投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

カルマを背負う魂 ・・・国と時代・・・ 

イメージ
写真は昨日の夕暮れです。
サロンバルコニーから見えるタワーに三日月がちょうど乗っているように見えて可愛かった。



台風一過の夕暮れ、キレイでしたね。


選挙から一夜明けて、この日はとても暑くなって。
私はエネルギーに翻弄されてしまって何だかおかしな日でした。


前回の記事にした旧知の方の訃報から、
私は何だか、人間って一体何なんだろう? 生きるって一体何なんだろう? と、考え込んでしまっていました。


この世に生を受けた瞬間から死に向かって生きる私達。


だったらなぜ、前向きにポジティブに、進化成長しようと、前に進もうと考えるのだろうか・・・。


なんて思っていました。


しかしそうやって物思いに沈んだ私の身体は、一日であっという間に悲鳴を上げます。
夕方には腰が痛くて痛くてたまらなくなりました。 
哀しみによるストレスですね。


そして思いました。
人の肉体はやっぱり、ポジティブな精神が必要なのだと。
死に向かって生きるからと言って希望や想いを捨てたのでは、どうやら身体の構造、
人間の仕組み的には間違っているのですね。


死に向かいつつも向上、進化、成長を目指し、
歓びと共に生きるのが人間の仕組みのようです。
これは、ちょっと面白い発見でした。


歓び。
これは、魂の歓びでしょう。


死があるからこそ生が生きる。なんて言われるけれど。
私にはまだ文字面での理解でしかなくて、腹の底から納得できてはいないかな。


転生も、魂の永続性も、たくさんのセッションや自分の瞑想体験から理解はしているけれど、
いざ目の前にいた人が肉体を去ると、やっぱり動揺します。



この日のもうちょっと前の時間。 次第に三日月がタワーに近づいて行きました。


そんな感じでKさんの訃報に数日は悲しみに沈んでいたのですが、
ある時ふと気がつきました。
悲しみを悲しんで、悲しみ切ることで私は元気を得ていたのです。


哀しみの奥、そこには、永遠の愛があることに気が付いたのです。 
彼が去った後の空白に愛があり、それは決して消えたり無くなったりしないのです。
そして闇ですら、愛であると。 


人は、魂は永遠の愛に還るのだと。


そう思った途端、私はKさんに心の中でお別れをすることが出来ました。
逆に元気をもらったか、Kさん自身のエネルギーを受け取ったかのようにも思います。



それから週末の選挙に突入して。
私は初めての、新宿であった街頭…

虚構を生きる・愛を生きる

イメージ
寒い雨の朝になりましたね。
ネコ達が膝から離れません。


今朝は、一報の訃報から始まりました。


私が長年勤めていた会社、この世界に入る直前までSEをしていた会社の同僚、Kさんが
昨日急逝したとの連絡でした。


Kさん、とても人望のある、朗らかで勤勉で、社員の皆に慕われ頼られていた方で。
私が中途入社した2か月後に入社されたので、お互いに歳の差はあれども中途採用の同期。
私が辞めることにした時にも、多分一番惜しんでいて下さった方でした。


私が会社を辞めてはや7年。


辞めて直ぐの頃は職場に顔を出したり、仲間だった女性達と会って食事をすることもあったけれど、
いつしかそんな方達とも次第に疎遠になって。
風の噂にKさんがご病気で入院していたとも伺っていたけれど、それすら数年前のことになっていた。


そんな中で、今朝のとても久しぶりの同僚からのメールに真っ先に思ったのは、
連絡先を変更しないでおいてよかったということでした。
お世話になった方、縁をいただいた方の大事を報せてもらえなかったとしたら、
悔やんでも悔やみきれないでしょう。



その同僚の彼女からのメールには、


” Kさん、いつも菫香さんの話をしてたよ。 自分の奥さんと同じB型だから気が合うんだーって(笑)”


とあって・・・。


会社を辞めた後に職場に顔を出しても、Kさんは入院中だったりで結局辞めてから一度もお会いしていなかったのに、
今でもそんなふうに言って下さっていたのかと。


それでも、” 最近は歳はとったけど元気そうで、普通に仕事してたし飲みにも行ってたから本当に急だったんだよね ”
とあったので、あぁ、闘病生活とかじゃなかったんだなと思って少し慰められたのでした。



もう7年も会っていない人達なのに、今繋がると時などあってなかったかのようなもの。
時間は本当に直線じゃない。 
そしてKさんは私の中では今でもあの職場で朗らかににこやかに笑っているおじちゃんの姿で生きていて、
それはこれからもきっと変わらない。


だとしたら、現実って何なのだ? 
真実ってどれなんだ?


前回の記事で、ホモ・サピエンスは虚構を真実だと認識する脳を発達させたと書いたけれど、
まさに私には、今でも職場での元気な姿のKさんが自分の真実になっているのだ。


身内だったらそうはいかない。 
死に顔を見て、身体に触れて霊魂を感じて、死を納得するという過程を経…

さそり座木星イングレス時代の宇宙論

イメージ
おはようございます。
久しぶりに時間と集中力をブログに充てられそうな朝を迎えています^^;
ずっと慌ただしくしていましたし、家にいても夫がいればやはりそういう時間になってしまいますからね。


久しぶりの登場、ケケ。 引越しして環境が変わってもすぐに慣れて元気です。 サロン移転前、最後に以前の自宅へお越し下さったK様からいただいたお香が、 新居にピッタリで活躍してくれています。 K様、ありがとうございます♡
そして今日の本題の本(笑) 今読んでいます。 ホモ・サピエンス。 私達のことですね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 以前、北住先生の宇宙講座で人類学の授業をやって下さったことがあって、
私達ホモ・サピエンス以前の人類たち、ネアンデルタール人やジャワ原人、アウストラロピテクスなど他の人類たちですね、

彼らと私達ホモ・サピエンスとの間には何らかの遺伝的系譜があるのかと思っていたのですが、
実はそれが違っていて、それぞれが交わることはほとんどなかったのだと聞いて驚いたことがありました。

現在の時点では諸説あるようなのですが、それにしてもやはり私達ホモ・サピエンスは、
他の人類を言ってみれば ”滅ぼして”  、地上の覇者になっているのは事実です。


この本ではそれを可能にしたホモ・サピエンスの進化が、真っ先に謳われていました。
著者はそれを、ホモ・サピエンスの認知的能力に起こった革命としていますが、
これはもう、私達から見たらガゼリア・シッチンの研究で有名な、ニビルによる地球人創成と
リンクさせて考えてしまいます。


宇宙人による遺伝子工学の人間創成ですね。 
ホモ・サピエンスは、ニビルによる遺伝子操作が行われたことで他のと人類とは全く違う認知能力を体得したのではないかと。


ホモ・サピエンスとそれ以前の人類で大きく違う点は、目の前にある事実を伝え合う程度の
コミュニケーション能力から大きく飛躍して、目の前にない ”虚構”  、つまり、”噂話” 
これを、”真実” と捉える脳が発達したことだそうです。
それによって発達したのが、文明であり、文化、そして 宗教 なのですね。


フェイスブックで流れて来たスレッドでチラリと見たのを覚えているだけなのですが、
現代人の脳は、物理的に目の前で起きている事実から派生する…

愛に生き、星に生き。

イメージ
おはようございます。
久しぶりの投稿になってしまいましたね。


突然、寒くなりました。
秋の空は、移ろいやすくて美しい。



おかげ様で忙しくしておりました。
引越しとサロン新設を連動させたものですから、生活の基準や行動パターンを全て変えることになって、
どんなペースとリズムを築いて行くのか、一つ一つがてんやわんや(笑)


生活面では電車の乗り方から、スーパーの回り方、ゴミの出し方、宅急便の受け取り方、
そしてお仕事をその間にどのように入れて行くか、いつ石の写真を撮って編集するか、セッションの前後の時間の使い方、読書の時間や場所をどうするか、等々! 


パターンを作ってしまうまでは、一つ一つにエネルギーを注いで水路を形成していくような時間です。
慣性でフローが動くようになれば、もう少し楽になるかなと思っています。
とてもおとめ座的な時間でしたね。


セッションにお越し下さる方々も、それぞれに。
大切な人生の時間、節目を感じていらっしゃるご様子をお見受けします。





昨日思ったんですけど、このソファに座っていらっしゃるお客様とお話をしていると、
後ろに見えるヴィジョンやその日解決したい、してほしい存在が顕れるんですけど、
それがまるで、後ろの壁にスクリーンのように映し出されているかのようです。

今迄もそうだったんですけどね。
白壁が広くなったことで、よりスクリーンっぽくなって見えるんですね(笑)


そこにライトランゲージを降ろすことで、今までだったら一度では終わらせられなかったようなことでも
一回のセッションでクリアになったり、届けられなかったところへ光が届くようになったりするのを感じます。

それにライトランゲージセッションは本当に体力の消耗がないので、
こんなに忙しない時間を過ごしていてもセッションをこなしていられるのは、そのおかげもありますね。


そうそう、そして、先日のミネラルショーでとても面白い石に出会いました。
チンターマニ・ストーンという隕石なんですけど、何とシリウス系の恒星から来た石なんだとか。
先日のお客様とのセッションでもシリウスはキーになって、ライトランゲージでも初めてシリウスを
チャネリングしました。
その時に、この石を使って頭部のインプラント除去をするように要請されたんですね。


私達人類創世のキーとなるシリウス、そしてそこのエナジーを携えた隕石とライトランゲー…