投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

星の鏡 その3

イメージ
雪の影響が、少し落ち着いて寒さも和らいだ印象がありますね。
もうすぐ如月。 春の気配がほんのりと見えて来るようになるでしょうか。

昨夜の月は少しふっくらとして来ていました。
皆既月食満月に向けてどんな意識の変遷が起こっていくことでしょう。
ここから立春、そして春分へと。世の中も、私達自身も大きく変遷の時間になって行くのでしょうね。




昨日の空。

自分事ながら、そんな今年の大きな切り替わりのタイミングに鏡をお迎え出来たことは、本当に良かったなと思います。

と言うのは、やはり私もこの年明けのエナジー、やぎ座土星のエナジーにはかなり強烈なインパクトを感じていました。
特に先日の新月などは、てんびん座の私の星に対してはやぎ座でステリウムの星たちがスクエアとなっていて、
かなりきつい時間だったのですね。


思い返せば、鏡が届いたのはそんなタイミングだったのです。


シリウスの星と共に砕け散った私の魂。
Aさんに指摘されたその私の魂は、なぜ地球に降りることを選んだのか。
そして、ここからの地球での時間を私は何を大切に、どこへ向かうのか。
どうやら、そんな深く根本的な部分までをも見直す時間になりました。


このキツイ時間、そしてこの先をどこへ意識の流れを向けて行けばよいのか。
それを瞑想すると、どうやっても答えが辿り着く先は、

”  それでも貴方は、今の生き方、やっていることに信念を持って続けますか? ” 

という根本的な部分への問いかけであり、また、

” それでも貴方は、自分を愛しますか? ”

という問いかけでもあるのだと。


土星という星の、根本的な部分までをも問いただし社会的にそれを実践しようとさせるエナジー。
それを受け止めるのに、私には鏡が、魂を映し出す鏡が必要だったのでしょう。


この鏡を見ること、使うことは、自分の内の魂と意識をピッタリと合わせること。
Aさんは、そう仰っていました。


鏡の持つ霊性とは、神聖な自らの内へと入る道筋を作り出すことにあるのでしょう。
加えて次元転換装置のようでもありますので、
まだまだこれから、この鏡ちゃんは私を色んな場所、次元、意識へと誘ってくれるのだろうと感じています。


そうして動き出した現実が、いくつかあって。

一つは新しい学びの世界。
そしてもう一つは、天使のエナジーのサポートを改めて受け取っていることです。


これらはまた、別々に綴った方…

星の鏡 その2

イメージ
冷え込む朝になりました。
関東は空気がピンとして気持ちが良いですが、
雪の地域の皆様はどうぞ安全に温かくお過ごし下さいね。



鏡のお話の続きです。


Aさんは鏡を通じて、様々なことを受け取るシャーマンでした。
打ち合わせでお会いした時に既に、私の鏡が見えていたのでしょう、それを通してだと仰って、
私自身も気が付いていなかったような遠い遠い時代の過去を観てお伝えしてくれました。


曰く、私の後ろには様々な人種のチームが見えたそうで、恐らくはエジプト時代に
その人達を束ねているリーダーであった話や、
地球上にグリッドを張り巡らすチームとして働いていたであろう姿など。

それらは、私自身が自分で思い出している記憶の断片と繋ぎ合わせても何ら違和感のないものでした。

エジプト時代のチームとは恐らく石工の集団、フリーメイソンの始まりでしょうし、
地球にグリッドを貼っていたのはシリウス人でしょう。 
そしてそのグリッドの交差するポイントにはきっと、クリスタルを使っていたはず。
そう、私のクリスタルとの関連は、古くはそこまで遡るものだろうと思っています。
Aさんとは出会った日から、そんなお話をナチュラルにしてしまいました(笑)


そしてそれから丁度一か月後の新月に、Aさんにサロンにお越しいただく運びとなったのでした。





それはそれはワクワクしてお迎えして、箱を開けて姿を顕してくれた鏡に思わずうぁあー!と
歓声を上げてしまいます。


なんて素敵なんでしょう! 


星のカケラのようにも見えるし、雪の結晶のようにも見えます。
そして裏を返してまたビックリ! 
裏面にも、とても美しい星の細工が施されていたのでした。


Aさんが、ストーリーを解説してくれます。


” 菫香さんはですね、たくさんたくさん、産んでいらっしゃるんです。
 星を産んでいるという姿、そしてその星たちのゆりかごのようなイメージが浮かんだんです。”


なんと! 
現世で私は子供を産んでいないのですが、今までにたくさんの星を産んでいたそうです(笑)


星を産む。


それは、この日の数日前にブログ記事にも載せた妹達のコーラス曲とピタリとリンクしました。
君は星だよと謳うあの曲、COSMOSという曲を知った2日後にこんな展開だなんて凄すぎます。


そして、

” 菫香さんの鏡さんは、とてもとても深く深く、秘められたお姿でした。
今の時代は何でもオープン…

星の鏡 その1

イメージ
こんばんは☆
新年モードもすっかり過ぎ去って、いよいよ水瓶座の季節に入って行きますね。
31日は皆既月食ですが、ちょっとお天気が宜しくない様子。
ここから春に向かって、また様々に動いて行くことでしょう。


今日は、鏡のお話です。


星の鏡 こちらは鏡作家さんにオーダーしていたオートクチュールの鏡です。 先日の、新月の日に届けていただきました。 このオーダーの経緯が、とても興味深いものだったのですね。 事の始まりは、9月の初旬だったでしょうか。 別の知人の方と別件でお会いしてお話をしていた際に、彼女がオーダーメイドで創ってもらったと言って 鏡を見せて下さったのです。 オーダーメイドの鏡。 そう聞いた途端に何かとても惹かれるものがありました。 彼女の話に拠ると、この作家さんの作る鏡は持ち主の魂を映し出すものだとか。 それはとても魔法めいたコンパクト鏡で、私も作りたい! と咄嗟に反応してしまったのでした。 そして彼女を通じて、鏡作家の方を紹介していただいたのでした。 しかし、連絡先を教えていただき、彼女からも作家さんに私のことをお伝えして下さったにも関わらず、 私は自宅の引越しがあったりサロンの仕事も回さなくてはいけないし、オーダーというと予算のことも気になったりで、 直ぐに連絡をすることもなく冬を迎えていました。 それが突然、鏡が気になり出したのが12月の半ばだったでしょうか。 普段お化粧をする時に使っている手鏡があるんですけど、それがもう古くなっていて、 突然、鏡をお仕立てしたい! と強烈に思ったのです。 噂によると、この作家さんの作る鏡は納期が半年や一年、いや、3年待つ人もいるのだとか。 それはもう鏡が ” 生まれる ”  タイミングなので、作家さん本人にも全く分からないものなのだそうでした。 だったら、取り敢えず申込みだけしよう。 年明けくらいに打ち合わせが出来れば良いかな・・・。 そんな気持ちで、ようやくメールを送ったのでした。 それなのに、驚いたことにその数時間後にお返事がありまして。 お返事が早いことにもビックリしたのですが、それ以上に驚いたのが、 ” なんとなくですが、菫香さんの鏡のタイミングが満ちている気がします。 すぐにでも打ち合わせしたいのですが、〇〇日は空いてますか? ”   と仰るのですね。  半年待つって噂はどこへ???(笑)  と言う、驚きの…

君も星だよ ☆埼玉の休日☆

イメージ
冷え込みが厳しいですね。
皆様無理のないようになさって下さいね。

明日の新月に、遠隔ヒーリングを実施します。白龍の浄化ワークです。
必要な方はどうぞ受け取って下さい。

詳細はこちらから。
https://ameblo.jp/ku-nie/entry-12344728338.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 週末は、埼玉に住む妹夫婦のところへお邪魔していました。 妹が所属するPTAコーラスグループの、各学校が集まってのコーラス祭を聞きに行こうと。 正月に実家で会った時にその話を聞いて、じゃあ聞きに行くよーと言ったところ、 そんな、PTAサークルの歌なんだからわざわざ聞きに来なくていいよぉと言われていたのですが。 会場を聞いて調べてみると、大宮氷川神社が近い。 それに私は音楽が大好きで、高校の頃はコーラス部に所属していたし。 何だか生歌を、それもプロがやるんじゃない普通の人の歌を、聞いてみたくなったのでした。 発表会にはやはりブーケを♡ 先に、大宮氷川神社へ行ってみることにします。 初めて行く神社って最近はもうほとんどなかったので、久しぶりに初参拝の神社でした。 境内はご祈祷の希望者でとても賑わっていました。 参道も太くて長くて、とても大きな神社ですね。 大宮と言うくらいですしね。  神池は、氷が張っていました。 この水源が氷川の由来と理解します。 縄文族、出雲族は、関東に移動して来てこの様な氷川の地を求め、定住して行ったのでしょうね。  水源の一つが、祀られていました。 本殿は凄い人だったけれどこちらは静かで、ようやくエネルギー的対峙が出来る場所でした。 稲荷社も、ここは清々しい場所でした。 大宮駅から少し歩いて、心地の良い運動をした気分。 昼間は風がなくて暖かくなってくれて助かりました~^^; 埼玉の休日、後半はコーラス祭へ。 これが、なかなか良かったのです。 各学校の特色もあり、それぞれにカラーもあって。 何よりもやはり、PTA活動に熱心な親御さん達の真っすぐな思いがそこにありました。 子供に聞かせるためにやっているんじゃないけれど、やはり歌声に日々の想いが乗っているように感じたのですね。 妹のダンナさんや甥っ子姪っ子と一緒に座っていたのですが、一人こっそり感涙してしまい大変でした^^; 歌声に愛があるんですよね。 これは…

シリウス人のエナジーグリッド

イメージ
こちらのブログでのご挨拶が遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって良い年になりますよう。


と言いつつ、既に日常は平常モードに以降していますね^^;
私も今日はお仕事始め、レイキファーストセミナーでした。
昨年の閉めがレイキサード、そして今年の始まりがまた新たな方へのレイキファースト。
レイキに始まりレイキに終わるなんて嬉しいですね。


こちらは4日の夕暮れ。 今日のセミナーは私が風邪の治りかけであまり声が出せず、テキストのほとんどをご受講の方に読んでいただくと言う 体たらくっぷりでした・・・。 それでもアチューンメントはしっかりと、そしてテキスト以外に私の体験、経験からお伝えしたいことは いつも通りてんこ盛りで行ったつもりです。 お伝えしたいことがどんどん溢れるのがレイキセミナー。 エネルギーと肉体、オーラとチャクラの関係性、そこにレイキがどのように作用し、 どこまでのことを可能にしてくれるのか。 そしてなぜ神智学をいつもベースに捉えることを大切にしたいのか。 時間が許せば、いつまででもお話ししたくなってしまいます。 ウスイレイキをこれから受講したい方は、そのほとんどがエナジーの世界やオーラや チャクラシステムについてなどはこれから学ぶ方々ですので、 レイキセミナーとは違う機会、別途そう言ったお勉強の機会を設けて、秘教的な、エソテリックヒーリングの概要なども お伝え出来るようにしたいなと昨今感じています。 それにはまだまだ、私も勉強しないとですけどね・・・。 田舎の元旦。 初日の出は山間なので遅めです^^; 年が明けてすぐ、実家から戻った途端に風邪をひいたので3日ほど寝込んでしまって、 年末までの超特急のようなモードの無理が顕れたなと思いつつも、スピード感が去った後の感覚、 そして新しいフィールドにポイッと放り出されたような感覚に陥って、私は何だか所在のない、 行先が見えない感覚と具合の悪さにすっかりモードがダウンしていました。 思えば、世間全体のモードもガラリと切り替わっていたんですよね。 そして私は、実家から引き受けて来た想念、カルマも久しぶりに抱え込み、 それが体調に顕れているのも感じていました。 家系のカルマ清算を担当する者っているんです。 一人っ子ならほぼ間違いなく担当ですし、 多くは長男長女がその役割を担う気がします。 …