投稿

2016の投稿を表示しています

アートギャラリーの巨匠 その2

イメージ
師走も終盤ですね。
でも何か、落ち着かない雰囲気がありませんか? 


私は糸魚川の火事のことがずっと頭に引っかかっていました。
感情のアップダウンも激しくて、色んなエナジーが交錯しているんだろうなぁと思います。
今年のエナジーに入り混じる来年の気配。

かき混ぜられて浮上する様々な澱み。
師走ならではの感情の浮き沈みを大掃除で処理するのは正しい行為かも知れませんが、
それが今年は殊に大きい気がします。


と言うことは、来年が益々、殊更に変容、変革の年になって行くということでしょうね。
もうずっと言われていることですが、もうしょうがない。
数十年、数百年スパンの大きな時代のうねりが加速する時に来てしまっているのですから。


なんだかもう、腹くくって覚悟を決めて歩むようなね・・・


ゴッホやゴーギャンが活躍した、自我の在り方に社会全体が目覚めたかのような時代は
日本も幕末~明治維新と大きな時代の転換期を迎えていたワケで、
まさに地球全体が大きな変容変革期だったのですよね。

そうして自我、個の意識が発展し、物質至上主義が地球上で広まって。
行き詰った先が、今なのだろうと。



そう考えると、凄いことですよね。
なぜ、こんな時代に私という意識、貴方自身という意識が、地球上で生を受けたのか。
そしてなぜ、そんな大きな変革期を見届けるための場所に、日本を選んだのか。
地球が銀河連邦のスタンダードへ加盟しようとしているこの変革期を、なぜ日本で体験
するのか。


先日の美術展の後、ゴッホが浮世絵に感化され多くの作品に反映したことを考えていたら、
ハイアーマインドから直観が降ろされました。


私は、この時代、これからの時代に一番必要な私達の在り方、概念が統合だと思っています。
自己の内に分離して散らばっているセルフ意識だったり、過去世からの乖離したセルフの姿だったり、
はたまた自分が見たくないと思っている自分の一部、人には見せられないような自分の姿、
それらを切り捨てるのではなく、全て自分の一部として愛し抱きしめること。


内なる光の部分と闇の部分の統合ですね。
それが遂げられれば、引き寄せだの豊かさだのなんて問題じゃなくなってくる。
恐れや不安から創造する現実ではなくて、愛と豊かさ、喜びのエナジーが循環する創造へと
ベクトルを変換することが出来ると思っていて。
地球全体のことを憂うならまず自らが統…

アートギャラリーの巨匠 その1

イメージ
雨の年末です。
今日は大掃除と、精麻を使って玄関用に大麻飾りを自分アレンジで作ろうと思っています。



大麻飾り専門店様より抜粋。

「 大麻は、古より「海水でも祓いきれない穢れを祓う」役割を担った 「祓い清めのツール」として
御神事で使われてきた植物です。 」とのこと。

http://www.taima-kazari.com/


今年は初めて大麻のエナジーに触れる機会がありました。
精錬された清らかさと強さを感じるこの植物で、おうちを清浄にしてお正月を迎えてみたいです。



私は大きく、価値観の変遷が起こった年になりました。
昨夜はSMAP最後の放送があったし、今まで当たり前に思っていたコトモノの変化、変遷が始まっていますよね。


来年は、アメリカの新大統領が就任するし。
物質至上主義の権家のような人がアメリカのトップに立つのは、まぁ、いかにも相応しいと言えば相応しいのかも。




昨日、突然芸術に触れたくなって上野で開催されているデトロイト美術館展へ足を運びました。
月曜日は写真撮影が許可されていたので私も数点の作品にカメラを向けてみたのですが、
こちらのゴッホの作品、今こうしてブログを書いていて、私達の世情になんだかピッタリな気がしたので揚げてみます。


不安定さや、忍び寄る何かにおびえるような日々。
夏の風景らしいのですが、全然爽やかさがない(笑)
手前の小舟だけが鮮やかな色彩で、どこかへ漂って行こうとしているかのような。


「 我々はどこから来たのか  我々は何者か  我々はどこへ行くのか  」

と言う作品を発表したのはゴーギャンですが、この小舟を見ているとこのフレーズが出てきてしまいます。
この有名なタイトルは未だに私たちへの問いかけですね。 

ゴーギャンの肖像もありました。 精神世界の探求が始まったのは、この時代辺りだったのかなと思います。 勿論哲学としてはもっと古いものはありますが、自我を、個を、私を、一体何者かと問いかけるということが始まったのは、 意外と近代になってからなのだなと。 そこからゴッホのように、心象風景とも言える精神の世界を芸術に昇華するという動きが生まれて、ピカソに至ってはそれがロジックのような、数学的、幾何学的理論へと発展するのですが。

それらはきっと、産業革命が齎した光と闇なのだろうと。


蒸気機関と言う動力を得た人が豊かになり、時間や労力を削がれる…

冬至の祝福

イメージ
もう過ぎてしまっていますが、1221 冬至。
この日を、ここまで意識したのは初めてだったかも知れません。
無事に迎えられていることが既にとても素晴らしいことだと思いました。


瞑想会も、とても素敵な時間を過ごせました。
愛と喜び、豊かさ、信頼と自由の循環が昨今の私のテーマなのですが、
そんな三位一体がグルグルと循環するエナジーの祝福を受け取る時間でしたね。
幸せでした♡ そんな時間を過ごした直後、山中湖のお客様から今日の冬至の富士が届きました。
何と神々しく美しいのでしょう! 
素晴らしすぎるので、特大で貼ってしまいます(笑)

 さて、そんなワケで大変遅くなりましたが、一斉ワークのご感想をいただいている分を紹介したいと思います。 (部分抜粋させていただきました) 【 Y・Mさまより 】 昨晩は、一斉遠隔ヒーリングをありがとうございました。 私なりに愛を思い感じて届けてみました。(言い回しが変かもしれませんが)

調整ワークが始まるとその日は、久しぶりにネガティブな感情が溢れました。
以前より翻弄されることはなくなりましたが、それでも少ししんどかったですね。

ワーク中は、身体全体に強いエネルギーを感じていました。
そしてとても大切なメッセージに気づいたのですが、
不思議なことに今朝起きてみると綺麗さっぱり忘れているのです(笑)。
どうしても思い出せません。
でも、魂で納得した感じがあったので、きっと大丈夫です!

ここ最近は、このようなヒーリングやワークを受けてもビジョンを見ることがなかったのですが
久しぶりに見えました(笑)。
白いローブか洋服を着たような人が見守っていたこと。
後半で突然光のプリズムのようなものがバっと目の前に現れて少し驚いたこと。
たくさんの方でのワークでしたので、その影響なのでしょうか。

昨晩は愛を感じる祈りの時間になりました。
今年も大変お世話になりました。
ありがとうございました♡!!
【 K・Hさま 】 昨晩はありがとうございました。
祈りの時間にさせて頂きました。
始まってから何だか胸の奥からこみ上げてくるものがあり、皆さんと一緒に参加させて頂いて、
じんわりしました☺️
涙が自然にあふれてきて。。
参加出来て良かったです!

総勢50人だったのですね。ワォ〜ですね!
お疲れ様です^^


【 T・Sさま】 昨日もどうもありがとうございました …

富士~出雲へ☆ 満月前夜一斉ワーク 

イメージ
こんばんは。
満月を越えて清々しく、冬の星空を眺めていました。
月に負けずにオリオン座もシリウスも燦然と輝きを放っていますね。

下の方にシリウスが写った! 遅くなりましたが一斉ワーク、皆様のご参加本当にありがとうございました♡ まずはS様からのメッセージ。 ********************************* ”事前に準備をしていたら白龍がどーんとドアップできまして大変びっくりしました。 ドアップでした  笑

祝福しよう
聖なる力が降臨する
これは大きな祝福である

そんな声もずっときています ”  
**********************************
そうか、祝福が来ているんだ・・・。と、私も安心してワークの準備に取り掛かりました。 そして終わってからいただいたメールでは、 ********************************* ありがとうございました!! わかりにくいのですが、感想をお伝えいたしますね☆ 「みんなの祈り=スカーレット」
そんなのが直前に入ってきました。 スカーレットという言葉の意味がわからず調べてみました。
**************** 赤、緋色、最も明るい茜色 ペルシャ語が語源となる 本来は茜染めの高級織物の意味 伝統的に『炎』の色とされる 血の色、血脈 ラテン語では ≪てんとう虫≫ ≪七星てんとう虫≫のことを言う。 ****************
これはすごく大きなメッセージでした。
祈りの時間、ポツポツと灯りがついてそれを目印のようでした。 私たちの≪霊・日・火≫の松明を大きなものが見ている。 その不思議な目線になりました。
ゆるやかに諏訪湖の方・・・北へ、西へ・・・と広がっていく ワークの前に西が揺れて、途中で東が揺れて・・・ 何だかすごく調整の力が入っていた気がします。
日本列島を≪光の水≫が渡るようにゆるやかに熱と光が進んでいきました。 そして隅々までいきつき、全体的に体温が上がるようなポカポカと明るく光るようでした。
このあたりが上手く言えな いのですが、日本列島が伏せた赤い龍のように見え そこから白い龍が立ち上がったような体を起こすような・・・。 ツルンと脱皮するようなマトリョーシュカのような 身体を起こした白龍が日本列島を私たちを上から見ていました。 そしてその白い龍こそが私たちが見てい…

ケケのスピリット その2

イメージ
昨夜の一斉遠隔ワーク、皆様のご参加本当にありがとうございました♡
とても素敵なワークになりました。
Sさまとのシェアが済んだら、こちらでご報告させていただきますね。


今日は先に、ケケのお話の続きを。
ブログを読んで驚いてご連絡下さった方がいらっしゃったりしたので、こちらを書いておかないとですしね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌朝。
ケケがいない朝を初めて迎えました。

よいお天気でしたが、私は心も身体も動かすことが出来なくて、凄く朝寝坊をしました。
起きられず、ベッドから全く出る気にならなかった。



ケケを病気にしてしまった自分。。。
これが何を、問いかけているのか。



スマホの着信はなし。
病院からの連絡がないので、取り敢えず今のところは無事だと言うこと。
温かな日差しに気持ちがほぐれ、癒されて行きました。


コーヒーを淹れてちょっと落ち着くと、ようやく瞑想に入ることにしました。
インナーセルフ、ハイアーマインドと繋がります。


すると、目の前にはケケが! 
昨夜病院でエリザベスカラーをされた姿のケケがちょこんと、私の目の前に現れました。


インナーセルフ、ハイアーセルフ、そしてケケ。
3者に囲まれた私に届くのは、大きくて温かな光。


あぁ、世界はこんなにも、愛に溢れて優しいんだ。
世の中が、世間が、周りが、起きる事象が私に優しくないと思っているのは私だけで、
本当は世界はこんなにも優しい。
優しくないのは、自分に優しく出来ないのは私自身だ。


そう思った途端に、ケケから思いが伝わって来ました。


”何でママは自分を信頼出来ないのかニャ?
僕がこんなに愛してるのに、こんなに愛されてるのに、何で自分のこと信じられないかニャ?”


インナーセルフ、ハイアーセルフも共に、同じエナジーを送って来ます。
と言うか、上と下でウンウンと頷いている感じ。


この瞬間分かりました。
ケケと私の内なる自己の意識たちが結託して、今回私に気づきを促そうとしていることに。
そしてケケは、私のためにその役割を買って出たのだろうと。


ケケは続けます。
”世界は優しくて、愛に満ちているのになんで気が付かないのニャ?” 


あぁ、私は世間を、社会を、人を、宇宙を信頼していないんだ。


それはつまり、私が私自身を信頼していないということだ。
私という宇宙を、私…

ケケのスピリット その1

イメージ
こんにちは。
今夜から満月前夜一斉遠隔ワークの事前調整ワークを始めますね。
エントリーの皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。


この一週間、私はこのワークのために調整が成されていたのだろうと思うしかないような、
ハードな日を過ごすことになってしまいました。

風邪なのかなんなのか良く分からない身体の不調、右肘の捻挫と、
今迄に体験したことのない両上腕の痛み。


なんだか満身創痍なボロボロ感が漂う中で、ケケが病気になりました。


先に具合が悪くなったのはミィミでした。
風邪と思われる症状で、くしゃみと鼻水と目ヤニが酷くなって朝ごはんに出てこない日があり、
レメディとヒーリング、マッサージなどで一日かけてケアをしたのでした。
ミィはその程度で済んで、夕方にはちゃんと出てきてご飯も食べられたので安心していたところ、
今度はケケが下痢と嘔吐をしてしまいました。


ミィの風邪がうつったのかと、今度はケケのケアです。

しかしケケ、レメディを色々選んでみても全然ヒットしなくて、翌日、また翌日と、
ご飯どころか、水すら取れなくなって行ってしまいました。
吐き気があるようで苦しそうにしていて、水を飲んでも胃液を吐いてしまうようになって、
終いには胃液すら吐けなくなってヨダレを垂らして苦しそうにしている始末。


いよいよ、夜遅かったのですがこれはマズイだろうと病院を探しました。 23時を回っていたので夜間外来でも難しかったのですが、小金井市に深夜も対応してくれる病院を見つけて電話を入れて。 私も初めてのことばかりでかなり動揺してしまい、 電話を間違えたり時間のやりとりに行き違いがあったりと、 寒い夜に病院を開けてもらうまで外でケケのケージを携え、夜中の路上で30分ほど先生を待つハメになって・・・ (ダンナは仕事で帰りが遅いし朝も早いので、夜遅く付き合わせるワケには行かないと思って一人で連れて行きました ) ケージでグッタリと、息も苦しそうなケケ。 寒いだろうと着ていたダウンをケージの上からかけて、私はセーター姿で冬の路上で一人(笑) やっと先生が到着して病院の灯りが点いた時はホッとしました。 ナゼかケケは熱もなく、触診では脱水も起きてないとのことで、検査をどうしますか? と言われます。 夜間でしたし私もだいぶ眠くて、検査費用も夜間料金になってしまうと言うので、 この日は点滴と吐き気留めを処方し…

冬至に向けて ~ ☆満月一斉遠隔ワークのご案内☆~

イメージ
こんにちは。
今日は、今月の満月一斉遠隔ヒーリングについてお知らせしたいと思います。

今回の実施日は前夜13日22時予定です。


が、ですね・・・
今回はちょっと趣向が違っていて、皆様のお力をお借りしたい案件がございます。

諏訪の旅をご一緒した西域龍神アースワーカーのS様と、旅の後にもやりとりをしていたのですが、 彼女が諏訪~伊豆を旅して感じられたことと、私が幾人かの方から聞いた情報が一致し、 冬至の前に、合同で遠隔ワークを行おうということになりました。 私はそれを、満月ヒーリングに充ててエントリーの皆様にも参加いただきたいなと考えました。 私が耳にしたことから危惧するのは、富士山の不穏な動きと巨大地震。 そしてS様が感じ取られたのが、富士の南西、伊豆半島の付け根である伊豆山近辺の 途方もないボリュームの熱量です。 これを、S様の提案により、中央構造線伝いに東から西へと・・・  西域の、出雲の領域へと・・・ 出雲へ...新潟、関西、四国、瀬戸内海、島根から福岡の糸島まで... そして出雲の御霊、土地でその熱量を薄く、幅広く引き伸ばし、エネルギーを拡散させて 大気へ放射し、受け止めてもらう。 S様は、まるで日本列島が苔生すように。 と仰っています。 苔から水蒸気がまんべなく上がるように熱量をうまくひらべたく細くして逃していくイメージだそうです。

出雲と記していますが、これは島根県に限ったことではありません。 かつて、古代出雲王朝が繁栄した場所、そしてその魂を持つ人々の心を指します。 そんな場所に住まう方、そして出雲族の霊性を引き継ぐ方々に、このエナジーを受け止めていただけたら。 全てを包括し、愛で受け止めていただけたら・・・ そして、そこへ向けて中央構造線を東から西へと皆様の思いでこのエナジーを運ぶことが出来たら・・・  お分かりになりますでしょうか。 日本に住まう人誰しもが、関係するのだと言うことに。 そして、大地のエナジーとはそこに住まう人々の思惟がしみ込んだ働きなのだと。 かつて日本と呼ばれるこの土地で繰り広げられて来た多くの権力闘争や土地の争い。 大和政権に貶められた勢力の封じ込められた怒りや悲しみ、怨念。 それらすべてを、源流へ戻し愛へと昇華させるような動きを今しなければと思っています。 歪み、歪は正され、融合、融解、和睦へと。 冬至までが、一勝負。 勿…

モリヤの地☆約束の地 その2

諏訪滞在が濃かっただなんて書いてますけど、いや、確かに濃かったんだと思うんですけど、
帰って来てからの方がずっと濃厚なことになっていますね。

意識圧・・・とでも言うのかな。
より高く、濃密なエネルギーの世界を実感し、実践し、体感する日々。
現象も思考も全てエネルギーの結果に過ぎない世界が、年末に向けて益々混沌とし、
密度とスピード感を増しているような気がします。


何を言っているのやらですが、
取り敢えず、終わったことをタラタラと書いている場合じゃないってことです(笑)
諏訪のお話はチャチャッと終わらせて参りましょう。



今日はアイフォンがパソコンとうまく接続できなくて、写真がありません。



さて、諏訪滞在2日目の朝は、地震から始まりました。
諏訪もユラユラと気持ちの悪い震れを感じ、すぐにスマホで調べると福島県沖が震源!


・・・私、今どこにいる?  何をしている?  そして何が出来る? 


中央構造線のど真ん中、曲がり角に溜った水のほとりで、真剣に考えました。 
そして諏訪の地龍に繋がり、その疲弊した様子をじっくりと感じていました。


湖の底の、もっと奥深くの地底に住まう龍神様。
それは、中央構造線を伝って走る地震の電磁波を吸収し、和らげ、拡散し、放出する働きそのものだと思いました。
勿論震源は中央構造線とは無関係だったのですが、諏訪の地龍はとっくに疲弊していました。


あぁ、今回は水じゃない。 


そんな朝だったので、セッションにお越しになる方からキャンセルのお電話が入ったことにも
気が付かず、着信に気が付いて折り返すと、私が出なかったからもう向かって下さっていたのですね。


富士山の麓からやって来て下さったお客様は、地震の直後に出かけようとしていたワケで、
ご主人とひと悶着やって来たそうでした。 
そりゃあ、そうですよね。 


当のご本人は自分の内を反映する出来事だったと仰っていて、凄いなぁと思いました。
もう、やるべきことが決まっている、腹が座っている人は強いです。
そんな方だったからこそでしょうか、セッション中にシャンバラの新しい次元の扉が開いて、
そこから虹色の龍が飛び出して来るのを見させてもらいました。
きっと諏訪から富士へと、必要なことを届けてくれたことでしょう。



数年前に三輪山へ登拝させていただいた時、御嶽山と諏訪を繋ぎ動いた時、
それぞれに地震が起こっていて、

モリヤの地☆約束の地 その1

イメージ
今回の諏訪滞在、とても深く濃いものになりました。

思い立った時にはもう一か月を切っていたでしょうか。
それからセッション、諏訪巡り、遠隔ヒーリングなどに皆様がエントリーして下さって。
必要なタイミングで全てが成されるような展開に、いつも以上に計らいを感じる日々でした。


ボージャイのエナジーによるワークも完成し、山中さんに聖徳太子のお話を伺ったのも必然でした。
そこから繋がる妙見、そして国之常立神との繋がりが生まれ、
そのころには一緒に諏訪を回りましょうとご参加して下さる方が顕れました。


お一人は、西方の地でアースワークを独自に展開していらっしゃるS様。
何度かスカイプセッションを受けて下さっていた方でしたが、ナント丁度この日程で、関東を巡る予定だったとかで、
菫香さんが諏訪にいるのなら、一日だけ予定を変更して諏訪に行きます! とのことになり、
ようやくリアルにお会い出来ることになって、それも諏訪の地! という素敵な展開。


もうお一人は、いつも諏訪ツアーを開催するとご参加下さる方だったのですが、
とてもとても出雲とご縁の深い方。 
なんと父方の家系が出雲の注連縄を創るご家系だとのことで、私の中では勝手に出雲の玉姫と呼んでいる方(笑)


そんな姫と龍神アースワーカーとの諏訪旅が決まったものの、
もうお二方共に諏訪大社は制覇しているし、さてどこを廻れば良いものか・・・ と思ってました。


そんな最中に参加したのが、山中さんの聖徳太子コード講演会。  ここでのお話から、思いだしたのが上社本宮近くにあった北斗神社でした。

あぁ、じゃあ諏訪に行ったら北斗神社に寄ろー。 と。


そして、聖徳太子と妙見信仰が繋がるとは考えたことなかったな。なんて思いながら、
さらに何か調べ物をしていた時でした。


今まで情報が見つからなかった、物部守屋神社への行き方がパッと見つかったのですね。
守屋山自体も登山ルートが見つけられなかったし、あまり関心が向いていなかったのも事実。

しかし、聖徳太子だの妙見だの、守屋山の麓に北斗神社があったりするのだのから、
モリヤという響きに、今回とても惹かれました。



雲に隠れたあっちの方角が守屋山。
お二人に意向を伺うと、両名ともに快諾。

かくして、物部守屋神社という、もういかにも、名前を聞いただけであらあら・・・という場所へ、
これまた濃いメンバーで向かうことにな…