の願い事とは、自己の本心、潜在意識へと意識を向ける時間ということになります。
私が本当はどうしたいのか、どう生きたいのかを見つめ直すために新月に願い事を書きだしてみるということに
なるんだろうと。
そう考えると、新月の願い事が単なる願望欲求を満たす行為ではなくなるのですね。


そして月という心身が安定することで、他の惑星のエネルギーが活性化してくる。
月の次には内なる水星が活性化し、学びや知性を磨くという段階に入るのだそうです。
好奇心が顕れ、あちこち出向いたり勉強したくなるのですね。


次に、金星が活性化します。
恋がしたくなって、表現力や美への関心、私を見て欲しいという欲求ですね。
これらが女性的な魅力を引き出したり、欲しいものを引き寄せたりする力になって行く。

そして火星が金星と対になって動き始めて、努力や目標を達成する力が備わって行く。
金星が欲しいものを受け取るイメージなら、こちらは戦って勝ち取るイメージですね。 
受験や試験勉強を頑張るのもこの火星のエネルギーだそう。


こうして最終的に、太陽という真の自己の輝きへと向かうのだそうです。
太陽の光や熱に疲れたら、また月を滋養するところからサイクルを繰り返す。
シュタイナーの惑星論にも良く似ているなと思いました。




あー、なんかすごくよく分かる・・・って思いました。


セッショ…

淵底へ届く光

イメージ
 こちらはショップ掲載予定のメキシコ・ナイカ鉱山産のセレナイト。 光の石の最高品質が入荷しています。


こちらのセレナイトを始めとしたセレナイト祭りになりそう。 ただいまアップ準備中です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そしてこちらは昨日のセッション後の様子。 昨日はとても心地の良いセッションになりました。 
個人情報だと思うのでセッションの内容含めた様子をあまり書かないので、 私のセッション、何をしているんだろうと思われる方も多いかも(笑) 昨日のN様、本当にお久しぶりにお会いしたんですけど、 暫くお会いしなかった2年ほどの間に生活が激変されていて。 お話を伺っていると、魂が望む生き方、本当の自分を生きたいと望む 内なる声を無視できなくなったからなのだろうと思われました。 その声を聞いて行動するというのは凄いことだと思います。 それでもやっぱり、いつだって不安や心配は付きまとってしまうもの。 自分を信じて進むしかない道を歩もうとすれば猶更です。 私もそうだったし、今でもそうです。 昨日のセッションは、もうN様のガイド達にお任せしました。 N様が望む人生を歩むために必要で最善のエネルギー的ケアをして下さいと言ったところでしょうか。 なぜ、自分は不安ばかりに駆られてしまうのか。 なぜ、自分はこんなに臆病で人の前で自分を表現できないのか。 なぜ、自分はこんなに多くの制限を自分に架しているのか。 そんな生き辛さを生み出している要素を、宇宙時代、魂の最も古い記憶まで遡って ケアをして行きます。 人によってはまず地球史上の情報にアクセスして、 そこをケアした後により古い古代宇宙時代の魂の記憶へと掘り下げる場合もありますが、 N様が地球へと持ち越した課題を理解するには、その原初に遡る必要があったのですね。 よくインナーチャイルドのレッスンを持ち越している方も、 その根底にあるエナジーを遡って見て行くと、今世や過去世での家族との関わりやカルマでは 済まされないほどに深い宇宙時代からの課題として、 それらに取り組んでいらっしゃる場合が多いですね。 先日空に顕れたのは、虹を背負った御方。 そして皆さん真面目だから、一生懸命に自分で自分を癒そう、解決しようとしていらっしゃる。 でも、今世での自己の感情を認めて許したところで、そこまで深い要素がある…

3次元ゲームからの脱却

イメージ
先日の空。

久しぶりにこんな空が見られた気がしました。
そして、何やらどなたかが顕れて。
最後には紅い翼が広がっていました。 私が調子を取り戻したのもこの日くらいからだったでしょうか。 一生懸命にガチガチになっていた自分を、ちょっと緩めてあげようと。 よくやってるよね、頑張ったねと、ハートを緩めてみました。 気が付くと、知らず知らずのうちに力が入りすぎてしまっているんですよね。 そうすると思考が優先されて、マインドと太陽神経叢のエナジーだけで 現実を力づくで動かそうとしてしまう。 自力で何とかしようと力んでしまう。

パソコンのデータを整理したので、アメリカツアーの写真を引っ張り出してみました。 グランドキャニオンの夜明けです。 夜明け前が一番暗い。  この一か月、春分を越えてからここまではとてもきつかったのが、 ようやく明けたなぁと。 とても、追い込まれました。 自分は一体どうしたいのか? を問い詰められていた感じです。 以前だったらもっともっと落ち込んでいたことでしょう。 こういう時って、閉じてるんですよね。 宇宙からのサポートが欲しい、欲しいと希っても、届かない。 実は届いているのに、受け取れなくなっている。 ハートを開くことを忘れてしまう。 またやっちゃったな・・・  でも、やっちゃったってことに気が付けるようになったぞ(笑) こちらはグランドキャニオンの夕日。  落ち込んでいる時、こう思っていました。 これがいつまでも続くワケではないと。  以前はそれすら気が付けずに、ずっとその状態が続くかのように思えて 絶望的になって行ってたんでした。  他人(ヒト)のことなら、いくらでも言えるし見えるしだけど、 自分のことって本当に分からないんデス。 目隠しされているんですよね。 じゃないと気づきが、覚醒が、進歩が、進化が出来ない。

春の女神たち その2

イメージ
日暮れの桜街道。 自転車で初めて訪れた場所でした。 今年は桜が長く楽しめましたね。 サクラの持つ特徴、美しさや可憐さ、儚さ、散り際の花吹雪、地面を埋め尽くすピンクの絨毯、 それらすべてが、万物流転の理を見せてくれているように感じます。 シリウスがサクラに託したのは宇宙のコトワリ。  そんなことを、感じていました。 クニトコタチ、セオリツヒメ。 封印され、隠されていた古代の神々の姿。 そこへもう一柱、気になっていた神の名前がありました。 キクリヒメ。 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1024869/148 お花見の時に、お友達から ”陰陽師玉手匣” を借りたのですが、 丁度ここに菊理媛神の下りがあって、 調べてみると何と熊野本宮大社にも菊理媛神が祀られているとされていたり。 熊野・玉置の後にこうして情報が集まって来るのも、 なかなかにタイムリーです。 菊理媛神は、セオリツヒメと同様に本質を隠された女神だと思われます。 括るという言葉の顕す通り、陰陽和合、統べる神だと感じるのですね。 宙(うつ)の渦割れし時を知り、統べる者。 まさに分離から調和、ユニティの時代への切り替わりの時に、 表に顕れる女神じゃないかと思っています。 サンスクリット語のキリークとも関わりがあるともされますし、 梵字のキリークは千手観音菩薩を顕すそう。 キクリ・キリーク・クワンイン・・・ 何やらセオリツヒメの時と同じような響きを持ちますね。 キクリヒメもまた、梵字に秘された宇宙のコトワリ。 陰陽を統べる神。 そして白山信仰では九頭龍がイザナミの化身で白山権現とされるとのこと。 まさに、天と地を繋ぐ龍ですね。  宇宙のセオリー、そしてそれを統べる神。 キクリヒメとセオリツヒメ。 二柱を同一の神とする説もあるくらいですし、 とってもこれは大切なキーワードじゃないかと感じます。 陰陽和合。 これが本当の、分離の終焉。

春の女神たち

イメージ
桜に降臨するのは、春の龍王か鳳凰か? うららかな日になりましたね。 雨に洗い流された後の満月、そして空気が嬉しいですね。 さっきひとっ走りして龍王のいる神社と、不動明王のいるお寺を廻って来ました。 昨夜のセオリツヒメエナジーからの流れで、この神社に呼ばれた感がありまして。 自転車を留めた脇の枝垂桜。 金龍が祭神なんですけど、お参りするともっと頻繁に来なさいと窘められます。 グルングルンと目の前で大きな龍神様が動いて、手には宝珠を持っている。 昨夜のセオリツヒメヒーリングで、私自身にこのセオリツシステムからの エナジーがどーんと流れ込んで来ていて、 まるで私、女神そのものになっちゃったみたいだなぁと思っていたので、 こうして龍神様と対峙出来るのも、そのおかげかも・・・なんて思って見たり。 啓示を下さい。 道を示して下さい。 そうお願いしたんですけど、 なんかもう、気づいてみると周りはメッセージだらけ、サインだらけなんですよね。 私が受け取るか、受け取らないか。 自分の感覚、直観を信じるか、疑うか。 それだけなのです。 目を醒まさせてもらいました。 そしてすぐお隣の、不動尊へ。 家を出た時からずっといるなぁと思っていたんですけど、存在はその存在を増して行きます。 お寺とサクラはやっぱりいいですね。 龍王神社も不動尊も境内にいるだけで、 エネルギーがクラウンチャクラ全開になって降りて来て、 ありがたや~でした。 セオリツヒメとは、セオリー、システム、宇宙の理そのもの。 そう昨夜のヒーリングワークで受け取っていたんですけど、 宇宙のコトワリとは、自然の摂理でもあります。 私達が目で見て、触れて、感じて、美しいという感性を育む全体。 それらすべてがセオリーなのだろうと。  境内には早くもこいのぼりが。 そして龍神、

サクラの囁き・愛への回帰

イメージ
サクラの季節が始まりましたねー♡
今日の小金井公園。 暖かくて良い日でした。 もうこんなに咲いてたんだ! とちょっと意外なほどでした。  暖かくなったからでしょうね。 最近自転車に乗るようになったので、こういう大きな公園を一周するのもとても軽快になりました♪  サクラの花は、カメラを向けると喜びます。 わぁ!撮って撮ってー! とアピールしてくるんですよ。  自分の美しさを分かっているみたいですね。 そしてやっぱり、青空と緑の芝が映えますね。 ここのサクラは、枝ぶりが良いのです。 どの樹も美しく枝を伸ばしている。 そんなんですからヒトも多くて、とても賑やか。 あんまり深く考えてなかったんですけど、やっぱり静かにゆっくりと対話したい。 そう思って、ちょっと場所を移動します。 自転車だからすぐに動けました(笑)  北側の裏手、穴場スポットへ。  こちらの花はまだまだこれからと言った風情でしたけれども、とても静か。 ここなら桜と対話が出来そうです。 ニンゲンは気忙しいわね。 いっつも何か考えてばっかりで。 どうして自分の花を素直に咲かせるだけのことが出来ないの?  ・・・・・・・・・・・ そう聞こえて来ます。  サクラって、人の感情を浄化してくれているんだと思いました。 水の気の花ですからね、吸い取ってくれている感は木の下にいるとよく分かります。 しばし、瞑想。  そして樹にカメラを向けると、どうやらご降臨下さったご様子。 満月の一斉ヒーリングと今月のワークを、サクラ・シリウス・セイリオスと名付けていますので、 そのためのスピリットを召喚したみたいでした。