投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

le deuxième voyage de France その6 奇跡のマリア

イメージ
また更新が空いてしまいましたが、パリ旅日記の最後を綴ろうと思います。

奇跡のメダイ教会は、とてもパリらしいお洒落なサンジェルマン地区にありました。


この教会のことは前回のフランス旅行の頃はまだ知りませんでした。
しかし後にメダイの存在を知り、何だかとても惹かれるものがあったのですね。

なぜか理由は分からないけれど、私はこのマリア様のメダイがとてもとても気に入って、
自分で製作するワイヤーアートのペンダントトップに必ずと言っていいほどメダイを組み合わせるのが常になっていました。


そのメダイ熱が高じて、せっかくだからこの奇跡のメダイ教会から取り寄せたいと思い、
フランスから直輸入出来るサイトなどを覗いていた矢先にNirielちゃんと久しぶりに会ったら、
輸入どころじゃない、自分が直接ここまで来ることになったのです(笑)


だから、この教会に来ることは今回の旅の目的の半分近くを占めていたのですね。 
メダイの仕入れのためにパリまで来ちゃった・・・だなんて(笑)
つくづく、私は自分の足で出向いて、その場の空気に触れてエナジーを受け取ると言う
体験型・体感型行動スタイルの人間なのでしょう。



そんな思いで訪れたパリ・奇跡のメダイ教会は、修道院です。


19世紀、カトリーヌ・ラブレという修道女の方がマリア様のご出現によってメダイを作る啓示を受け取ったのだそう。

修道院だからでしょうか、え、ここ?と言うほどの質素な、普通に観光で歩いていたら見逃してしまうような簡素な入り口。


中には小さなお庭。 たくさんの信徒の方の灯。


 壁にはメダイの奇跡への感謝を刻んだレリーフがずっと続いていました。


そして、教会の中へ。


この日は午後の遅い時間で、私達は一日中パリを歩き回った後でした。
喧噪、雑踏、暑さの中から、一気に祈りの静寂へと入った時の衝撃ったらなかったです。


なんて清らかな波動なのでしょう。 美しく、神々しく、優しく、清らかな愛に溢れる場所なのだろうと。

パリで巡った他のどの教会とも違う軽やかな清らかな波動。
建てられたのが比較的新しいというのもあるのですが、やはりそれだけではないのですよね。
本当にたくさんの人がいるのにとても静かな祈りの場でした。


中央のマリア様は頭上に冠、そして12個の星が煌めきます。
上の絵画の天使たちも、それはそれは素敵でした。ただの絵なのに、精霊が宿っている…

le deuxième voyage de France その5 Pyramides・ナポレオンの香り

イメージ
モン・サンミッシェル訪問の翌日は、パリ滞在フリーの最終日でした。

やり残したことや、もう一度行きたい場所を巡ろうとしていて、朝イチで向かうことにしたのはオペラ座。
内部見学が出来ると聞いたので、ヴェルサイユにも行かなかったことですし、宮殿らしい豪華絢爛っぷりも見ておこうと。

その前に、時間があったのでフラリと入ったのが ギャラリー・ラファイエット。


ここだけでも十分豪華だし! なんて中央に進む途中、Nirielちゃんが美しい香水のボトルに足を留めました。

あ、ゲランだ。。。


ゲランは確か、ナポレオン3世だったかの時代に発展した老舗の香水メゾンです。
そしてアロマセラピーを勉強した人なら誰でも教わるのですが、ナポレオンはオーデコロンを愛用したことで有名で、
ナポレオン時代にこういった人工的な香りが発展して行ったんでしたっけ。

あらあら、またここでもナポレオン。。。


香水は最近あまり使わなくなっていたものの、フランス旅行直前、とある記念にと、
とっても久しぶりにエルメスのナイルの庭を買ったばかりでした。 
私はナイルの庭が一番好きなのです。


香りは脳に直接働きかけるので、私は香水を買うのは何か良いことがあった時や、素敵な楽しい旅先などにしています。
そうすると、その香を使う時いつもその良い記憶が呼び覚まされるのです。


そんな蘊蓄をNirielちゃんにしながらゲランのオーデコロンを嗅がせてもらっていると、
浮かんで来たイメージは、ルーヴル美術館とヴェルサイユ宮殿で見たあのナポレオンの戴冠式の絵でした。

華やかさ、美しさ、壮麗な世界。

あー、私、あそこの片隅にいたのかもね・・・(笑)  などと思っていたら、
これを買わなきゃいけない気がとてもして来てしまいました。


あの時代の私。
様々な鬱憤を抱えて我慢を蓄積させて、神経をすり減らして感情をシャットアウトしたかのようになっていたあの時代を生きた私。
キラキラとした美しい世界をもっともっと楽しみたかったのに、自分を表現したかったのに出来なかった私。
美しいレース飾りを付けた華やかなドレスを着たかったのに、茶色いドレスを着ていた私。


以前、調香師の方がエネルギーを見てオリジナルの香水を作って下さるとのことでセッションを受けたことがありました。
そこで言われたのは、 「 貴方は女性相手にキラキラしたことやってた方がいいよ。」 …

le deuxième voyage de France その4 聖地巡礼の記憶

イメージ
びっくりするくらい筆が進まない今回の旅記録、一体どうしたのでしょうか(笑)
まぁ、Nirielちゃんが私の筆の遅さを補って余りあるブログを更新してくれているので、ちょっと怠けている部分もありますネぇ。。。

Nirelちゃんの旅日記 
http://ameblo.jp/graceofthedeva/entry-12181297297.html

今月末には大阪で展示会もありますヨ☆
パリ・フランスの旅で受け取ったエナジーから生まれるワンドやキャンドル、私も楽しみです。
http://ameblo.jp/graceofthedeva/entry-12180672750.html


私はNirielちゃんとヨーコちゃんの展示会を夕方覗いて、その翌日から大阪にて個人セッション・レイキセミナーDAYSの予定です。
http://ameblo.jp/ku-nie/entry-12170214476.html


と、先にお知らせでした☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、パリ滞在3日目はモン・サンミッシェルへの日帰りツアーへ参加しました。
前日にツアーデスクの場所もしっかり調べた私達、もう毎日ホテルからオペラ座界隈まで歩いていたのでバッチリです☆
世田谷区ほどのサイズのパリ、道がちょっと難しいのですが地図を見ながら歩くのは楽しいです。



モン・サンミッシェルのあるノルマンディー地方まではパリから4時間、 道中は凄い雨でした。
私は皆さんからモン・サンミッシェル講だと言うことで祈りもエネルギーもお金も預かって来た身でしたので、
兎に角この日程を無事に終えないと・・・無事に事が済んで欲しい・・・と、気が気ではなかったです。

皆さんのお名前と願い事は、ミカエルへの手紙にしたためて日本から持参していました。
エネルギーの作用を考えて、ちゃんと手書きで書きましたヨ。



それでもこうして、姿が見えてくる頃には雨が上がってホッとします。 
バスの中から見えた景色は、前回の帰り道と全く同じ経路を逆に辿って来たんだなと分かりました。


羊さんたち! 

今回はフリーのツアーですが、ランチの時間や何やら、あれこれ計算すると思ったよりも時間がない様子。
さて、聖堂でしっかり遠隔ヒーリング出来るのか? と不安になります…