投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

叡智の時代・カルマフリーに向けて

イメージ
台風警戒の中、久しぶりの投稿。
今日は夫が休みで家にいるので、セッションは遠隔。
こんな日にお越しいただくのは気が引けてしまうので良かったなと思います。
ここのところ連続する台風接近の日が決まって休みという強運な夫(笑)



アメブロにも載せましたが、サロンの家具が変わってプチリニューアルしました。
白い空間になったらとても軽やか。そしてスッキリしましたね。
8月後半は断捨離、家中のお掃除で過ぎて行き、その集大成がこうなった感じ。
エネルギー調整もやり易くなりました。



白いテーブルで石の写真を撮ってみたらなかなか良いので、今日はそんな写真をアップしながら書いてみようと思います。
こちらは私物にしてしまった地球ソーダライト。 ツーソンショーで一目ぼれして連れ帰って来た一品でした。


書くことが溜って余計にまとまらなくなっているので昨今のお話から。
先日、数秘&占星術のセッションを受けました。
これがね~、凄く面白くて。


まず言ってしまうと、私は哲学者のような思考派の人間だそうです。
ずーっと始終頭の中、自己の内面が忙しく、考えるのを辞めるのは死ぬ時だと(笑)
そのくせ、私という意識の内にはまるでたくさんの人格がいるように、相反する考えを併せ持つのだそう。
だから文体がこう論文チックになってしまうのよね~なんて思ってみたり。


自分がいつも葛藤し、揺れ動くのはそのためかと思いました。
始終一貫した意見を顕して行くことが困難なのですよね。
揺れ動かない、不動の存在的な存在にはなれない。 不安定がデフォルト。
揺れ動いていいんだ~・・・と、目から鱗でした。 



そう言えば、感情の揺らぎについてはチャネリングメッセージとしても受け取っていたんでした。
私達の意識は元は唯一なるもの、全体であるものであり、それは例えてみれば凪の状態。
さざ波すら立たない穏やかな一定した状態で、幸福も不幸も、喜びも悲しみもない光の世界みたいなものだそう。

それが揺らぐこと、波風が立つことで起こるのが感情で、揺らぎ、ブレが起こらなければ私達の意識は何も感じられない。
そして、その揺らいだ状態を観察したり、揺らぎから生じる感覚、意識を観察するために
パーソナリティ、自我が派生して存在するようになったのだそう。


だから本来、私達は既に二重の存在。
相反する対を成す者を内在する存在。



また、揺らぎは、ただの揺ら…

ハトホルの書

イメージ
先日の台風一過の朝の空。 
今日の雨は涼しくて、秋にまた一歩・・・ですね。 


とても久しぶりに、ホームページに手を入れました。 Windows10にしたらエディターが適応してくれて
やっとテキストが書きこめるようになった~・・・ のです。

ずっと放置していたライタリアンレイキのページを作って、リーディングセッションのページを手直ししました。
データの増加とページ表示の遅さが気になっているので、近々抜本的に直しますが、
今のところはマイナーチェンジ。良かったら見て下さいね。

http://www.jardindesarchangegabriel.com/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて。


先日、エジプトの香油セミナーのディープ編へ参加して来ました。
フランスから続くエジプトのエナジー、そしてそこからまた深く遠くアトランティスのエナジーへと
最近の私の旅は続いています。


この日のセミナーでは、4000年前のエジプト神官たちが神に捧げた呪文の音楽を聞きました。
これが、超ポップなラップみたいでとってもとっても意外だったのです! 


4000年前と同じ楽器、音楽、メロディに載せて、さすがアフリカ大陸だなぁと思うようなリズムが刻まれる呪文です。
呪文と言うよりは祝詞ですね。 
超面白かったし、聞くうちに後頭部の過去世のチャクラがウズウズして来てしまいました。


でもね、特に古いビジョンが出て来るわけではなくて、
もっと面白いことに、四方透明なクリスタルのような宇宙船の中で、ツタンカーメンのマスク被った人が腰を振りながら踊ってるビジョンが出て来てしまいました(笑) 

ガラス張りの床には魔法陣みたいなのが敷かれていて、その先、つまり下へ向けて
ガラスのピラミッドがニョッと下向きに突き出している宇宙船です。
周りは漆黒~シアンブラックのような美しい夜空。


そしてその先、つまり地上は黄色く乾燥した大地で、上へとそびえ立つピラミッドで、
宇宙船のクリスタルのようなピラミッドと地上の黄色い岩のピラミッドが頂点を突き付けあっている様子でした。


・・・そこでリズムに合わせて腰を振って踊るツタンカーメンマスクの人物(笑) 
ナンジャコリャ? 


一つ感じたのは、この4000年前の音楽も、もっと潮流を辿ればアトランティス…

蒼のサルベージ

イメージ
ショップにワイヤー作品2点アップしました。
淡い水の気配を湛えたアクアマリン原石と、北海道産ロードクロサイト。
前回お知らせしたアメシストのクラスターもアップしています。
http://www.celestialcave.com/


夏の終わりのセール開始しました。 原石、ブレスレット、ワイヤー作品など、
会員ログインしてセールカテゴリを覗いていただくと割引価格で表示されます。


セール品はクレジットカード払い可能、ポイント付与はなしとさせていただきます。
これからも追加して行きますのでどうぞご利用下さい。
http://www.celestialcave.com/?mode=cate&cbid=2062408&csid=0&sort=n



お盆、そして終戦の日の昨日と、エネルギー的にも難しい時期を抜けました。
今年は帰省しなかったのでそのままやり過ごせるかと思ったんですけど、やはりお盆特有のエナジーはある様子。
それでも、あ、これはお盆だからだな・・・と意識したから、大事にならず対処を済ませられました。



そんなお盆中に、誘導瞑想でご予約をいただいた方のセッションがありました。
前回ブログ記事にした魂の目的、使命を生きることが昨今の私のテーマで、エネルギーワークのセッションご予約も既にいただいているのですが、この誘導瞑想もやっぱり行きつくところはそこなのだなと改めて思います。

実は誘導瞑想のセッションをもう終わりにしようかと思っていたのですが、
ここ数か月、幾度かのセッションが入る中でやっぱり必要な人もいるな・・・などと思っていた矢先でした。


Yさまはウスイレイキのセミナーを受講して下さっていた方でした。
レイキのアチューンメント時に出てきていたビジョンや、受け取ったエネルギーがあったのですが、
レイキセミナーは純粋にレイキエナジーのアチューンメントをするべきだと思って臨んでおり、
そう言ったことに対処するのは差し控えて、マスター終了時の最後にお伝えしたところ、
誘導瞑想でそこを掘り下げたいとお越し下さってのセッションになりました。


勿論、誘導でその課題、テーマが必ずしも浮上するとは限らないのですが、
きっとこの時、必然で湧き上がるものがおありなのだろうと思ってのワークになりました。
恣意的にそこを見て行くのもアリですが、私はこうしたその時の流れに…

真夏の夜のつぶやき

イメージ
今朝届いた仕入れ便のウルグアイ産アメシストクラスター。
濃く鮮やかな色合いが大変美しいです。 
大きさもほどほどありますので重宝すると思います。 近くアップしますね。


真夏の狂おしいような濃密なエネルギーをようやく抜けつつあります。


先日伊豆に行って来ました。 朝焼けが美しかった。


夫も私も海は好きですが今回は2年ぶりになりました。
単に海水浴で遊んでいるんですけど、波に揺られて頭から爪先までザッパーンと洗われるのは、
とても良い浄化、禊ですね。
思考もエネルギーも、余計なものがサッパリ洗い流されました。


朝の浜で見つけた、龍みたいな流木。


数日前に久しぶりに龍のエネルギーと繋がる機会があって、その後押しがあって伊豆行きが急に決まったのだと
帰って来てから気づきました。
どうやら私は、龍体エナジーとの関わり、繋がり直しをこの夏に改めて行ったみたいです。


数年前に一度、龍との関わりによるご神事的なお仕事、役割があるのだと知らされる出来事がありました。
でもその時、私は断ったのですね。
あの頃の私はエゴ丸出しで、何か誰かに支配、コントロールされるのは嫌だと思っていたのでした。


それが今になって、改めて龍体エナジーとのお仕事、役割を再開させるのだと知らされて、
今度はすんなりと納得が行きました。


伊豆から戻って浄化が済んだ私に繋がって来た龍体エナジーから教わることの次元は、
今までのものとはまるで違うものになりました。
それは、ようやく、やっと、スタートラインに立っただけのことですが、魂からの奉仕の世界なのですね。
低位自我の求める欲求の世界にいるうちはたどり着くことの出来なかった魂の奉仕の次元は、
ハートから生きる次元を知った上のその先の、まさに魂が求める生き方を歩む世界です。


龍とのお仕事って言うと何だかとてもかっこよく選ばれた者がやることのようなイメージがありますが、
実態はその真逆で、魂が立候補して求めるものであり、それを実際に行えるようになるまでには、
辛く厳しい自己と向き合う時間を要するもののようです。

そしてこのお仕事、役割を生きる、自分の魂のお役目を全うすることが、私にとってはワクワクすることであり、
低位エゴの欲求を超えた喜びの世界になって行くのだろうと思うのです。
どうやら私は、自分の欲求、エゴセルフの欲望で生きることよりも、天命に己の身を捧げるよ…

le deuxième voyage de France 番外・遠隔ヒーリングご感想

イメージ
更新が空いてしまっておりスミマセン。
ワイヤー作品の製作にクリエイションのエナジーを向けていると、どうしても書くという行為が
おろそかになってしまいますね・・・。


今日はパリから帰って来てからずっと続いていたエジプトへの強烈な引き寄せられるような
エナジーの効果なのか、エジプトの香油セミナーというものに参加して来ました。
とても面白かったですよ♡



さて、そして、前回予告していた通り、皆様からいただいたモン・サンミッシェル遠隔ヒーリングのご感想を紹介させていただきます。
今書かないと延び延びになってしまいますからね・・・。


<K・Hさま>
横になり受け取り宣言をしたら直ぐにエネルギーが届きました!
あーフランスからのヒーリングエネルギーが届いている〜!と感動していました。
目を瞑り受け取りましたが、初めは優しいエネルギーや身体の左半身(何かと痛みがでやすいです)
のエネルギーを補充してくださる様にエネルギーが流れていた気がしました。
そして、ヒーリング中に黄色いステンドグラスのようなガラス窓?を見上げるビジョンと河が出てきました。
後で董香さんのブログをみて、あーこの場所のこの河のエネルギーも一緒に届いたのかな?と思いました。
それから、ヒーリングエネルギーは色々変わっていくような感じがしました。うまく説明出来ないのですが、サロンでヒーリングして頂いた時の様な力強くカプセルに包まれる感じではなく、
なんとも言えない感覚でした。
ですが、途中で左側から体表をまるでホウキではかれるように、ザクッザクッザックとエネルギーが身体に入って来ました。
初めての感覚で面白かったです。
色々、ゴミや垢を落としてくれていたのかな?
その後かわかりませんが、気のせいかもしれませんが、何故か石鹸のような優しい香りがしました。
それが二回くらいありました。
あーやっぱり優しくて石鹸みたいなお母さんみたいな優しさに包まれるような穏やかな気持ちになりました。

その後、あと10分くらい受け取れるかな?って前後にエネルギーが強くなり、だんだんとあーもう終わっちゃうんだな〜〜と思いながらエネルギーの余韻に浸っていました。

それから、今日ラピスと私もお話し出来るかな?と思って(今までやったことないのですが^_^;)
第三の目に当ててみました。
そしたら、いきなりビジョンが見えてビックリしました。
ピラミッドと探検服を着た青…