投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

魂のバッテリー交換

イメージ
おはようございます。

神戸港に、樹齢150年のあすなろの樹を山から引き抜いて来て世界一のクリスマスツリーを立てるという
企画が進んでいるそうです。

それだけなら聞き流していたのですが、何とこの企画、その後この樹を粉砕してアクセサリーなどとして
販売することになるのだとか。

https://www.excite.co.jp/News/it_g/20171120/Buzzap_46109.html


復興チャリティーのつもりなのでしょうけど、何とも悲しい気持ちになってしまいました。


樹は、生きているのは勿論のこと、大樹になれば猶のこと意識も発達して行きます。
樹齢150年の巨木がどれだけの意識を持って、この事態を容認していることか・・・。
ごめんなさいと何度言っても足りませんね。

都会の街路樹も、少し成長するとすぐに枝ごと切り落とされてしまいます。
電線や道路の邪魔だということですが、切り落とされた枝や葉はいつも瑞々しくて、
枝を落とされ丸裸になった樹の痛々しさは胸に突き刺さります。


人間はあまりにも自然の寛容さに甘えすぎてしまい、こんなことも気づかなくなってしまった。
自然から切り離されたホモ・サピエンスが今後どこへ向かっているのか、私には分かりません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今日は最近のセッションでのお話を綴りたかったのです。

花小金井の旧サロンでアニマルヒーリングのワークショップを開催した時に、
講師を勤めて下さったKeiさんが、御苑サロンでのセッションにお越し下さいました。

Nirielちゃんのワンドもご購入いただいて、とても嬉しい展開だなと思った矢先、
何とこのワンドが折れてしまって、またご自身もとてもショッキングなことが起こったと仰って、
間を空けずにまたお越し下さったのですね。


ご主人との外出先でお車のバッテリーが切れて大変な目に遭われて、その最中にワンドが折れるという、
お話を伺っているだけでこちらまで心が折れてしまいそうな事態だったそうでした。


事の顛末をお話になるKeiさんの前には、そのワンドがひっそりと置かれていて、
私も何もお声をかけてあげられず、一緒になってお葬式のようなチーン・・・と言う空気に
なってしまいました。


それなのに、ワンドに意識を向けていくととても肯定的な声が返って来ます。
” 自分…

龍神の愛・巫女のプライド

イメージ
こんにちは。
久しぶりになってしまいましたが、いよいよ冬、年末モードに入って来ましたね。


先日、日帰りで諏訪を訪れました。
タイミングが合った友人数名とだけでの強行軍でした。


とても寒かったけれど良く澄んだ晴れた空で、下諏訪の湖畔からは富士も望めて。

諏訪の空気と水は、私には本当に良く馴染むと言うか、もうホームベースで。
実家に帰ってきたような安心感と包容力、勇気づけられ元気をチャージしてもらったような一日でした。




そして、前宮脇の水眼の流れでこちらのスティッチタイトサーペンティンのプチタンブルを浄化。
たくさんのチビ龍たちがわらわらとして集まっていて、こちらのタンブルに入ってくれましたので、
このタンブルは龍神ライトワーカー学科のワークを受けて下さった方へ先着順でプレゼントいたします。




既に龍神ライトワーカー専科へご入校し、ワークを受けて下さった方へは数日中に発送します。
諏訪の龍の卵、お受け取り下さいね。


そんな諏訪の翌日のセッションは、当初予定していたのは銀河の学校ワークだったのですが、
お客様とお話ししているうちに、これは龍神ライトワーカーのワークだろうという流れになりました。


そして改めて思ったのが、この学科のワークは特別なワーカーを育成すると言うよりも、
自分の持つ質、特質に則って生きようとする時に、
こうした土地やエネルギーとのかかわり、霊的な質を生かす役割に生きることで自らが解放されたり、
癒されたりする方がいるのですよね。
そういう方に、ワークを使っていただければ良いのだと。





考えてみれば、私もそうだったのです。
自らの特性、資質、魂のブループリントを生きたいと望んだ時に対峙したのが、
この世界であり、霊的な役割を生きることと、土地や水、龍神や精霊と言った霊的な世界での役割に気づき、
目覚め、それを実行することでした。








恐らくこの龍神ライトワーカー専科は、巫女の資質を再び生かすことを宿命とされる方が選ぶコースでしょう。

このワークの過程を踏むことはそのまま、過去に傷つき、堕ちた巫女の資質を癒し、
再び自らのうちに尊厳、プライドを持つことに他ならないのだと気が付きました。


これはこの日のワークで、龍神様が伝えて来たことです。
龍神様曰く、巫女の霊性と自尊心、自己肯定力はセットなのだと。

霊性、霊的な能力の開花と、自らの資質を肯定し、自尊心を取り戻…

富士と太陽 ・・・富士山中湖宇宙巫女合宿 その2・・・

イメージ
合宿二日目の朝。
ひたすら碧い世界が広がりました。 空も、富士も、湖も青かった。

何て清々しい空気なのでしょう。


木々の木立が青空に映えます。 自然のリズム、完成された調和の美に私達は癒され、整えられる。


それはどれだけ人間が自然と切り離されてしまったかを物語ることになるのだけれど。

さあ、今日は登山です。 石割神社から、山頂まで。


終わりかけの紅葉を楽しみながら、先ずは400段超の階段です!
長い。

長い(笑)

あっという間に息が上がりました。 皆さん頑張りましたね。

階段が終わると、山道が続きます。 少し穏やかな道のりになりましたが、所々急な個所もあったので、 お荷物が重い方の分を皆でシェアしたり。  ここでも、また道の歩き方を思い出しました。
1・道は、知りそして導く方々によって投げかけられる日の満ち溢れた光のもとで歩まれる。
  そこでは何も隠すことは出来ず、曲がり角ごとに人は自分自身に直面しなければならない。 2・道において、隠されていたものが明らかになる。各々が各々の悪事を見、そして知る。  しかし、このような偉大なる啓示がなされたことによって、道を引き返すことも、お互いを追い払うことも、  動揺することも出来なくなる。道は白日のもとへと続いて行く。 3・道において人は独りでさまようことはない。焦る必要もなく急ぐ必要もないが、無駄にすべき時間もない。  これを知り、巡礼者は前方への足取りを速め、仲間に囲まれている自分に気づく。  ある人々は前方を歩んでおり、彼はその後に従う。  そして、ある人々は後方を歩んでおり、彼は彼らを指導する。 道は独りで旅するのではない。 4・三つのことを巡礼者はしてはならない。  ・他の人々から自分の顔を隠すベールになるフードを被ること  ・自分の必要を満たす量しか入らない水瓶を携えること  ・物を掛けるく鉤のついていない杖を担ぐこと 5・道の巡礼者は各々、自分に必要なものを自ら携えなければならない。   仲間を暖める火鉢、自分のハートに光を投げかけ、自らの隠れた人生の性質を仲間に示すランプ、  道にまき散らすことなく他の人々と分かち合う金の財布、  門で待ち迎える方の足下に捧げる彼のすべての熱誠がこめられ封印された瓶。 6・巡礼者は道を歩むとき、開かれた耳、与える手、沈黙を守る舌、鍛えられたハート、金色の声、迅速な足、 …

富士と太陽 ・・・富士山中湖宇宙巫女合宿・・・

イメージ
富士山中湖宇宙巫女合宿へご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!!!
素敵な二日間、とても楽しかったです^^


東京出発組も現地集合組もお会いした途端に打ち解けて、
とても初めてお会いしたとは思えない和やかな雰囲気でしたね。
皆様のご協力と、お迎えして下さった現地のM様やK様のお陰で、とてもスムーズな催行になりました。

主催させていただいたのは私ですが、主役はお一人お一人でしたし、
皆様の参加とご協力あっての合宿。 私も一参加者のように楽しんでしまいました(笑)


そしてやっぱりテンションが上がるのは晴れた富士と湖の景色でしたね。
紅葉も美しく、もうどこを取っても素晴らしいの一言でした。



次第に暮れるダイヤモンド富士の光景。 これが見れたのも嬉しかったですね。


太陽意識、太陽のハートが富士に着床したように思いました。



こんな光景を目にした後のライトランゲージ瞑想会は、普段のブロックを外してくれましたね。
何とほぼほぼ全員の方からランゲージが飛び出して、これぞ合宿ならでは! と嬉しくなりました^^


お一人、有名なランゲージスピーカーの講座に出てライトランゲージを習得されていらっしゃった方がいて、
彼女が喋り出すと皆で連られたかのように、自ずと口が動き出して声が出ているご様子でしたね。


主催側の私やM様がいくら誰でもできると言っても、そこにはやはり ” 私には無理 ” と言う概念の
垣根が存在してしまうものです。
そこを、ご参加の方が取っ払って下さったのがとても効果的でした。



今回の合宿、そして今後計画している宇宙巫女講座で私がやりたいのはまさにそこで、
地球上で培った概念の垣根を越えて、ブロックと言っても良いのですがそれらを越えて、
本来の姿、魂の自由闊達な表現を取り戻して行きたいなと。


そのためのライトランゲージであり、宇宙巫女講座でありというスタンスです。


私が宇宙巫女と言っているのは、そんな魂の自由なクリエイションによってこの地上を生きる女性のこと。
地球の概念、地上の重さに束縛されない自由な魂で生きることそのものが、
地球への奉仕、宇宙への貢献になるような生き方をする女性達のことです。



且つて古代宇宙時代の巫女達は、魂を捧げるような奉仕の仕方を取って来ました。
それによって生まれた自己価値の低さやアイデンティティ、自分軸の不足は、
自らへの愛や…

カルマを背負う魂 ・・・ 解放の時 ・・・

イメージ
朝焼けの御苑です。

初めてサロンに寝泊まりすることになって、いつもとは反対の東からの日差しに紅葉が映えました。


日差しもグリーンでした。

木々に風が吹くと、木の葉って一斉に舞い上がるんですね。
それからクルクル、ヒラヒラと地面に落ちて行くんです。

ザワザワと樹木がざわめく姿も、こちらの木からあちらの樹へとまるで伝言ゲームのようで、
こっちの樹がザワザワと震えたかと思ったら、今度はあちらの樹がざわめいている。






開園前の御苑は、精霊たちだけの時間。 そんな様子を、しばし眺めていました。


暖かな小春日和は、冬の訪れる一瞬前に顕れる最後の黄金の時間。
今年はまた、いつにも増して濃密です。


そんな時節に、先日新しいクリスタルワークをリリースしました。
もうご覧いただけたかもですが、 地球の学校 クリスタル専科です。
どうぞご覧くださいね。

https://www.aseedofsanctuary.net/crystals


エメラルド、シトリン、サファイア、ルビーと関わって、それぞれの特性、働きをエナジーで届けるワークです。
遠隔でも対面でも、実際にそれぞれの石と私がアクセスしてワークを行います。 
名前だけ借りてるんじゃないんですよ~(笑)


最初に生まれたのはエメラルドのワークでした。
先日、御苑の中を初めて散策した際にバラ園があるのを知って、
雨だったんですけどじっくりとゆっくりとバラを感じて歩いたところ、
エスメラルダという名前のバラがありました。


この言葉が何かとても響いて調べて見ると、エメラルドのスペイン語読みだと分かって。
この瞬間に、あぁ、エメラルドのワークを創らなくては・・・と、思ったのでした。



その日咲いていたバラ。  エスメラルダはもう花がなかったので、これは違う品種ですけど。

サロンに戻ってエメラルドと瞑想に入っても、確かこの日は明瞭なものは得られなかったと記憶しています。
それでもずっと暫く引っ掛かっていて、数日を経てようやくワークのエナジーの理解が降りて来ました。


同時にシトリンとのワークも。
エメラルドが啓示的なら、シトリンはとても物質と魂の地上での顕現をサポートするもの。


続いて、あぁ、サファイアでもワークをしなくては・・・と思い、その流れでルビーへと。


ルビーにサファイア、エメラルドと言えば貴石として知られるものばかりですし、
シトリンもとって…